嫁と姑は永遠に分かり合えないような気がします


女性 35〜39歳 専業主婦

結婚して子供ができた事をきっかけに、義理両親と二世帯住宅のように、マンションの上と下で住んでいました。最初は、嫁として遠慮ばかりしていて、言いたいことは主人に言ってもらっていましたが、だんだん月日が経ち、生活の事、子育ての事を色々と口を出しをくるので、思わず言い返してしまったことがありました。次の日から気まずくなり、私も言い過ぎてしまったと思い、謝罪したんですが、姑からは謝罪の一言もなく、私は正しかったと言わんばかりの態度をとるので、それ以来、姑に何か物申すことは無駄だという事を学びました。

次回への対策

みんながみんなうまくいかないわけではないのかもしれませんが、自分の両親とのような関係を築けないのは悲しいですね。うまく付き合っていくには、程よい距離を保ち、時には、言われたことを聞き流せる人間になることも必要だと思います。

家族だから理解してくれるわけではない。自分で傷を深めないで


女性 25〜29歳 主婦

両親や兄弟でも何でも話してしまうのはあまり良くないと思います。
何でも受け止めてくれる、味方してくる家族ならばいいけれど、批判的な家族にはあまり深刻な話をすることはおすすめしません。
私が本当に辛い時に支えてくれるどころか的外れな批判ばかりで余計に傷をえぐられたことが何度もありました。
1番理解してほしい人達だけれど、理解してくれるとは限りません。
悲しいけれど、辛い時に傷を深めるとわかっていて話すのは辞めたほうが賢明だと思いました。

次回への対策

家族と言えど違う人間なので理解してくれると思わない。
むしろ家族は近いからこそ厳しい目で見てくることも多いと思います。
逆にあまりよくわかってない人の方が理解してくれることもあります。
本当に辛い時は理解してくれる人を探した方がいいと思います。
いるかわからないと思うようであれば、ノートなどに書いて自分の気持ちを認識するといいと思います。
結局は自分のことは自分が1番よくわかるので、自分が良き理解者になることが1番いいと思います。

家族でもお金の貸し借りには要注意です


男性 25〜29歳 物流関係

車の免許を取得し、自分の車が欲しくなった頃の出来事です。
車は欲しいけどお金がなく、働くために必要だったこともあり、家族に車を買う為のお金を借りることになりました。
借りたお金で車を買い、いざ仕事を始めたものの続けることができませんでした。
その結果、返済どころか次の仕事を探すガソリン代もなく、今では顔も合わせられない関係になっています。
仕事を続けられなかった理由は我が家は母子家庭ということもあり常に金欠だったので、通勤の為のガソリン代も出してもらえませんでした。
もう数年経ちますが、電話も何もしてません。
もし機会とまとまったお金があれば返済したいと思っています。

次回への対策

親族間に限らず言えることですが、お金の貸し借りは簡単に考えてはいけません。
間違いなく返済できる、返済を続けていけるという自信がない限り、借りないことをお勧めします。

結婚式への招待をめぐって大モメ!慎重になるべき親族への報告


女性 25〜29歳 会社員

入籍後、待ちに待った結婚式をすることになりました。式場選びから準備から、楽しく夫婦で行っていたのですが、遠方に住んでいる母方の叔父を
呼ぶか呼ばないかでモメにモメてしまいました。
そもそもあまりその叔父とやりとりがなかったため、いきなり「遠いけれど結婚式に来てほしい」と私自身から言うと来たくない場合、相手も断りづらいだろう、と
思って母に代わりに電話をしてもらうことにしました。しかしそれが失敗で母から話を聞いた叔父は「本人から結婚したという報告もないのにどういうことだ」と
ご立腹。さんざんモメた後は祖母(私の母と叔父の母)からも私を批難する電話がかかってくる始末・・・。自分の結婚式でこんな思いをするとは、と
涙が出てきました。

次回への対策

遠方の叔父のために配慮したつもりでしたが、それが裏目に出てしまいました。叔父が気難しい人だということは母から聞いていたので、
あまり考えすぎず順序よくことを進めたほうが良かったかな、と今では思っています。

