健康ってお金がかかるんですねぇ


女性 40〜44歳 主婦

健康の為にジョギングをする事にしました。スポーツ店に行ってジョギングウエアを買いました。ホノルルマラソンでモデルが着ているようなウエアを。シューズも買いました。軽くてジョギング専用の。走ってみるとすぐにひざが痛くなりました。サポーターを買いました。痛い事を続けていいはずがないと思いジョギング辞めました。ひざへの負担が少ない自転車にする事にしました。家に自転車がなかったので、よ〜くよ〜く考えて電動自転車を買ってしまいました。電動とても楽ですね。室内のサイクリングマシンを買いました。テレビを見ながらこいでます。両手を離してこげるのでお菓子を食べながらでもこげますね。で、私何がしたいんでしたっけ?

次回への対策

健康を維持する為には規則正しい生活が一番だと思います。余計な事を考えてとっちらかって訳の分からない買い物をする専業主婦になるくらいなら外に出て働きましょう。

黒豆で健康維持のつもりが逆効果


女性 30〜34歳 会社員

黒豆が便秘解消やダイエット効果、さらには女性にとっては欠かせない栄養素がたくさんつまっていると聞き、早速スーパーで買ってきて食べはじめました。
黒豆の煮物に、黒豆のお茶、おやつがわりに煎った黒豆など様々な黒豆を食べまくりました。
食べれば食べるほど良いと思っていましたが、あるときからお腹の調子がよくなりすぎたのか、1日に5回ほどトイレに駆け込むようになりました。
胃も、お豆が中で膨張したのか、パンパンに張ったようになり吐き気をもよおした事があった程です。
それから黒豆を控えるようになりました。
今でも黒豆を見ると少しトラウマで好んで食べることはありません。
なにごともやりすぎはよくないと勉強になりました。

次回への対策

朝食を抜く健康法を試してみる


女性 25〜29歳 事務員

お付き合いしてる彼とのゴタゴタでストレスが溜まり体重が増えてきたのでダイエットすることに。雑誌で読んだ朝ごはん抜きダイエットを実践。なにかをするのでなく辞めるだけなのでズボラな私にも簡単かと思い始めましたが結果から言えば自分には合いませんでした。とにかく身体が冷えてエンジンがかからないのです。ブドウ糖が不足するのか事務処理能力も落ち簡単な計算間違えも多くてダメでしたね。そして空腹を補うため昼も夜もドカ食いし間食までする始末。とてもおススメできません。

次回への対策

やはり体は資本なので1日の始まりの朝食ははきちんと食べるべきですね。エネルギーがない状態ではなにもいいモノは生み出せないですから。

44歳中年のダイエット


男性 40〜44歳 サラリーマン

44歳ともなると身体のあちこちにガタがくる。そしてそれは健康診断の数値に結果として見事に現れる。そろそろ老後も見据えた人生設計が必要でなにより健康が1番の資本だと考えダイエットを決意。学生時代から運動部で走力には自信がある自分はジョギングを選択。最初は15分で済んでいたのがだんだんと楽しくなり30分、45分、60分と伸びてゆく。週に2回のはずが気が付けば1日おきで走るのが習慣に。そのころには体重は落ちていたが膝や腰も痛めており現在整骨院に通う日々です。44歳という年齢を舐めてましたね。

次回への対策

44歳は気持ちはあっても身体がついてこない事も多々あります。年齢相応の健康法を楽しんでいただければと失敗した身からのアドバイスです

タンパク質摂取ダイエット


女性 30〜34歳 会社員

会社の人間関係のゴタゴタに巻き込まれストレスで短期間で3キロほど太ってしまいました。急な増量で膝や腰にも負担がかかりダイエットを決意。雑誌で見つけたタンパク質を摂取して短期間で痩せるダイエットに挑戦。ひたすらチキンを食べ炭水化物を減らして運動することで体内の筋肉の量を増やしダイエット効果をあげるという内容でしたが、あまり内臓の強くない自分には胃や腸への負担が大きいのか絶えず腸がグルグルと鳴りオナラが増え便秘にも悩まされ精神的に常にイライラするようになってしまいました。

