アメリカ旅行で失敗したスーツケース選び


女性 40〜44歳 家事手伝い

初めてアメリカに旅行したときのことです。
新しいスーツケースを買うときに、どうせならおしゃれなデザインの物が欲しいと思い、光沢のある綺麗なピンク色に、四方の角部分が白くなっているデザインのスーツケースを選びました。
ところが、アメリカの空港で出てきたスーツケースを見て愕然。
綺麗なピンク色だった本体には油のような黒い汚れがべったりと付着し、傷で表面がえぐれてしまっている箇所もありました。
角の白い部分も4か所すべてが黒く汚れていて、同じ物とは思えないほどすっかり変わり果てた姿になっていました。
拭き取っても落ちないし、傷も酷くて修理のしようがありませんでした。
あまりの汚れぶりに、それ以降そのスーツケースを使う気になれませんでした。

次回への対策

海外旅行のスーツケースは、デザインはイマイチでも傷や汚れが目立たない物を選んだほうが、末長く使えると思います。

コメントを残す