銀行の窓口業務での失敗談


女性 35〜39歳 銀行の窓口業務

私は銀行の窓口業務(契約社員)をしています。お客様の通帳やお金を扱う仕事なので確認の作業がとても大事になってきます。それを怠るといくら渡した渡してないとお客様ともめることになってしまうこともあります。この仕事に就いて間もない頃100万円を確かに数えてお客様に渡したのですが、そのお客様、私が(確認なさって下さい)との言葉に(あなたが確認してくれたでしょ?なら大丈夫よ)と帰って行きました。後日、1万円足りなかったと連絡がありました。渡した時は確かに丁度ありました。故意なのか勘違いなのかは知りませんが、目の前で確認させなかった私の責任です。

次回への対策

確認作業はとても大事です。お客さんともめないため、自分のためにも後で面倒な事にならないために必ずしてもらうようになりました。

コメントを残す