「契約してもいいんだが」甘い言葉に気を付けろ


男性 45〜49歳 外回り営業

営業の仕事は電話が掛かってくるのを待つだけではありません。(大手は知りません)
新規客層を開拓して全社員の食い扶持を確保する。それも営業の仕事です。
しかしその際に様々なトラブルが発生しますが、よくあるのが契約欲しさの安請け合いです。
必要な行為でありながら、新人がよくミスすることであり、私も新人時代にやらかしてしまいました。

飛び込みで訪問したお客様が契約してもいい、といった空気から一転、クレーマーに変貌しました。
原因も分からないまま、気が動転した私はお客様の要望に「分かりました」と返答してしまい、その日は帰宅したのですが、
それが出来もしない契約内容なので結局はキャンセルすることになり、その対応に上司や営業部長が謝罪訪問する始末。
無駄な労働コストを発生させた私の評価はダダ下がりですが、こればっかりは新人のミス、で終わる範疇ではないので仕方ないですね。

次回への対策

権限の無い者はお客様の要望に対して即答はせず、「会社に持ち帰って」「上司とよく相談して」とワンクッション置くのが常識ですが、
そういった対応に慣れてない新人を狙ったクレーマーが存在します。
契約という餌に釣られないように注意してください。

コメントを残す