ツアーのレジャー 持病で参加不可能に


男性 25〜29歳 会社員

大学の卒業旅行でグアムに行ったとき、ツアーの内容にダイビングが含まれていた。
だが、ダイビング出発前の説明のときに、自分の持病(てんかん)があると、ダイビングに参加できないという規定があった。

結局、いっしょに行った仲間がダイビングを楽しんでいる3〜4時間ほどの間
会議室のようなところで、海外なので携帯をいじることもできず何もすることがないまま
海外旅行の貴重な半日をむだにすることになってしまった。

ダイビングの参加費用は返してもらうことはできたが
その後の旅行の空気がすこし悪くなってしまった。

次回への対策

旅行先のレジャーの参加規定など、いく前に確認できるのなら
必ずしておくべきだと思った。
また、参加規定を確認できなくても国内の参加規定など、どうなっているのか見るべきだと思った。

コメントを残す