営業と納品に関しての凡ミス


男性 30〜34歳 営業

当時、20代前半だったころの話です。仕事を始めて間もなく数十件の顧客を任されました。1人きりでその顧客を訪問し、要望や商品、相談などを受け付けて、会社に戻って発注。後日納品という流れをひたすら続ける、ざっくり言うとこのような仕事でした。ある日、よく行くお客様から消耗品の注文がありました。すぐに発注し、後日届けました。それからすぐに同じ顧客から同じ商品の注文がありました。そんなに消耗が激しいのかな?と思いましたが同じように発注納品しました。それから数日後に、そのお客様からいつ納品するんだ!と怒りのクレームがありました。慌てて確認した所、納品していたのは似たような名前の別の会社でした。すぐに商品を持って行きましたが、先方の担当者から取引先を変えたと言われ取引きが無くなってしまいました。という凡ミスです。

次回への対策

自社内での発注の電話を受けた者との確認と、先方の担当者にも確実に確認を徹底するようにしてます。しつこいくらいが自分にとって丁度いい感じです。

コメントを残す