次回への対策

急なダイエットなんて雑誌のうたい文句に騙されるだけです。ダイエットを考えているかたにはもっと健康的で自然なやり方をおススメします。

食べ過ぎもよくなかった


女性 30〜34歳 飲食店

便秘に毎日悩まされていたので、寒天を作って朝食に食べるようになりました。それからしばらくして、便の出もよくなってきて続けていましたが、空腹感にも悩まされていたので、寒天を食べる量を増やせばいいんじゃないかと思い、いつもより多めに作って、朝たくさん食べていきました。そしたら電車に乗っているときに急に腹痛が来て、職場までも持ちそうになく下車。寒天の食べ過ぎが原因でした。なんでも体にいいと思ってやりすぎるといけないなあと反省しました。

次回への対策

いくら体にいい、健康と言われていても、逆に害が出ることもあるので自分に合ったもの、やり方、量を考えたほうがいいです。

脂肪燃焼!目指せビューティーダイエット!


女性 25〜29歳 販売業

様々なダイエットがテレビ等で障害されていますが、私は自分で出来て簡単でお金のかからない方法は何かないかと調べたところ、ストレッチが脂肪燃焼に良いということを知り、仕事で疲れた日でも30分を目安に毎日行っていました。しかし、やりすぎがたたり膝の裏やふくらはぎを何度もつってしまい痛い思いをし、さらにはそこがつるのが癖になって、椅子に座る時などちょっとしたことでつるようになってしまいました。結局ストレッチダイエットは断念することに。。今では朝食ダイエットをしています。

次回への対策

お風呂に入っている時に足を揉みほぐしておいたり、ストレッチをする際にもタオルなどをまいて保温させた状態でするといいそうです。

市販薬を合わせて服用するのはやめましょう!


女性 30〜34歳 主婦

国内旅行に行った先で風邪を引いてしまい、鼻水が止まらず喉が痛くて観光していても、充分には楽しめず、せっかくの名物を食べても味がしなくて散々でした。
たまたま持って来ていた薬が喉の痛みに効くタイプで服用していたのですが、鼻の症状を抑えるタイプの風邪薬を通りすがりのドラッグストアで購入して、併せて服用してしまいました。
薬の注意書きを読むと必ず、他の薬と併用する時は薬剤師に相談する様に書かれているのですが、安易な気持ちで風邪薬を併用してしまったのです。
その後猛烈に気分が悪くなり、観光どころではなくなって、ホテルに戻って寝て過ごすことになりました。
幸い数時間で治まり、次の日には風邪の症状は残っていましたが元気にはなりましたが、数ヶ月なんとなく不調が続いたので、やはり薬の併用のせいかと怖くなりました。

次回への対策

絶対に市販薬を合わせて服用してはいけません!
二つ以上の症状に効く薬がないかどうか薬剤師さんに相談してくださいね。

番号札をなくしてとんでもない目に遭いました。


女性 25〜29歳 販売業

風邪をこじらせた日のこと。5連勤が終わり、待ちに待った休みを利用して病院へ行った時のことです。内科へ案内され待合室で名前を呼ばれるのを待っていました。しかし待てども待てども一向に名前を呼ばれず、3時間が経過しようとしていた時、少し催してきたのでトイレに立ちました。その後2時間待ってもまだ呼ばれず待っている人も残り5人ほどになった時看護師さんに尋ねると、「呼ばれた時にはいらっしゃらなかったので後回しにさせて頂きました」とのこと。トイレに立ったわずか5分のことだと思い、とても悔しい気持ちになりました。

次回への対策

トイレに立つ時など待合室から抜ける際には面倒でも看護師にその旨を伝えて対応してもらうように行動した方がいいと思います。病院は一度後回しにされると永遠に呼ばれません。

健康のためにジムの水泳に行ったら余計腰痛なな悩まされた


女性 45〜49歳 フリーランス カウンセラー

仕事柄運動不足でスポーツジムの会員になって、慢性腰痛の私は水泳から始めました。
腰痛は水泳が一番とも聞いていたので。
最初は水中でウオーキングぐらいで慣らして、少し慣れたらゆっくり泳ぐようにしたのですが、泳ぎ方によっては腰痛を酷くする事に気づきました。
マンツーマンではなかったので、いろいろ聞いてからやれば良かったのですが、水泳を勘違いしてたようです。
平泳ぎはかなり腰痛を悪化させて寝込みました。
しばらく行けなかったし大失敗です。

