事前準備は早めに行う


女性 30〜34歳 専業主婦

アパートを引っ越すにあたり、準備をのんびりしていた私は当日大変な思いをするとは当時思ってなかったです。面倒な事は何でも後回しにするので、引っ越し予定日まで時間があると思い、毎日ちょっとしか作業しませんでした。当日、7割片付けが終わってなかったので旦那から雷を落とされました。時間がなかったので適当にササっと荷支度しました。やはり、準備を怠ったので片付け終わるのに10日もかかってしまいました。後味が悪く今でも後悔してます。

次回への対策

引っ越し準備の出来る物は早めにして、当日は持ってく物だけにしとくと後々楽です。時間があると思わない方が良いです。

灰皿を用意しなかったために起こった失敗談


男性 45〜49歳 自営業

引越し当日中に荷ほどきが終わらず、日用品が揃わない状態での新生活スタートとなりました。私はタバコを吸うのですが灰皿を用意することができなかったため、お茶の入っていたペットボトルを灰皿代わりにしていました。私は用を足したくなりトイレに入っていると、向こうから妻の悲痛な声がしました。慌てて戻ってみると、吸い殻の入ったペットボトルを口に含んでしまったとのこと。私は急いで病院へ問い合わせたところ、幸いにして急を要するほどではないことがわかりました。

次回への対策

私のような失敗をしないためにも、灰皿はきちんと用意しておきましょう。ペットボトル、缶などを灰皿代わりに使用するのは危険です。

引越し だんしゃり 慎重に!


女性 40〜44歳 主婦

夫の転勤に伴い引越しをする事になりました。これを機に捨てられる物はじゃんじゃん捨てるように子供に指示しました。思い出の品やおもちゃや工作など捨てられない物をいつまでも抱えて考えて時間が過ぎていきました。これではらちがあかないと、私が見本を示す事にしました。昔、自分が一番イケてた頃の写真や手紙や着なくなった服や使わないかばんをジャンジャン捨ててやりました。それを見て子供もやっとその気になってくれて一週間でだいぶ物がなくなりました。その数日後でした。転勤がなくなりました。子供に謝っても謝っても許して貰えません。

次回への対策

転勤が決まったらだんしゃりは付き物です。でも最終決断は本当に間際まで待ってからにしましょう。捨ててしまったものは戻らないんですねぇ。

引っ越ししたときにかいた大はじ。


女性 30〜34歳 会社員

引っ越しをする際に起きた出来事です。
業者さんにきてもらいタンスなどの家財道具を運び出してもらっていた時に、家具を動かしたら後ろに布地のようなものが落ちていました。
引っ越しの業者の方が「何か落ちてますね。」と拾ってくれたので、「ありがとうございます。」と受け取り広げてみると、それは無くなったと思っていたパンツでした。
業者さんは男性の方でとても気まずそうでした。
私も気まずく「すみません。」と一言いうと、「あっいえ。こちらこそすみません。」と返されました。
きっと引っ越しが終わったあと話のネタにされたんだろうなぁと思うと今でも本当に恥ずかしくなります。

次回への対策

お金をケチって失敗!引越しフリープラン


女性 20〜24歳 総合職

仕事の都合で転勤する事になり、急遽引越しの手続きをしました。
引越し代は会社持ちと言えどちょっと気が引けたので、少し安くなるとの事で時間フリーのプランで依頼をしました。
依頼をした当初は午後からの作業を言われていたので、14時くらいかなと思い業者から連絡を待っていましたが、15時になっても来ない。
まだ時間はかかるのであれば、その間に出掛けようかと思いましたが、いつ来るか分からないので自宅でそのまま待機していました。
そして気長に待つこと17時。ようやく作業を開始して新居へ。
新居に着いて作業が終わった頃には既に20時。
こんなに待つ事になるとは….。
安いからいいわけではありませんね。

次回への対策

フリープランは時間帯の保証がないです。
なので、暇を持て余したり、急な対応をするのを避けたい方は、多少金額が上がっても時間指定される事をおすすめします。

通帳やカードはいずこへ?


