お金を借りて信用取引で失敗


男性 45〜49歳 会社員

始めは、現物で取引していましたが、株の取引にも慣れてきて、いろいろな銘柄を買いたくなってきました、その時に信用に30万入れれば、3倍まで買える、銘柄も沢山買えればリスクも減る、そのうち取引は現物ではやらないで、全て信用でやるようになりました、始めは借りてやるので、利息を払うのが恐くてデイトレしてましたが、その為いままで、
現物の時は、中々損切り出来なかったのが出来る様になり、利益もどんどん上がり、怖さもなくなりました、たかが金利3%ぐらいと思ったら
、スイングになり、更には信用でも始めのうちは損切りしていましたが
、長期でもっても、半年で返済、金利にしたらたかが1.5%ぐらい、もてる銘柄もどんどん増えていき、しまいには、お金を借りてでも、信用
で増やしていきました、ある時世界同時株安で、今まで利益が出ていたのが全てなくなり、しまいには、マイナス、追い証で証券会社からは、
明日までに金額を入金の依頼あり、借りた分のお金もかいせなく、そちらの利息も付いてしまいまさにアリ地獄状態になりました。

次回への対策

やはり余裕資金で、例え上手くいっていても、人から借りてまで、やらない方がいいと思います、経験者としていいます。

高配当銘柄を追いかけ失敗


男性 55〜59歳 無職

3月は期末配当実施の銘柄が多い。株式相場も企業の決算期を控え活況な時期に思える。期末の権利確定日を控え利回りの良い高配当銘柄への投資が活況になり、値を飛ばすだろうと超優良企業の一つに投資しました。株価が2700円。短期投資なので100円上がれば十分です。500株で5万円の利益狙い。配当など入りません。配当後には値を崩して、配当金額以上に損をしてしまうに違いないのです。ところが期末が近付いても上がりません。その企業の悪い話は聞かないし、自社株買いの話も噂され、上がるはずなのにじりじりと値を下げて、3日で120円も値下がり6万円も損してしまいました!まるで今反転するからというポーズを装いながら結局下げ続けて、期末には250円も下げてました。損切も遅れに遅れて売ることも叶わず、配当頂いてしまいました。

次回への対策

短期売買の場合損切するなら早めに。思い描いたストーリーが崩れた時は間髪を入れず売るべし。

会社予想を上回る業績発表も・・・


男性 55〜59歳 無職

この頃株価好調のA社。超優良企業。好業績、高配当、毎年増収増益。財務内容も健全で全く問題なし。新興市場の銘柄に飛びつき、荒い値動きに翻弄され頭がくらくらしている時、このような優良企業を見つけると砂漠の中にオアシスを見つけたようにホッとします。場中にその企業のIRが出ました。近く発表予定の業績の上方修正です。売上で10%、利益で7%従来の会社予想を上回っています。良しとばかりに買いを入れました。株価も上方修正を好感したのか値上がりしてその日は終えて、翌日からの値動きに期待しました。ところが翌日から爆下げ、大きな下げが3日続きました。材料出尽くしだと言うのです。泣く泣く損切しました。10日ほどしたら爆上げが始まりました。好決算で人気、だそうです。やってられません。

次回への対策

株式投資は浮き沈みがあるのでチャンスに参加できるように、大負けしないのが大事ですね。

仕手株の無料メルマガにやられた


女性 25〜29歳 会社員

無料で上がる株の銘柄を配信する仕手株のメルマガだったが、ある程度有料会員が買って上がったものをまだ上がると言われつかまされていた。勝った瞬間に下がってしまうことが何度かあり、仕組みが分からず、確かに上がっている実績通りなのにと思っていたら、途中から有料会員への勧誘がしつこかった。資金もそんなに余裕がなかったので有料会員にもならずに済んだ。あとから他のサイトで調べたらカモを無料会員で集めていたことが発覚しショックだった。

次回への対策

無料で情報をくれるものには安易にてをださないほうがいいです

デイトレードの悪循環にはまってしまった


男性 25〜29歳 会社員

休日を利用してデイトレードを始めました。最初のうちは慎重に、小刻みな儲けに満足していましたが、ある程度資産が増え、またトレードにも慣れてきた頃に落とし穴にはまってしまいました。当時は一日のトレードの中で一万円の儲けを目標としていましたが、午前9時の取引開始とほぼ同時に購入した銘柄で逆に一万円以上の損失を出してしまい、それを取り返そう、なんとか1万円のプラスにしようと焦り、普段なら手を出さない怪しい値動きの銘柄も購入し、そこでも損失を出し、さらに焦って購入し、損失を出し…ということを繰り返し、結果的に前日比5万円以上のマイナスという悲惨な結果になってしまいました。

