自動車旅行の落とし穴?こうして人は経験を積む


男性 35〜39歳 会社員

北海道でドライブ旅行。広がる大地やら山やら。
町を出れば信号で止まることも殆どなく、30分以上もノンストップで走れたりします。道によっては1時間。
好きな音楽を流しながら海岸線沿いに車を流し、気分良く口ずさみながら忘れた頃に思い出すのがガソリンの残量です。
とはいえ、今はネットが当たり前でカーナビの古いGS情報より新しいGS情報があるので油断していたら、目的地のガソリンスタンドが閉店してました。
この時期は備蓄タンクの法改正だかなんだかで、北海道のGS倒産が増えてた時期ったのもあるんですが、まさか観光地近くの自動車旅行の要所のここが潰れるか、と思いました。
結局は次のGSまでガソリンが持ったから良かったんですが、道民はガソリン給油時は満タンオンリー、という話に俺も納得しました。

次回への対策

知らない地域での自動車旅行でのガス欠にご注意ください。
特に観光地では小さな自営業のGSが辛うじてやってる程度で、いつ潰れてもおかしくはないので、
不安なら給油所のスタッフにその地域のGS経営情報を聞いておくのもいいですね。
地方のドライブは、基本半分を切ったら満タンまで給油しておけば安心ですよ。

コメントを残す