コンビニのアルバイトで大失敗


男性 25〜29歳 コンビニ店員

私は学生の頃に深夜のコンビニでアルバイトをしていました。アルバイト先の店舗は駅から離れた場所にあり、深夜ということもあってお客さんはほとんど来ないためとても退屈でした。その日も掃除などの作業を終えてやることがなくなってしまい、意味もなく店内をフラフラしていました。そしてレジ付近に差し掛かったところで何かを踏んだような感覚があり、次の瞬間、突然ベルが鳴り響き私は頭が真っ白になりました。どうやら防犯用の起動装置を踏んでしまったのです。しばらくしてベルが鳴り止み、すぐに警備会社らしきところから電話が掛かってきました。何とか事情を説明して謝罪しておきましたが、あのとき店内にお客さんがいなくて本当によかったと思っています。

次回への対策

コメントを残す