次回への対策

デイトレードにおいてロスカットが最も重要だということは頭に入っていましたが、それを身をもって知ることとなりました。毎日利益を出し続けることは不可能であると割り切り、自分の中のルールを徹底し、焦らず冷静に、機械のようにトレードすべきということを教訓にしています。

目先の利益に安易に飛びついて失敗


男性 30〜34歳 フリーター

デイトレードで、低位の銘柄で欲を出して失敗しました。

前日より大幅に値上がりしていて、株価が上げ下げが激しい銘柄がありました。
これだけ買う人も売る人がいるのだから、少し高値で買っても大丈夫と思って買いました。
最初のうちは思った値上がりし、ストップ高になるまで保有してようと考えていました。

しかし、圧倒的な利益確定の売り注文のせいでどんどん値下がりしました。
そして買値よりも大幅に値下がりし、得するのではなく大損してしまいました。
大勢の人が買ってるからと何も考えずに買い、欲張ってストップ高を狙ったため失敗したのです。

次回への対策

この手の銘柄で一気に利益を出そうと考えてはいけません。
多くの場合は1日だけの話です。
数日に渡って値上がりするのは珍しいので、
ある程度値上がりしたらすぐに売りましょう。

欲張りすぎないことが大事


女性 45〜49歳 主婦

株式投資を始めて間もない頃、痛い失敗をしました。そこそこ利益が出ていたので調子に乗って怖いもの知らずでいました。
選んだ銘柄の選定もさることながら、短期トレードのつもりで
全力買いしたものの、利益が出ているうちに利益確定しておけばよかったのに、もっと騰がるかと期待してしまい、売るタイミングを逃してしまいました。欲張り過ぎは失敗のもとです。それ以来買うときは小分けに慎重に買い増しをし、売るときはバッサリ大胆に売ることを心がけています。少しでも利益を積むことが重要で、大損しては元も子もないからです。

次回への対策

欲張りすぎず、買うときは慎重に、売るときは大胆にしたほうが良いと思います。

不勉強&向いていない性格、ソニーショックで足を洗った株取引


男性 40〜44歳 会社員

ネット株取引が大きな話題になり始めた2003年頃、
私も手を出してみたところ、最初の10分ほどで数万円の
利益が出て、これならもう株だけで生活できると大きな
勘違いをし、ハマってしまいました。
ろくに勉強もしていない株取引はその後上手く行くはずがなく、
損失はどんどん膨らんでいきました。最も大きな問題は、私の
「一喜一憂」する性格にあったと思います。ちょっと儲かったら
浮かれて喜び、調子に乗って買い込んだ株が大きく下がると
パニックになり、更に買い込んで益々失敗する…テレビで
株だけで生活している人を見ていると、株が上がろうが
下がろうが感情を表に全然出さないように見えます。
私はそういった感情のコントロール、客観視が非常に
ヘタで、そもそも株式に全然向いていないことが後になって
よくわかりました。ちょうどその時期に起きたソニーショックに
巻き込まれて大変な損失を出したことを機に、株取引は
止めました。

次回への対策

勉強以前に、株取引に向いている素質というか性格はあると思います。
私のような一喜一憂タイプの方は手を出さないか、感情コントロールの
練習をしたほうが良いかと思います。

外資の息のかかった株は要注意


男性 40〜44歳 契約社員

三洋電機をパナソニックが買収した際に、パナソニックの株が下がりはじめた際に徐々に買い下がりました。買収前の三洋電機はメガバンクと外資のゴールドマン・サックスが優先株を持って支えていました。今思えばこれが危険だったのがと思います。買い下がれど、更に下がっていく。最後にはITバブル時の最安値900円近くでほぼ全資産を使い果たし、そこから半分の値まで下がり精神的に参ってしまい損切りをしてしまい、数百万を溶かしてしまいました。

