中国・鈍行列車珍道中 ―「おじちゃん、起こして!」の巻―


女性 35~39歳 OL

2004年夏。学生時代の私はゼミ旅行に参加し、訪中。5日間の日程で長江デルタ付近の企業を訪問した後、私は皆と別れ、中国一人旅を敢行。実は私は2年前に1年ほど中国で留学生活を送っていたので、そのときに出逢った現地の友人を尋ねようと企画したのです。上海から友人の住む金華へ。鈍行列車・硬座(3人掛けの硬いベンチ型の椅子)・ブラリ旅。移動は大した距離でもないのですが、当時の私は国際通話のできる携帯電話も持たず、もちろんタブレットも持たず、無防備にも列車のなかで眠りに落ちました。笑える失敗談は、スリやトラブルに遭った類ではなく、硬座に相席した隣の見知らぬおじちゃんの方にヨダレを垂らして爆睡していたことです。

次回への対策

警戒心ゼロの世界。これはこれで問題ですが、私の場合は面の皮が厚すぎました。道中はそのおじちゃんの肩を借りっぱなし。しかも、目を開けたと思えば、「?里是?里?(ここはどこ?)」と尋ね、揚句、「到了金?快要醒醒我?!??!(金華に着いたらすぐ起こしてね、ありがとう!)」とその人のよいおじちゃんに一方的にリクエストしていたことです。結果的には無事、目的地の金華に辿り着くことができましたが、その一件を中国人の友人に話すと、目を丸くしており、「???做太危?呀,以后不要??哦!(危険すぎる行動ね、今後は気を付けて!)」と叱られたものです。

コメントを残す