副店長の残業をつけ忘れてしまい始末書


女性 45〜49歳 パート勤務

私は業務用スーパーの事務のパートをしていましたが、仕事内容は殆ど正社員と同じで、店長や副店長を含む従業員全員の勤怠管理も、全て一人で任されていました。勤務時間や残業時間は、間違えるとそのままお給料の金額が変わってしまうので、特に気をつけていたつもりでした。しかし、店長と副店長は正社員で他の従業員と書類の書き方が違い、同じ様な内容を3枚の書類に書いて出さないといけませんでした。そして、うっかり副店長の残業時間の欄を1枚だけ空白で本社に出してしまいました。他の2枚はちゃんと記入してあり、店長の確認印も押されていましたが、結局副店長の残業代は翌月払いとなり、私は始末書を書かされました。

次回への対策

毎月同じ作業をしていると、慣れてきて気がゆるんでしまいますが、特にお金に関する書類に関しては、気を引き締めて目視だけではなく、声に出して確認する様にすると失敗が減ると思います。

コメントを残す