限定商品のお土産の顛末


女性 40〜44歳 主婦

観光地を訪れた時に、現地の道の駅で行列に並ぶ人たちを見ました。
近づいてみてみると、「限定の手作りジャム」が売られていたのです。
もともと、ミーハーなタイプで「限定」という言葉に弱い私は長蛇の列に並ぶことにしました。
30分ほど並んでジャムを手に入れて満足して帰宅の途に就いたのです。
翌日、朝食の食パンにそのジャムを塗り、「おいしいね。並んだ買いがあったね」と主人と盛り上がっていたのですが、数日後、近所のスーパーで同じジャムを発見しがっかりしました。

次回への対策

コメントを残す