入り組んだ親族関係に入り込んで大失敗・・・


女性 25〜29歳 会社員

もともとの仲が悪い、私の母とその弟と妹。長女である母に対して、その弟と妹たちはどんなに我が儘を言っても許されると思っている節があり、
姪である私にも酷い要求をしてくることもしばしば。母も母で気が強くて言葉がキツイので母とその弟と妹の関係はもうぐちゃぐちゃ。
母とその弟と妹の母(私の祖母)はどちらかというと兄弟姉妹の味方。母には常日頃から叔父や叔母の愚痴を聞かされ、祖母の家に行けば行くで
母の至らぬところを愚痴られる始末。最初は仲良くして欲しくて聞き役に徹していましたが、そのせいで親戚が集まる年中行事の前に体調を崩すように・・・
これはもう関わらないほうが良い、と悟りました。

次回への対策

親戚だから、親だから・・・という情で愚痴も頑張って聞いていましたが、やはり体によくありません。
自分ができる範囲のことを最低限やるのが一番です。

家族とは、仲良くするべき。


男性 20〜24歳 自動車関係

専門学生3年の時、自分は親と就職先のことで喧嘩をしました。
理由は、自分は県外に出たいのに親は県内就職しろと言ってきたからです。
自分としては、もう地元から離れて独り立ちしたいという思いで一杯でした。
自分は一人息子だった為、両親は頼もしいから近くにいてほしいと思っていました。
しかし、自分は反対を押し切って何も言わず県外に就職しました。
あの頃、両親に何故県外に行きたいか伝えなかったのか、今でも後悔しています。

次回への対策

家族には、思っていることをちゃんと伝えるべきです。
やはり家族は、何よりも大事なものなので、みなさん大事にしましょう。

酒癖が悪い夫の親族を突き飛ばした件


女性 35〜39歳 専業主婦

私は夫のイトコ達と仲が良く、そのお父さんである夫の叔父とイトコと3人で食事に行ったりする仲なのですが、私は双極性障害(躁うつ病)をもっていて
躁状態の時は若干キレやすく、5年前に夫の父の古希祝いで食事会を開いた時に、その叔父がすでに出来上がっており
「おーい、女共は帰れ〜ここからは男だけで飲むぞ〜」と言った事にブチ切れてしまい、叔父の腕をはたいて夫を無理やり連れ帰りました(夫は泥酔すると説教癖と、完全な千鳥足になってどこにでも倒れこんでしまう)なぜブチ切れたかというと、古希のお祝い会を企画して場所も決めて貸し切りにして、とすべて私が組んだのに
その叔父は義父より先に酔ってまだ生まれたてだった夫の姪っ子の前でよろめいてワイングラスを割り姪っ子に当たりそうになったりとしたい放題だったので
最後にブチ切れてしまったのです。
最後に叔父を突き飛ばす形で腕をはたいたので、それ以来きまづくてお正月に2,3分挨拶する程度になってしまいました。

次回への対策

自分の親族が酒癖が悪い人が居ない環境で育ったので、夫の親族たちの酒癖の悪さはいまだに慣れません。お嫁に行ってわかることかもしれませんが、そうだったら旦那さんに言って親族付き合いはほどほどの距離感を保つようにした方がいいと思います。

