電話で配達先の名前を聞き取れず大失敗


女性 45〜49歳 自営業

小さな飲食店でアルバイトした時に電話で常連のお客様から配達注文を受けました。とても声の小さいお客様で聞き取るのが難しくて繰り返してもらったのですが、常連さんということで、名前だけ言ってそそくさと切られてしまいました。小さなお店で、他の従業員は外出していたので電話を代わってもらうこともできませんでした。結局、お名前は聞きとれませんでした。ナンバーディスプレインもなくかけ直すこともできず困りました。何となく勘で名前を思い描くことができましたが、それは他の常連さんのお名前でした。その後すぐに店主が戻ってきて、注文とお名前を伝えて、配達にいってもらいました。間違っているような予感がすごくしていてドキドキして配達から戻ってくるのをまっていると、やはり配達先が間違っていたということで怒られました。それから、しばらくして配達が遅れていたのでお客さんから電話がありました。店主に代わってもらい、無事にそのお客さんに配達することができました。後日、そのお客さんがお店に来たときに平謝りしました。その話しを聞いていた他のお客さんたちからも冷ややかな目でみられ最悪でした。勘に頼って推測で名前を思い出そうとしたことは大失敗でした。

次回への対策

電話で相手の言っていることが聞きとれない時は、絶対に推測ではなくしっかり聞き直した方が良いと思います。

コメントを残す