飲食店で大遅刻しお店が開かない事態に


男性 25〜29歳 事務職

大学生時代に某飲食店でアルバイトをしていた時の事です。私は高校生からその飲食店でアルバイトをしていたので、長年の経験を買われ開店作業や閉店作業を任されていました。その当時は深刻な人手不足で閉店作業のあと、そのまま仮眠して開店作業なんてこともザラにあり、寝不足状態が続いてしまっていました。そんなある日開店作業の前に一度家に帰り仮眠してから店に向かおうとしたのですが、眼が覚めるとなんと開店時間から2時間ほど経過しています。私が行かなければもちろん店は開店しません。たまたま店の前を通りかかったバイト先の同僚から電話が来て眼が覚めた私は、大慌てで店まで向かいお客さんや店のスタッフにひたすら謝り続ける1日を過ごしました。

次回への対策

あまりにも過酷な環境に陥りそうな場合は、責任ある立場の方に迷わずに相談すべきです。私の場合はそれを怠ってしまったので大変な目にあってしまいました。

コメントを残す