主張先でシステム稼働日当日に寝坊


男性 35〜39歳 システムエンジニア

地方でのシステム導入を行う業務に携わっていました。
現場では、約1か月間に渡り、2名1チームの3チーム編成でシステム導入を行っており、私は、仕事に厳しいと言われている先輩とチームを組んでいました。
先輩の怒声を日々浴びながらなんとかシステム導入も佳境になり、システム稼働日の前日、多忙のため、私を含め担当者皆、
その日は、地方のホテルに着いたのが午前3時を回っていました。
翌日は、午前7時には、ホテルを出なければならず、また稼働本番を迎えるため、絶対に遅刻や欠席ができない状況です。
他の担当者は皆、このまま睡眠をとらず現地を向かうとの話を聞いていました。
私も同様にしようと思っていましたが、あまりに疲れたため、ベッドに横になった瞬間寝てしまいました。
日頃の習慣で必ず携帯のアラームをセットしてから寝るようにしていますが、
寝るつもりなく、横になるだけのつもりだったため、そのまま寝坊しました。
起きたのは、8時半でした。
頭が真っ白になり、急いで現場に向かうと、先輩は、すでに作業中でした。
先輩のところに駆け寄り、開口一番「すみませんでした!」と謝り、
寝坊してしまった原因を説明しました。
原因を説明したことが、先輩を余計に怒らせてしまったようです。
先輩から「この激務の中寝坊したことは仕方ないが、言い訳するな」と
何とか1か月緊張の中、乗り切れると思っていたのですが、最後に寝坊と、言い訳をするという
失態をしてしまいました。

次回への対策

コメントを残す