営業職での赤っ恥体験


男性 25〜29歳 営業職

私が営業職をやっていて
「やってしまった!」
という体験をお話します。

私は大学を出て就職し、とあるメーカーでの営業職に就きました。
単純に営業職と言えど形態は様々ですが、メーカーとユーザーを繋ぐ販売店へのルートセールスと説明を受け入社しました。
営業職とは、新規営業や飛び込み営業がメインだと思っていた私にとっては、「なんて楽な仕事なんだろう!」と思っていました。笑
しかし現実はそううまくいきませんでした。

一番恥ずかしかった体験は、自分がいかに世間知らずだったか、ということです。
なにを思ったか私は、知らないことが恥だと思い、ついつい知ったかぶりをしてその場をやり過ごしていたのです。
そんなことをしていれば次第にボロが出ていき、しまいには世間知らずの○○と噂されるまでになりました。笑
今思えば、社会人一年生なのですから知らなくて当たり前です。
それなのになにを思ったか知ったかぶりをし、余計に恥を晒し、今でもやりにくい状況に陥ってしまっています。笑

次回への対策

もしもあなたが社会人一年生であるのならば、正直でいてください。笑
知らないものは知らないとはっきり言ってください。
でなければひたすらバカにされますよ、私のように…笑

コメントを残す