次回への対策

全資産を一つの銘柄に投資しない。外資の息のかかった株は想像を出来ないほどに下がることを理解して投資すべきだと思いました。

株は期待で上がり、事実で売られる。


男性 35〜39歳 会社員

株式投資を始めた頃にあるバイオ関連の銘柄に投資していました。
その銘柄は薬の承認申請が既に行われており、いつ承認されるか、という状態でした。
早めに仕込んだため、結構な含み益になり、また厚生省の部会の仕組みなども調べ上げ、承認は今か今かと待っていました。承認に向けての期待感から株価は徐々に上がり、承認とともに青天井相場に突入すると信じていました。しかし、なんとようやく出た承認翌日株価は急降下し、一日で10万以上含み益が減ったのです。これが世に言う材料出尽くし、というやつだと身を持って学びました。
結局ズルズルと持ち続けほとんど利益なく売ったのでした。

次回への対策

新薬の1相、2相、3相、承認申請、承認、上市の株価の流れをよく理解しておきましょう。

株は余剰資金で行うべき


男性 50〜54歳 会社員

私は今までFXや株式投資など、ハイリスク・ハイリターンの投資を何度か経験しました。いわゆる、一攫千金を夢見るような動機で取り引きをしたのです。
取り引き額は決して高額ではありませんでしたが、最大の失敗は生活費を注ぎ込んでしまったことでした。最初はそこそこ儲かったのですが、結局は負けて損して一気に生活が苦しくなってしまったのです。
投資とは絶対に余剰資金でしかやってはいけないことを、私はその時、身を以て学んだのでした。今は余剰資金を貯めることに専念している毎日です。

次回への対策

これから投資を始める人には、「投資は余剰資金で行う」を肝に命じて欲しいと願います。

株を買ってしまいました。


男性 20〜24歳 営業職

株で儲けている。といった話を良くききます。
そんな話を信じて知識もないまま株を買ってしまいました。
今は全くしていませんが、初めて買った株は知人やネット情報などの意見をきき購入しました。
株の値上がり率は90%といった確率でした。
その高確率を信じ購入しましたが、購入するなり株価は下がりに下がり底値になりそれから根戻り、値上がりは全くありませんでした。
その株は今でも持っていますが、株はそれ以来する事をやめました。

次回への対策

株で失敗をしてしまいました。


男性 25〜29歳 会社員

株で投資を行っていた人間です。銘柄などはいうことはできませんが、一株が10000円で、100口を買わなくてはいけない株があり、購入をさせていただきました。自分としては配当金狙いでいきました。がちがちの暴落もしないと予想を踏んだ株をこうにゅうさせていただいたのですが、それが2000円まで暴落をしてしまい、それで自分は80万円の損失をこうむってしまうことになってしまいました。現在では回復を見込んで様子をみております。

次回への対策

やはり、安定ではなく、しっかりと伸び代が見込める株を購入することが大事なのではないかと自分は思ってしまいます。

デイトレで成功するのは、わずか数%程度しかいない


男性 45〜49歳 フリーのシステムエンジニア

株を購入し、その株を翌日に持ち越さない、つまりはその日の場の終わりまでに売って利益を狙う株の売買方法をデイトレと言います。突然の天災や人災、海外や国内での重大な経済ニュース等で思わぬ損失を被る事がないトレード法で心配性の私には合ってるトレード方法だと思ったのですが、実際やってみると利益より損失が上回る事が多くデイトレでは利益を出せていません。調べてみるとデイトレで成功する人は一説では5%以下と言う数字があります。100人いれば5人以下の人しか儲からないトレイド方法なのです。
長期トレードで利益を出しているのでなんとかなってますが、デイトレをしなければもっと儲かっていたのにと悔やんでいます。

次回への対策

デイトレをするならば、まず環境をそろえましょう。株の情報を得るためのディスプレイは最低でも6台(FullHD)は必要ですし、出来ればもっと多いほうが良いと思われます。また、株以外の情報、円相場、ニュースなどもすぐに見られる用に、その為のパソコンやテレビが必要になります。
資金が少ないと損失が出たときに平常心を保てなくなりますから、最低でも1,000万円くらいの資金をもって始めたほうが良いと思われます。これくらいの準備をして5%に入れるか入れないかだと思ってください。もちろん運で乗り切る人もいますが、そう言う方は例外です。
ただ、デイトレはやると面白いので、投資ではなく趣味(賭け事)として、損しても笑ってられる場合はその限りではありません。

株の初心者の方には、当然ながら中長期トレードをお勧めします。

慣れないデイトレードで失敗


男性 25〜29歳 会社員

連日ボラティリティのある銘柄はデイトレーダーのような人たちがやる銘柄なので普通は私は投資対象とはしません。しかし、株式市場が開いているときに私の会社の休みの日にあたった日に休みだったので、その日は私はボラティリティのある銘柄で株式取引を行いました。そのような銘柄は適当に上がっているところを購入すれば少し儲かると思っていいたので、私もデイトレードの真似ごとをやってみました。しかし、なぜかそのような銘柄は私が株式を購入すると下がりだし、その日は損切ばかりでした。デイトレは散々な結果でした。

