友達とフリープラン韓国旅行


女性 20〜24歳 主婦

私は2回目で友達は初めての韓国旅行でした。お互い韓国アイドルが好きで二人でワクワクしていました。無事韓国につき、地下鉄で移動して韓国の雰囲気や買い物を楽しみました。駅近のホテルの場所もわかり、2泊3日の韓国旅行を堪能しました。
帰りは朝早い便だったため、早起きして空港に向かいました。2時間ほど余裕を持ち空港に到着しました。空港のカフェでゆっくり朝食をとり、リラックスした時間を過ごしました。そろそろ時間が近づいてきたのでキャリーバッグなどの荷物を預けることにしました。日本行きの航空券をお姉さんに渡すと困った顔をされ、なんと言っているか分かりませんでしたが「受付はここではない」というような様子で航空券を返されてしまいました。パニックになりながら、インフォメーションに行き航空券を見せると、なんと国内線だったのです。国際線の受付に行くにはシャトルバスに乗って行かなくてはならないみたいで…。時間は刻々と出発時間に近づいていました。シャトルバスの場所は教えてもらったが、いつそのバスが来るかもわからない状態でした。不安で不安で仕方ありませんでした。バスがきたので乗ろうとすると「ん?」という表情をされて韓国で「空港まで…」というと首を振られてしまいました。仕方なく降りてバスを待ちました。すると、もう一台バスが来て乗り込み、運転手さんに韓国語で「空港まで…」と聞くとうなづいてくれました。ホッとしましたが、もう時間がギリギリでした。5分ほどで到着し、走って向かいました。航空券を渡すと、「?さんですか?申し訳ありませんが、搭乗することができません。」と本当に申し訳なさそうに言われました。その言葉だけ言われてそのスタッフさんは、去って行きました。「え、これからどうしたらいいの」って心の中で思いました。私の手違いで初めて韓国に来た友達まで巻き込ませてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。でも、友達が優しく声をかけてくれ、救われました。
そのあと、少し落ち着いたあとに日本行きの航空券を購入しなんとか帰ることができました。私は愛知から来ていたのですが、愛知行きの便が明日なならないとなかったので泣く泣く東京の成田行きの航空券を購入し、そこから新幹線で帰りました。とても長い1日でした。
空港の受付や搭乗ゲートは、しっかりと確認しておかないといけないと学びました。今では、懐かしき笑い話となりました(笑)

次回への対策

コメントを残す