次回への対策

スポーツを始める時は慎重に調べてから行うのが一番です。
更に悪化させる原因になります。
またはスタッフに細かい説明を受けるべきだとおもいま。

いい加減な準備運動がたたって運動不能に


男性 45〜49歳 自営業

ダイエットすることが目的で、ジョギングを日課にしていたことがありました。同じく有酸素運動にはウォーキングもありますが、時間がかかることが嫌でジョギングを選びました。本来はジョギングの前後に入念なストレッチを行うべきでしたが、時間がもったいないと思い適当に済ませていました。お気に入りのコースをジョギングしていると気分がよく、体重も目に見えて減っているためダイエット効果を実感していました。しかしその後、股関節 や膝に痛みを感じるようになり、ジョギングを続けることができなくなってしまいました。もしジョギングをすること以上に十分なストレッチを行っていれば、今でもジョギングを続けることができたかと思うと残念で仕方がありません。

次回への対策

準備運動、ストレッチを軽視すると思わぬケガにつながります。面倒がらずにジョギング前のストレッチ、ジョギング後のマッサージ、アイシングなどケアを行いましょう。

食事量を間違え要精密検査に!


男性 45〜49歳 自営業

結婚してから1年が経過した頃、健康診断を受けに行きました。後日、結果を見ると「肝機能に異常あり、要精密検査」と記されており大変驚きました。近所の総合病院でエコー検査を受けたところ、私は脂肪肝であることがわかりました。私は3度の食事以外に間食することはなく、飲酒する機会も少ないので脂肪肝になる心当たりはありませんでした。妻にも相談しその理由を考えてもらったところ、思わぬ原因があったことがわかりました。どうやら妻は4人前のレシピを、2人前と勘違いして作っていたらしいのです。さすがに夕食のたびに2人前の料理を食べていたら、脂肪肝にもなってしまいますね。

次回への対策

レシピを参考にするときは、何人前の分量か確認するようにしましょう。また食べていて量が多いと感じたときは、分量を調整するようにしましょう。

風邪って本当に誰かに映ると治るんですね


女性 25〜29歳 販売業

つい先日、彼が風邪をひいて家に帰ってきました。同棲をしているので私にも移る心配があったのですが、意外と私は滅多に風邪をひかず、マスクもせず予防薬も飲まずに過ごしていました。それよりも3日後に控えるプレゼンテーションの仕事が大事で徹夜でパソコンの前にいたのです。3日後の朝、いつもより頭が重く、喉が痛くて、プレゼンテーション中もすごく大変でした。家に帰り熱を測るとなんと38.5度!彼の風邪は治っていました。

次回への対策

風邪の流行を舐めてはいけません。身の回りに風邪をひいている人がいなくともマスク、手洗い・うがいの予防策を!

女子は体は冷やしちゃダメ。


女性 30〜34歳 会社員

前に勤めていた職場で毎年、1/14にどんと祭の裸参りに出ることが行事のひとつとなっていました。一回出たら三年連続ででないとご利益がないと言われ、いやいや2回目の参戦を迎えました。この年は生理中でもあったので辛い参拝でした。裸参りの翌日、何だかトイレの調子が悪い。お腹も痛い上に、オレンジジュースのような色の小便が。急いで病院に駆け込んだところ、膀胱炎と診断されました。原因は間違いなく体を冷やした裸参り、それから敏感な生理中だから…だったようです。

