電話のとり間違いに注意


男性 35〜39歳 販売員

アパレルの販売時(セール時期)に問い合わせの電話が一斉に鳴り、電話を出て保留にしたが、当時外線が1から5まであり、自分がどの電話に出たかわからず違う電話に出てしまい、お客様に大変怒られました。その当時は、セール価格がいくらになっているか、お客様も必死でした。人気があるブランドを取り扱っていたので開店同時に一斉に電話が鳴り売り場がパニックになったことを覚えています。まだ、私も新人だったので落ち着いて行動ができませんでした。

次回への対策

電話の機能に沢山の外線がついてるものは、焦らず自分の出た番号を確認すると良いです。新人の時は誰でも失敗しますので落ち込まなくても大丈夫です。

コメントを残す