男性 30〜34歳 サラリーマン

会社の人事異動で急遽引っ越しをすることに。仕事も忙しい中で荷造りする間もあまりないままに深夜TVを眺めながら段ボールに適当に荷物をつめこんでゆく。当日前夜徹夜に近い状態でなんとか荷造りを終え引っ越しも無事に完了。一安心したのはいいが適当な荷造りが混乱を招きどこになにがあるのがほとんど不明。特に通帳や印鑑、銀行のカードの在り処を探すのに物凄く苦労しました。引っ越しにはなにかとお金がかかるだけに非常に焦りました。

次回への対策

望んだ引っ越しではありませんでしたが日頃からの整理がいかに必要か知りましたね。引っ越しの有無に関係なく整理整頓は大切です。皆さまも注意しましょう。

引越しの荷造りの段取りを面倒臭がった結果


女性 25〜29歳 販売業

彼と初めての同棲生活。二人で新しい家具や新しい食器を購入しにいろいろなお店を回りました。荷物を入れるダンボールも近所のドラッグストアやホームセンターさんから譲り受けて一緒に住むために彼と行動していることができて嬉しかったんです。夫婦茶碗とかも買って同棲生活をとても楽しみにしていました。ところが引越しの荷物整理の際、彼と買った夫婦茶碗を入れたダンボールの中に陶器の破片が、、新聞紙などで補強しておかなかったための惨事でした。せっかく買ったのに悲しかったです。

次回への対策

荷造りの整理や準備は怠ると後で痛い目に遭います。陶器類には新聞紙などで補強を。軽いものは上、重いものを下にして大切に扱ってください。

そんなの私も知らない


女性 25〜29歳 専業主婦

長らく彼の家で同棲していたのですが、そろそろもう少し広いところに引っ越そうということになりました。引越し当日、彼は仕事だったので私が引越しに立ち会いました。引越し業者の方がテレビやベッドなど重いものを運んでくれるのですがテレビをどける時にはその下は埃まみれ、タンスをどける時には後ろに下着が落ちているなど、随所で恥ずかしい思いをしたのですが、一番恥ずかしかったことはなんと、ベッドの下からアダルトビデオがでてきたのです。そんなところにそんなものがあるなんて私も知りませんでしたし、すごく恥ずかしい思いをしました。引越し前に細かな掃除をしておけばよかったと後悔しました。

次回への対策

もう出て行く家だから関係ないなどと言わず、今まで住んでいた家ですから感謝を込めてしっかり掃除をしてください。恥ずかしいものがその時に出てきても1人のときなら大丈夫。

引っ越し荷物の確認は丁寧に


女性 55〜59歳 自由業

引っ越しの時はどうしてもあれこれ気持ちが落ち着かないと言うか、興奮していて散漫になってしまいますので、勿論荷物の段ボールにはあらかじめ番号を振っておいたのです。それでも新しい家に到着後、焦って段ボールの始末をしてしまったため、せっかく振った番号の確認を適当にしてしまったのです。
その後、引っ越し業者も帰ってやっと落ち着いて、とりあえず洋服だけでもチェストに入れておこうと見てみたら、1つ段ボールの数が足りなかったのです。
焦っていて確認しなかった私も悪いのですが、大慌てで業者に連絡しても「そんなものは無かった」と言われて終わりました。ちょっとした思い出の洋服も入っていた箱だったのですが、諦めるしかありませんでした。

次回への対策

焦らずに、まだ業者のいる間に箱の数とか番号の確認をすることをお勧めします。後からクレーム出しても何も証拠が無いので、どうにもなりません。くれぐれも、確認だけはしてから業者を帰した方がいいでしょう。

陶器などが入ったダンボールを持とうとしたら


女性 25〜29歳 販売業

陶器なんかが入っているダンボールはとても重いです。それはわかっていることなのにエレベーターを使って荷物を降ろしていたので他の住民に迷惑にならないように急いで降ろしていました。一応下をしっかり持って二人でイッセーので持ち上げると、思ったより重く私の方がなかなか持ち上がらず移動に時間はかかるし、重いし、しまいにはエレベーターの角に手はぶつける派手散々な目にあいました。引越しはもっと段取り良くするべきものですね。

次回への対策

重いものを持つ時は何が入っているか分かるようにテープを貼っておくことや、力に自信がなければ人にお願いするなど工夫をした方がいいかと思います。

引っ越しの梱包材の準備はお忘れなく


女性 35〜39歳 専業主婦

学生時代に引っ越ししたときの話です。格安の業者にお願いしたため、業者さんは荷物の搬出入だけという条件でした。荷造りのための段ボールも自分で準備しなければならなかったため、近所のスーパーで空き箱をもらってきて準備は万端。一人暮らしで荷物もあまり多くないため、引っ越し当日の朝にちゃちゃっと段ボールに荷物を詰めれば良いや〜と前日は寝ました。そして、引っ越し当日の朝、段ボールは準備していましたが、段ボールを閉じるガムテープやビニールひもを準備していなかったことに気づいたのです。慌てて近くのコンビニに買いに行きましたが、早朝6時にジャージ姿で慌てて粘着テープとビニール紐を買いに来る客に店員さんの不審そうな顔が忘れられません。

