やみくもに応募をして連戦連敗・・・ほろ苦い就職活動の思い出


女性 25〜29歳 会社員

新卒就職超氷河期と言われた私たちの世代。それは仕方がないことなのですが、絶対に内定が、とにかく何でも良いから大学卒業後は正社員として働きたいという強迫観念にとらわれていました。しかし、漠然と「正社員」で「土日は休みがいいな」くらいの希望しかなかったので正当性のある志望動機が全く浮かんでこない。そんな状況で応募しても、面接でうまくいくはずもなく応募しては落ちるの繰り返し。しまいには手当たり次第に応募して収集が付かなくなる始末。いくら厳しい時代だったからと言っても、もう少し深呼吸して自分のやりたいことを整理するべきたっだと今では反省しています。

次回への対策

コメントを残す