短所も長所にしなくては。


女性 30〜34歳 会社員

結婚を機に勤めていた会社をやめ、就職活動をしていたときのことです。私にはメニエール病という持病があり、面接でその事を話すと、どうしても怪訝そうな顔をされ最後に不採用となっていました。治る病気ではないので、うまく付き合いながら生活していかなくてはならず、自分でもヤバイ時は分かるので、仕事に大きな影響は出しませんと言ってもどうしても分かって貰うことはできませんでした。結局、数年間定職に就くことはできませんでした。

次回への対策

持病があれば会社に報告することが普通だと思いますが、始めから病気持ちの人を雇いたいかと聞かれたら確かに悩みます。嘘をつく、言わないというのも生きていくためには必要なのかもしれませんね。

コメントを残す