自己分析は難しい。自己分析間違いの失敗


女性 35〜39歳 専業主婦

大学時代、自分を自己分析した結果、バリバリ男女関係なく働きたいタイプと判断し、事務職でなく営業の総合職を選択しました。いざ営業活動をしてみるととびこみで心折れること多く自分には向いていないとなかなか結果を出せませんでした。仕事が好きなので女性らしさは関係ないと思っていました。結局営業職は1年未満で退職。その後の社会人はずっと事務職で10年程過ごしました。事務職を少し下に見ていたところもあり、実際事務を経験してみると、忙しさの中で効率よくいろいろと仕事をこなすやりがいがあることに気づき、最初から事務職狙いで就活すべきだったと後悔しています。

次回への対策

事務職でも十分やりがいはあります。営業ではなく、事務職でキャリアウーマンを目指す手もありかなと思います。

コメントを残す