ソフトウェアのテストを失敗しなかったがために…


男性 25〜29歳 システムエンジニア

私は現在,インフラ系のエンジニアとしてサーバやネットワーク,データベースの設計から運用まで幅広く行っています.その中の失敗の1つとして,テストをしっかり行わなかったがために,バグが残ってしまったということがあります.ちょっとした簡単な修正だったため,テストを行わなくても動くだろうと思い,その部分のテストを飛ばしてしまいました.そしたらお客様にそのシステムを納品したあと,ある部分が動かないとクレームを受けました.テストをしたということにしていたため,私はしらばっくれていましたが,心の中は穏やかではありませんでした.

次回への対策

テストの項目を作っているからには,そのテストには意味があるので,手間や時間を惜しまず,しっかり定めたテストは実施することが必要だと思います.

コメントを残す