お子さんがいない人に、不用意なことを言って傷つけてしまった


女性 45〜49歳 専業主婦

私が一人目の子どもを産んで半年ほど経った頃、県外に住む主人の親戚の方々が、子どもの顔を見に大勢で来てくれました。私は嫁として、親戚とも仲よくなるために、いろいろと話しをしなければならないと思いましたが、共通の話題がないので、子どもの話しばかりしてしまいました。
すると、親戚の中に30歳になったばかりで、結婚して2年ほど経った男性が、「うちも子どもが授かるといいんだけどな」と言うので、「きっと、そのうちに授かりますよ」と気楽な調子で言ってしまいました。けれどもその男性は「あんた、よくそんなこと言えるな。子どもができない人の気持ちもしらないで」と怒りだしてしまいました。
その方は、まだ若い男性で、結婚して2年しか経っていないから、子どもができなくて悩んでいるとは知らなかったのです。その時は、自分がそんなにわるいことを言ったつもりはなかったけれど、やはり悩んでいる人にとっては、とても傷つけてしまう言葉でした。
後から、義母からその男性が不妊で悩んでいるらしいと聞いて、本当に後悔してしまいました。たとえ年齢が若くて、結婚してそれほど年数が経っていない方でも、子どもについての悩みは本当に大きいものです。私は不用意な言葉をかけるべきではありませんでした。今でもこのことを思い出すと、申し訳なくてつらい気持ちになってしまいます。

次回への対策

不妊で悩んでいる方にとって、本当にその悩みは深刻でつらいものです。とてもデリケートな問題なので、不用意な発言は慎みたいと思います。もしそういう方が周りにいたら、あえて励ますような言葉をかけたりせずに、黙って見守るのがいいと思います。どんな言葉をかけようが、結局は傷つけてしまうと思います。
それと、自分の子どものお祝いに、自分が良く知らない親戚などが来てくれた時などは、あらかじめ義父母などに、どんな方か聞いて置くことも必要なことだなと思いました。

お年玉はケチらずに気分良く渡す


男性 40〜44歳 会社員

毎年、新年になると親族がやって来ます。正確にいうとやってきました。子供が6人ほどいて、全員にお年玉を渡す必要があります。親族に会うのは嬉しいですが、正直「お年玉を渡したくないな」と思うことが何度もありました。それが顔色や、雰囲気に出ているのかもしれません。ここ何年間は、新年に全く来なくなりました。その来ない理由は「体調が悪い子供がいる」などいろいろですが、避けられている気がします。
恒例行事がなくなって寂しさと同時に、失敗したなと思っています。

次回への対策

お年玉を渡す立場になったら、ケチらずに気分良く子供たちに渡した方が良いです。必ず親族間での人間関係が良好になります。

小さい頃から兄弟って変わらないもの


女性 40〜44歳 パート

私は3人兄弟の一番上の長女で下に2人の弟がいます。
皆結婚してかていもあります。
失敗というか、兄弟は選べませんので失敗というのかわかりませんが…。
真ん中の弟の事です。
小さい頃から八方美人でずる賢いタイプで、何かある度に私に責任をなすりつけてきました。
その性格って変わらないものですね。
未だに尻拭いさせられています。
一時はそんな事が嫌になり大学進学を機に実家を離れ遠い県外へ行っていましたが、最近戻らなくてはいけない事情で実家の近くに住んでいますが、同じ市内に弟も居てこちらが関わらなくても毎週末に連絡が来て顔を合わせていますが何もなく安心していると後になってあーでもないこーでもないと問題が起こります。
トラブルメーカーだという事を自覚させてやりたいのですが、手立てが見つからず。
地元に戻った事が一番の失敗だという事ですね。

次回への対策

家族でもきちんと割り切らないとひどい目に遭う


女性 無回答 フリーランス カウンセラー

私の両親ですが、「助けてあげる事はあっても助けられる事なはい」と思って暮らしています。
それだけ「自分達が可愛い」のです。
自分達の人生だけを豊かにしようとします。
次世代の私の人生など口にしません。
最初から「面倒をみてもらう」と言っていましたし、今もそうです。
言われれば言われるほど人は逃げ出したくなるもの。
何も言わなければ当然親ですから面倒見ようと思います。
でも全部が自分の思うようにする考えが理解できません。
滅多に爆発しない私ですが、ストレスが溜まりすぎて時に爆発する事もありますが、相手には届かないようです。
これはもう自分が割り切るしかありません。
お金に特に食いついてくるので、現金はトラブルの元になるので控えています。

