時間を厳守し過ぎた結果


男性 25〜29歳 会社員

新卒時の初めての面接の時の失敗談です。13時から面接・12時半から受付だったのですが、元から心配性である事、また当時電車の遅れが何故か多かったことから、遅刻を懸念し11時半に当該企業に到着してしまいました。その時が初めての面接だったので世間の常識を知らず、結局受付1時間前に企業内へ。当然、人事担当者も苦笑い。結果として面接自体は通ったのですが、「後学の為に」という前置きの元、その企業の人事担当者から軽いお叱りを受けました。

次回への対策

就職活動・転職活動、また仕事は基本「時間厳守」が前提です。一方で、早すぎるのも厳密には「厳守」に入らない…と、この時教わりました。全く持って仰る通りだと感じます。一方で、特に新卒の場合は遅刻を恐れ早め早めに行動しがちかと思われます。心配な方は、例えば1時間前に到着し近くのカフェで時間を潰すとか、最寄り駅で時間を潰す等、簡単に出来る一工夫をするのが社会人の常識である…と、今では感じております。

コメントを残す