就職活動時の面接における私の失敗


男性 40〜44歳 販売業

就職活動中の失敗談です。それは集団面接でした。1度に5人の就職希望者が呼ばれて面接しました。面接官が1つの質問をしてそれに1人ずつ自分の意見を述べるものでした。私の順番は4番目でした。面接も中盤にさしかかり今までどうにかうまく答えることができたと感じていました。ある質問がされたときのことです。そ1人目の答えは私の考えていた答えと同じでした。2人目もほぼ同様の答えで表現を少し変えただけでした。まずい、別の答えを今から考えねばと焦っていたらなんと3人目もほぼ同様の答えでした。面接官の表情が露骨に不機嫌になっているので余計に焦ってしまい頭の中が真っ白になりました。もう別な答えが思いつきません。仕方なく4人目の私も同じような答えをしてしまいました。さすがに5人目の方は別のもっとうまい答えをしていました。もし、もっと臨機応変に別の意見が言えたら今とは別の人生だったのかなと今でも思います。

次回への対策

コメントを残す