次回への対策

会社の行事とは言え、大事な自分の体は自分で守らないといけないと後悔しました。女性に冷えは禁物とよく言いますが、本当に体で思い知らされました。

薄毛でも医者に頼るべし


男性 20〜24歳 大学院生

私は薄毛、男性の殆どが経験するであろう悩みを持っているのですが、この治療でやらかしたのです。薄毛に対する治療といえば「育毛剤」ですが、わたしはこの育毛剤選びで大失敗しました。私は薄毛に気づいてからというものの、インターネットで育毛剤探しをしたのです。すると多くの育毛剤が出てきて、どれにすればよいのかわかりませんでした。そのため私は、ランキングサイトや薄毛専門家〇〇のおすすめ!、などといったサイトを参考にして購入したのですが・・・これが失敗の始まりでした。
メーカーの推奨期間(3ヶ月〜6ヶ月)使用したのですが、全く効果が出ないのです。すると次に、他のサイトを見てまた違う育毛剤を半年ほど使用・・・・そしてまた違う育毛剤を・・・と繰り返すこと数年。結果、毛が生えることはなく、むしろ悪化していました。頭皮に炎症まで起きていたので、ここでやっと始めて病院を訪れました。すると、「AGAだね、処方しておきます」と言われ、もらったもの(ミノキシジル等)を服用しましたら、すぐに改善しました。医者に頼ればすぐに済むものを、下手な自我流の方法で治そうとしたがゆえに、多くの月日と多くのお金を失ったのでありました。これが私の失敗談です。

次回への対策

体の異常や悩みがあるときはインターネットに頼るのではなく、医者に頼ること。お医者さんが大抵解決してくれます。

一人暮らしをするなら健康に


女性 40〜44歳 専業主婦

学生時代に初めての一人暮らしをしましたが、なにせ仕送りもバイト代もそれほど多くないので削れるところは削ろうとして食費をケチったら栄養失調になりました。
自炊も面倒なので、スーパーでスナック菓子や菓子パンを1日一個で過ごそうと思ったのです。
実際やってみたら最初のうちはダイエットもできるしお金も節約できるし一石二鳥だと喜んでいましたが、ふらふらするし、すぐに風邪をひいて治りも悪いし、生理も止まるし散々でした。

次回への対策

やはり若いからといって健康を過信するのは良くありません。バイトするならまかない付きバイトをして、食事だけはしっかり取りましょう。

ダイエットのしすぎで貧血になって倒れた話


女性 35〜39歳 専業主婦

20代のころ、とにかく太りたくなかったので食事制限をしていました。食事はいつも軽めにしていたので、今考えてみるとエネルギーが足りなかったのだと思います。ジムに通ったり水泳に行ったりしていたのですが、いつものようにジムで運動をしていたある日、急に呼吸が苦しくなり、血の気がひくような感じがしてきました。あわててトイレの個室に入り、しばらくトイレの個室の床に倒れこんでいたのですが、数分してなんとか回復しました。ただの貧血だったのだとは思いますが、正直あのときは「自分はこのまま死ぬのかも…」と思いました。やはり食事はある程度きちんととって運動しないと危ないなと思いました。

次回への対策

献血をやりすぎて貧血状態になった話


女性 35〜39歳 専業主婦

結婚前ですが、献血をすると新しい血がつくられるので健康になるらしい、と聞いて頻繁に献血をしていました。成分献血だと2週間たてばまた献血ができるので、2週間おきに通っていました。そのペースで献血を続けていたある日、献血の後にある舞台を見に行っていたとき気分が悪くなりロビーのソファに横になってしまいました。周りの人にもびっくりされ、迷惑をかけてしまったなと思います。献血のやりすぎには注意しようと思いました。

次回への対策

運動を頑張りすぎて筋肉痛になった話


女性 35〜39歳 専業主婦

私は週に数回程度運動をしているのですが(エアロビ系のスタジオレッスン)、数年前初めてレッスンを受けた際、産後で運動するのは久し振り、という状態でした。でも久し振りの運動が楽しくてつい張り切ってしまったところ、翌日から背中に激痛が…。最初は骨折しているのかと思うくらい痛かったですが、どうやら筋肉痛だったよう。しかしそれまでに経験したことのないような痛みで、朝ベッドから起き上がれないくらいでした。結局数日はベッドに寝たまますごしました。

次回への対策

ダイエットをはじめました


女性 35〜39歳 専業主婦

半年で4kg増加しさすがにダイエットを決意しました。

とにかく今までできなかった運動でウォーキングを始めることにしました。

すると日に日に歩く距離も増えて軽くジョギングをできるようになりました。

1ヶ月で2kg減り喜び勇んで、毎朝頑張って5時から1時間半ジョギングプラスウォーキングをはじめたところ…

いきなり頑張りすぎて、足首を捻挫しました。

ジョギングどころか歩くのも辛くなりほぼ安静にしているようにと接骨院で言われました。

次回への対策

いきなりの運動は身体と相談してやらないと怪我します。

今後はストレッチをしてから、走りたいと思います。

もし続けられれば…