人の物だけ壊す破壊神な私


女性 20~24歳 無職

私は基本的に手先が不器用で、お菓子の袋を開ける時に力加減が分からず開かないから力任せにし過ぎて、お菓子をぶちまけたり、袋系はお菓子に限らず料理で使う調味料や小麦粉をぶちまけたり。中学生の時は、寝起きの機嫌が悪い時があっておまけに遅刻しそうな時に、むすっとしながら急いで用意して部屋の中を移動していたら扇風機に手がポンっと当たりバタンと倒れた扇風機が破壊しました。

さらには、姉が300円程で買ったネックレスが絡まって解くのに苦戦していたので、こうすればいいんじゃない?とふざけてフンッと引っ張ったら力を入れ過ぎて、ネックレスを千切ってしまったり。

どれも家族にとっては鬱陶しい話かもしれませんが、さの時々私は真剣なので気持ちに対する動きが伴っていない自分に笑ってしまういます。真剣な顔して袋開けたり、急いで用意したり、ウケを狙ったその次には物が破壊されている。もちろん物を大切にする精神はありますが、その時の自分の動きを想像したり、後で思い出すと自分の酷さにどうしても笑ってしまうのです。

次回への対策

私が笑い上戸なのもありますが、物を壊して笑っているなんてただのクソ野郎と思われる事もあるかもしれません。自分自身では面白いと思った行動でも主観的ではなく、客観的に自分を見る事をお勧めします。

コメントを残す