次回への対策

引っ越しの荷造り用品を自分で準備しなければならない方は段ボール箱の他に是非梱包材も忘れずに準備しましょう。

引越しのときにお皿が大量に割れた話


女性 35〜39歳 専業主婦

何年か前に引越しをした際、子供が小さかったので引越し準備がかなりあわただしく、結局お皿もプチプチなどに包まずにそのままダンボールに入れました。引越し業者さんも丁寧に運んでくれるだろうし、まぁ大丈夫かな〜と軽く考えていたのですが、引越し先についてお皿の入ったダンボールを開けてみると、かなりの数のお皿が割れてしまっていました。きちんと梱包しなかった自分の責任なので引越し業者さんにも連絡しませんでした。余裕をもって引越し準備すればよかったなと思います。

次回への対策

不要な家具をリサイクルに出そうとして失敗


女性 35〜39歳 主婦

引越が決まって、2か月前から準備していたのですが、その時点でいらない家具は決まっていたのに、
目先の生活雑貨の梱包にばっかり気を取られていて、
毎日生少しづついらないものを捨てたり、仕分けをしていました。
そうこうしているうちに
家具をリサイクル業者に売ることを、すっかり忘れていて実際リサイクル業者に電話したのが、引越の日の前日だったんです。
するとリサイクル業者の方もトラックの手配等があるので、今日言って明日取りに行くことは出来ないと言われてしまいました。
仕方なく新居の駐車場にしばらく家具を置いていました。大変みっともなかったです。
要らない大型家具をまず1番に処分することが大事でした。
引越の準備として1番最初にリサイクル業者に電話して、引き取ってもらう日時など打ち合わせておけばよかったです。

次回への対策

引越の準備として1番最初にすることは要らない家具の処分です。
リサイクル業者に電話して、引き取ってもらう日時など早めに打ち合わせておけばよかったです。

ずぼらで恥をかきました。


女性 45〜49歳 会社員

今から10年前に、マンションから戸建てに引っ越した時の事です。賃貸マンションで小さい子供も二人いて仕事もしていたのであまり掃除などに手が回りませんでした。
引っ越しは当然のようにラクラクパックで全部お任せだったのですが、当日荷物や家具が次々運び出されると、運び出された荷物の後は埃やごみや汚れがひどく、
自分のだらしなさがばれる様でした。極め付けは洗濯機を運んだ後に私のパンツが埃だらけになって転がっていた事です。
素早く拾いましたが、引っ越し作業の人達は皆若い男性で恥をかきました。

次回への対策

夫にも叱られました。いくら相手が引っ越し業者さんでも恥ずかしかったです。きちんと前の日からチェックしておくべきでした。

話し合いはシラフの時に


女性 45〜49歳 会社役員

引っ越し用に荷物をかなり処分した筈なのに150箱程あった我が家。ちなみに二人暮らし。独身時代10回以上引越しを経験していても夫との相談が重要となる今回は何度も何度も話し合いをして家具の配置や段取りについて決めていくことに。酒好きの夫と夜に込み入った話をするのは大変。意見の対立が毎回口論に発展してストレスマックス。行きつけの居酒屋でも口論。店長さんゴメンナサイ。口論に発展したいきさつを「怒りながら忘れている」人だと20年掛けて知っているのにコチラも感情的になってしまって苦労しました。論点は単純なものばかりで「箱に書く指示の内容」だったり、書く事を分担了承した夫に「ちゃんとやってね」と言うと「なんで俺だけが」という謎の怒りモードに遭う等。シラフや軽い飲酒だと本当にオトナの対応してくれる優しいダンナ様なのですが・・・話が通じない手ごわさを痛感しました。引越し後の片づけも察してください(笑)

次回への対策

込み入った話に限らず、タイミングの判断は気をつけましょう。寝起き・帰宅直後・就寝直前・TV注目や深酒モードなど「今その話必要?」と思われる時や「相手の思考が正常じゃない」時は怒りスイッチがどこにあるか分かりにくい上に突然の勃発になりかねないです。今は無理だろうな、と思ったら時間を先に決めたり早めに危険察知できる様にアンテナを張り巡らせましょう。(記憶なくしモードで怒り始めたら話を止めるルールにしています。私だけが延々覚えているのですけど:涙)

