おかしな選考方法で失敗


女性 30〜34歳 会社員

就職活動で地方から上京し説明会と面接を受けました。所謂、いい大学の人たちから面接が始まったようで、地方大学の私は一番最後。私の面接が始まる頃には他のブースの人たちは片付けも始まり、全く落ちつかないままに面接が終了。帰り際に『次の選考に通った方には電話をしますが、一回で出られなかったらおしまいです。』と言われました。それだけでも感じが悪いと思いながら、帰りの新幹線に乗車中、知らない番号から電話が。しかもコールがやたら短い。もちろん新幹線の中だったので出なかったのですが、それが面接先の企業からでした。その後確認をとりましたがもちろん、言われていた通り、次には進めず。自宅に着く前に結果を知る最悪な就活になりました。

次回への対策

大手企業で地方大学は鼻からバカにしてくるというのはよくあるようです。そんな会社に入らなくて良かったと思う反面、悔しさもあります。就活先の企業で受け入れている大学に自分の大学がなかったら、むりなかのうせいがたかいと思った方が気が楽かもしれません。

コメントを残す