転職はあせらず慎重さが大事です


男性 30〜34歳 会社員

20代前半の時に、勤めていた会社が倒産してしまい、急な転職活動をすることになりました。年度末の倒産だったので新年度からすぐに働きたいと焦った私は、インターネットの求人情報からある企業を見つけ応募しました。面接段階では気付かなかったのですが、その企業は今でいうブラック企業。当時はそんな言葉がまだ定着していませんでしたし、上場企業のグループ会社ということもあり、その企業を詳しく調べることなく応募していた私。採用されてからは求人情報とは全く違う勤務内容と、残業の多さに驚きました。1年ほど頑張りましたがあまりの勤務時間の長さのため、体調を崩し退社することになりました。

次回への対策

焦って転職活動をしても良いことはありません。企業がこちらを見極めるように、こちらも様々な情報を集めて企業を見極めることが大切だと感じました。

コメントを残す