「温泉」に入りたいならば、事前リサーチを怠ることなかれ


女性 35~39歳 自営

2011年正月。私は結婚して初めての年末年始。私の実家への帰郷も兼ねて、元旦が二人の記念になればと思い、12月上旬に思いつきで知り合いの旅行会社へ電話。予約が殺到していて、やはりもう無理かと諦めていたころ、担当者より1件だけあるとの提案を受けました。心踊った私は、喜び一杯で冷静さを失い、宿や宿泊プランの詳細を確認することもなく、二つ返事でOK。予約手続を完了しました。プランは大晦日チェックイン、元日チェックアウトの温泉で蟹鍋・1泊2日コース。こうして、私の大失敗サプライズは幕を開けたのです。

次回への対策

しかし、凍える冬。現地に着いて唖然。「旅館で源泉かけ流し、蟹食べ放題」は、「民宿でお風呂、蟹もあるよ」の間違いでした。しかも案内された部屋は老朽化が進んでおり、有料ブラウン管テレビがポツンと設置されている、寒々とした部屋でした。この件で夫からはブーイングが出され、未だ、私の失敗は語り継がれています。旅行するなら、まして、そこに特別な意味を持たせたいなら、事前のリサーチは欠かせません。今思えば、思い描いていた温泉で蟹鍋ならば、宿泊料金の一人5,000円は安すぎで、旅行会社から提案を受けた際に、確認すべきでした。これが私の学んだ教訓です。

コメントを残す