大事な日の前日はしっぱり寝なくては!


女性 30〜34歳 ウェディングプランナー

社会人になって初めての1人暮らしがスタート。
住み慣れた街を離れ、友人もいない慣れない環境で、
毎日先輩たちに指導してもらう日々を送っていました。
私が働いていた会社は、内定者研修のときから、
限界に挑む飲み会を何度も行う体育系企業。
次の仕事が朝番だったとしても、
GMが来たら、その方が十分に飲みすぎるまで
お付き合いすることが当然。

そんな挑戦が続いたある日、
新人の私にブライダルフェアでのお客様案内
という大きな仕事が任されました。
そこで契約を取れれば、
一人前として認めてもらえる!
そう考え、その日に向けて、それまで以上に
ロープレを繰り返していました。

しかし、大事な仕事の前日。
やってきました。GMが…
その日はなんと4次会まで進み、
帰宅したのは朝の3時。
あまりの疲れ髪の毛も乾かさず、
ベッドにダイブしました。

次の瞬間、けたたましい携帯の着信音で目が覚めました。
時間は8時50分。出社10分前。

もちろん、ダッシュで会場に向かいましたが、
到着は9時10分。

マネージャーに「帰れ!」
と怒鳴られ、でもそのまま引き下がるわけにもいかず、
サポートだけでもさせてくださいと泣きついても、
何もできないだろ!の一点張り。

仕方なく、帰宅しました。

大事な日の前日。理由は何であれ、
本当に大事なことなのであれば、
きちんと寝れるよう対処する。
それが大人なんだと悟りました。

次回への対策

コメントを残す