アポイント時間での失敗


男性 35〜39歳 会社員

新規顧客開拓のためにテレアポを集中的に実施していた時の話です。序盤はなかなかアポイントが取れず、精神的にも辛かったのですが、やり方や話し方を少しづつ変えていくことでアポが取れる件数が増えてきました。そこで気持ち的に高ぶってきて、調子に乗ってきたこともあり些細なことでミスが出てくるようになりました。
それは、アポの時間でした。「ダブルブッキング?」と思う方が多いかと思いますが、もっと些細なことです。
「14時」にアポイントを取ったのですが、先方は「(午後)4時」と勘違いをしていました。人によって24時間、12時間が違いますが自分の言っている時間と相手が聞き取った時間に齟齬が出てしましました。訪問してみると先方は打ち合わせ中。仕方なく改めることになりました。
アポを取れた時には、「○月○にちの14時、午後2時に伺いますね。」と念押しを入れておいた方が、後々のことを考えると無難だと思いました。

次回への対策

コメントを残す