荷物が多すぎる引っ越し


女性 30〜34歳 専業主婦

数年前、父が定年を迎え田舎暮らしを始めるということで、独身で実家暮らしだった私は一緒に田舎へ引っ越すことにしました。当時父は単身赴任中、私は母と別宅で暮らしていました。引っ越しの手伝いをするために父の一人暮らしのアパートを訪れたところ、とんでもないゴミ屋敷であることが発覚しました。部屋は歩くスペースが唯一あるのみで2LDKのアパートがすべてゴミ、雑誌、衣類で埋め尽くされていたのです。引っ越し準備どころか、まずはものを整理、捨てることから始めなければならず、父に対し残念な思いとともに怒りがこみあげてきました。元々物を捨てることができない性格なのはわかっていたのですが、ここまでひどい状態であることに家族として恥ずかしい思いになりました。引っ越し業者が出入りする当日、荷物はまだ片付いていませんでした。業者は箱詰めは手伝ってくれますが、もちろん不要や必要の判断はしてもらえませんのでまだ室内に残されていた不要物も全て箱詰めされ、全て引っ越し先へ運ばれることとなりました。一人暮らしのアパートから運ばれた荷物は引っ越し先の一軒家をいっぱいにするほどの量でした。その後私と母の荷物も運ばれて来たため、引っ越し先は物で溢れかえり生活し辛い状態が続きました。引っ越し費用も余計に掛かり、尚且つゴミを見られる恥ずかしい思いをし、もうあんな思いはしたくないです。

次回への対策

親世代は物を大事にする=物を捨てることができない人が多いと思います。当たり前なことだと思いますが、引っ越しの前に十分に断捨離することを強くおすすめします。

引っ越しの際の忘れ物


女性 35〜39歳 専業主婦

東京都内から広島市内へ引っ越しをしました。引っ越しが決まってから引っ越し日までが1か月弱しかなく準備はバタバタでした。単身での引越は経験がありましたが、その時は親の助けもあったので夫婦二人分の荷物を自分で荷造りするという引越しは初めての経験でした。とにかく目につくものから片付けていったのですが玄関の外にあるメーターボックスの存在を忘れていました。そこに自転車の空気入れを入れっぱなしにしたまま引っ越してしまったのです。県外なので取りに行くこともできず、管理会社に送ってもらうにしても送料の方が高くつきそうなので諦めて処分していただきました。

次回への対策

慣れない引っ越し作業をして


男性 40〜44歳 会社員

初めて引っ越しをしました。あまり荷物は多くないので、車をレンタルするなどして自分一人ですることにしました。
2ヵ月計画で予定を立てて、洋服など軽いものはリサイクルショップに行っていろいろと売りに行きました。結局知り合いが引っ越しの手伝いをしてくれることになりましたが、苦労したのはここからでした。
ダンボールなどを利用して荷物をまとめたのですが、車の中で開かないように、箱をガムテープで縛るなどの作業をしませんでした。
そこに時間がかかって、知り合いに迷惑をかけてしまいました。

次回への対策

引っ越しをする際に事前準備は必要です。その時、ネットで調べたり、友人に聞いて滞りなく進めていきましょう。

思うようにはいかない引っ越し。


女性 45〜49歳 会社員

子供が小さいときに引っ越しをしました。
新婚当時住んでいたところも手狭になり引っ越しを決めました。住み始めたときはそこまで荷物も多くなかったのですが
子供も生まれおもちゃや服などいろいろと増えていました。
段ボールにこと細かく書いてしまっていて何とかわかりやすく、いい感じに引っ越しできそうに思えましたが
前日、洗濯機や冷蔵庫のコンセントは抜いて排水もしておいてください。とのことで
夕飯は食べに行き、冷蔵庫もカラにしておきました。がお風呂は入らなきゃいけない。もちろん着替えも・・洗濯できないからどうしようとなり
引っ越して繋げてからしかできないということでとりあえず袋に入れておくことにしました。袋が見当たらず仕方なくゴミ袋に入れておきました。
もうお分かりだと思いますが、引っ越しを終えて最後にゴミをまとめて出すとき着替えも一式捨ててしまいました。
それも子供とおそろいのお気に入りの服を・・・
引っ越し先について荷物をほどき、洗濯もしないとっと思った時には手元になく
朝出して気が付いた時には夜。すでに遅しで帰ってくることはありませんでした。

次回への対策

着替えはゴミ袋には入れないようにしましょう。
確認しながら片づけしていてもゴミの中までは確認しないものです。

不用品のせいで余計な出費が・・・


男性 25〜29歳 プログラマ

私は4年くらい前に急な転勤で引越しをすることになりました。なにぶん急な話で慌てて引越し先や引越し業者の手配などを行ったのですが、一番困ったのが不用品の整理でした。
私の家の押入れには通販で買ってしまった健康器具や壊れたパソコンなどが埃を被って眠っていたのです。すぐに処分する必要があったために不用品回収業者に持っていってもらうことにしましたが、手数料として合計で2万円以上払うことになってしまいました。普段から不用品が出たらすぐに処分するべきだなと痛感しました。

次回への対策