次回への対策

家族でも自分本位に生きている相手とはほどほどの距離感と割り切りが必要です。
時に心を鬼にした方が良いかもしれません。

久しぶりに実家に帰ると、ペースが違ってイライラする


女性 35〜39歳 無職

一人暮らしを10年ほどして、体調が悪くなったので実家に帰って療養中なのですが、今まで一人だったので自分のペースでなんでもやれていたのに
実家に帰ると、家族のペースに合わせないといけなくて、お風呂の時間などを決められて反発したりして親と段々仲が悪くなってきました。
親に面倒を見てもらっているけれど、そこまで束縛しなくてもいいんじゃないかと思い、一緒に生活するのが苦痛になっていました。
今思うと親は家族みんなのためを思って言ってくれていたのに、それに気づかず反発ばかりしていたことを後悔しています。

次回への対策

うっかりお歳暮。近代の親戚付き合いの概念


男性 50〜54歳 会社員

秋も終わりが近付くと次に来るのはクリスマス、ではなく、その前にお歳暮です。
うちはそんなに忙しいものでもありませんが、やはり親戚との付き合いもあり、ある程度は必要になるのですが、
昨年送ってこなくなった親戚に、じゃあうちはいいかな?と安易に考えて、今年は送らなかったんです。
そしたら年明け早々に、その親戚から愚痴を言われました。
とはいっても内容は「うちが大変な時でお歳暮が送れなかったのは悪いが、だからといってそれで縁を切りますか?」というもので。
よくよく考えたら親戚付き合いも疎遠になりがちな近代日本の空気に私も呑まれていたのでしょう。
相手が送らないからこちらも送らない、というのはお歳暮ではありません。
深い反省から始まった新年でした。

次回への対策

お歳暮は日頃の感謝もありますが、あまり付き合いの無い親戚への縁の繋がりを確認する意味もあります。
だから多少の手間とそれなりの出費ではありますが、無闇に止めて良い物ではありません。
近代風に言うなら、相手がメールを返さないから、こちらも返さなくなった、のと同じですからね。

どんなに親しくても自分の子供ではない


男性 55〜59歳 自営業

兄の娘が高校に入学した頃の話しです.
小さな頃から,可愛がっていたので,自分の娘のように感じていました.
有る日,高校に行けないと登校拒否になってしまったのです.
しばらくは,なんとか保健室に行っていたのですが,かなり苦痛になってきたようです.
話しを聞くと,隣の男子が自分の悪口を言って通り過ぎたそうです.
私は「それぐらいで行けないなんて,甘ったれている」と言ってしまったのです.
彼女は私に向かい,私の何が判るのと泣きながら訴えて部屋に入ってしまいました.
私はその抗議する真剣な顔を見て,驚きまし驚きました.
そして,自分の軽率さを汎性しました.
どんな些細なことでも感受性の強い年齢にはそれなりに悩みになるのだと知りました.
親でもない叔父の私が言う言葉ではありませんでした.
今はお嫁に行って普通に話していますが,私は今でも後悔しています.

次回への対策

どんなに親しくても親のような口で話してはいけません.
少し気持ちを離れた目で冷静に話しをしなければいけません.

両親の喧嘩でうんざり


女性 35〜39歳 無職

還暦を過ぎた両親の喧嘩の話です。
一緒に暮らすまでは気づかなかったのですが、喧嘩すると1か月から1年くらい最低限の会話しかしない状態が当たり前だったらしく、
今回の喧嘩は早く終わらせようと思い二人から話を聞きました。
母とはなんでも話せるので、すぐに何で喧嘩して怒ってるのかを聞けましたが、父はもともと家族とはあまり会話をしないので、メールで聞いてみました。
そのメールの内容を母に言って仲直りさせようとしたら、火に油を注いでしまい余計険悪になってしまいました。

次回への対策

両親もいい年だから、余計なことをせずに見守ることも大切なのかと思います。
しかし、仲直りのきっかけを作ってあげるのも必要なので判断が難しいです。
その時は「二人の喧嘩で私の体調が悪くなる」と言って無理やり仲直りしてもらいました。