次回への対策

デイトレーダーでない人がボラティリティのある銘柄を取引しても動きが早すぎてついていけないのでやらないほうが賢明だと思います。

自分のルール以外の株式売買をしての失敗


男性 55〜59歳 契約社員

日本株の株式投資をやっていますが、失敗をたくさん重ねてきました。最も大きな失敗は欲をかいて今話題の株式に飛びつくことです。私の株式売買は、25日移動平均線以下になった株を底を打ち上昇曲線に変わったときに参入するのが基本スタンスです。このルールを無視して、今話題沸騰している株にもっと上がると予想し、飛びつき参入し、参入後株が下がり続け、気づいたときに大損していたことです。話題沸騰している株は当然25日移動平均線の上にあるので、自分の投資スタンスを踏んでいないことになります。このような失敗を5〜6回やってしまいました。

次回への対策

自分の基本投資スタンスを早く確立し、あとはその投資ルールを辛抱強く繰り返すことです。そのとき株式参入後は、必ず逆指値設定を行っておいて損が大きくならないうちに損切りを自動的に行ってください。株式投資は必ずもうかるとは限りません。損することもある、否、損することが多いと自覚していろんな株式投資をやってみることをお勧めします。

株で数百万円の損をしました


女性 40〜44歳 主婦

何年も前ですが、株で数百万円の損をしました。
そのころ私は会社員で株式投資に興味を持ち始めた頃でした。株や税金のことを少しは勉強しましたが、銘柄は自分の直感で選びました。
その銘柄で数百万の利益が出たこともありましたが、それまで好調に上がっていた株価が突然下げ基調に転じました。
その銘柄企業の株主総会に行ってみたいという好奇心と、そのうち株価は戻るだろうという楽観的な気持ちが災いとなり数百万円の損をしました。

次回への対策

株式投資で失敗しない方法があれば、私も知りたいです。
せめて投資詐欺や投資商材の悪徳販売などには、騙されないように気をつけたいと思います。

考えと知識量の甘さが生んだ投資失敗


男性 25〜29歳 会社員

某産業用機械ベンチャー企業に投資していた時期があったのですが、その時に失敗したと感じた事があります。知名度が急上昇していること、また数日間の内に株価が¥500近く上がっていることから買い時だと感じ投資。数日の間は同じように推移した為、良いタイミングで投資できたと高を括っていたのですが、某機械大手企業が似たような製品の開発に着手した…というニュースから一転下落へ。結局、合計で数万単位の損失を出す羽目になりました。

次回への対策

私は全くのド素人なのですが、まず投資の素人はベンチャーには投資しない方がいいかと思います。知識が浅いから、また引き際の見極め方がわかっていない場合が多いからです。また多くのベンチャー(2016年4月現在)の場合、一見画期的に見えても、特許取得前に大手他社で研究開発し先行して市場に出されてしまう…という展開が多い様に感じます。そうなると経営面の弱さから一気に評価が下がり株価も連動しますので、「ベンチャー」「急成長」という状況に惑わされず、中長期的に先を考え投資すべきかと、月並みですが経験から感じました。

初めての株取引で失敗


男性 20〜24歳 会社員

株取引で失敗しました。
それは私が友人から株を勧められてから始めた時に起きました。
初めての株取引でした。今から値段が上がる為、今が買い時だと言われるがままその株を買ってしまいました。
約50万円分の株を買いました。それから値段の変動をチェックしていると上がるどころか下がりに下がり危ないと思い手放した時には50万円分が18万円分にしかなりませんでした。
32万円の赤字でした。
それ以来株を買う際には慎重になりました。

次回への対策

勧められて株を買って失敗


男性 20〜24歳 会社員

株式投資で失敗しました。
それは初めて株し始めて数ヶ月が経った頃です。
今の今まで大きく勝った事も負けた事もなかったのですが、どちらかと言えば黒字で毎回終わるくらいの成績でした。
ですので、大きく損をする事は無いだろうと思い軽い気持ちで今から伸びる株を買ってしまいました。
ですがその株が伸びるといった情報は嘘でした。
株の値は下がる一方で、買ってから数時間後には急いで手放しましたが遅かったです。
大きく損をし今は株をしてしまった事が失敗だったなと思います。

次回への対策