会社の飲み会には言葉通りではないトラップがいっぱい


女性 45~49歳 会社員

新入社員の時、会社のお酒の席で、上司が「今日は無礼講だ」と言っていたので、調子に乗って無礼を働いたら激怒されました。女子社員の間で「俺の酒が飲めないのか」というセリフは本当に嫌だという話で盛り上がっていたタイミングだったので、上司に向かって「私の酒が飲めないのか」とやってしまったのが最悪です。それ以降、会社では「無礼講トラップにはまった人」としてしばらくの間、笑われていました。本当に大失敗をしてしまったと思います。

次回への対策

飲んでエンジンがかかるので、仕事のお酒の席では飲まないことに決めています。あくまでも「接待の席」と認識して、神経を張り巡らせながら気を付けています。

つかず離れずの関係が一番難しいです


女性 40〜44歳 サービス業

同じくらいの年の人が多い会社です。勤務時間も夜間にかけてなので、どうしても今までの友達と時間が合わずに、職場の人間とご飯を食べに行ったり出かけたりすることが多くなりました。はじめはある程度の距離を取りつつお付き合いしていたのですが、だんだん業務終了後の食事や休日も職場の人間と過ごすことが多くなり、断るにも断り切れない感じになってしまいました。仕事とプライベートの区別がつかなくなってきたので誘いを少しづつ断るようにしていたところ、「冷たい」「感じが悪い」などと悪口を言われるようになってしまいました。

次回への対策

職場の人間とのおつきあいはある程度の距離をおいてほどほどに付き合うのが良いと思います。距離を詰めすぎると仕事とプライベートの区別がつかなくなります。友達感覚になりすぎて業務そのもにも支障が出る場合もあります。

もう二度と会わないと思っていてもまた会うことがあるかも


女性 40〜44歳 専業主婦

以前、正社員として働いていた時のことです。同じ部署に大嫌いな人(男性)がいたので、かなり冷たくしていました。どうせ会社を辞めたら二度と会うこともないし、どうでも良いと思って接していたんです。結局その会社は、結婚を機に退職しました。その後、主人の転勤で他府県に引っ越しました。すると、前に働いていた時に冷たくしていた男性が転職していて、引越した先で主人と仕事で取引することがわかりました。一緒に働いていた時にもっと優しくしておけば良かったと、かなり気まずい思いをしました。もう絶対会うことがないと思っても、またどこかで会うこともあるので、どんな方との縁も大切に丁寧にしなければ、と思いました。

次回への対策

職場を離れたら、学校を辞めたら、引っ越したら、もう二度と会わないと思っていたら大間違いです。どこで誰とどんな縁があるかわかりません。再会した時に気まずくならない人間関係を築いてください。

人が優しそうな社長にたのまれてずるずると


男性 25〜29歳 ホテルマン

職場の社長はとても話が面白く、週末になるといつもご飯をごちそうしてくださり、昔からかわいがってもらっていました。そのため、いつも残業をしなくてはいけなくなると本当に無理でないとき以外は、遅くまで仕事を社長と一緒にしていました。ところが、ある週末に友人の結婚式があるので休みを頂きたいと言った際に、いつも面倒を見ているのだらから、こういう時こそ働いてもらわないと困ると言われ、どうしても式に出席したかった私は喧嘩をしてしまい、その後今までの付き合いがなくなってしまいました。

次回への対策

上司におねがいされ、いつも受け入れて仕事ばかりしていると、大切なプライベートな用事の際にも断りづらくなることがあるので、無理のない仕事への姿勢を心がけるべきだと思います。

気をつけないと言葉は身を滅ぼします


女性 35〜39歳 会社員

総務課長の40代男性、見た目も身のこなしもスマートで、密かに憧れてたんです。
職場の歓送迎会で席が隣になって舞い上がってしまって。その場は課長の気遣いで良い雰囲気のままお開きとなりましたが、歓送迎会の帰り道、舞い上がった気持ちが抜けてなかったのと、お局様たちのご機嫌を気にしすぎて、総務課長の隣は気を使うばかりで疲れた、大変だった的な発言をしてた丁度その時運悪く総務課長が通りかかりました。その時は何も言われませんでしたが、その後退社するまで軽?くシカトされ続け、気まずい気分を味わい続けました。

次回への対策

失敗はなかなか取り返せないものです。言葉は身を滅ぼすこともあります。くれぐれも言動には注意しましょう。

お菓子を持ってくるのは暗黙のルールだった


女性 25〜29歳 パート

女性が多い職場。
休憩時間には自然とみんながお菓子を持ち寄ります。
手頃なものから、お土産、少し贅沢なお菓子など種類は様々でした。
「ありがとうございます」と手を伸ばせば「良いのよ。好きで持ってきてるんだから」と笑顔で返してくれます。

しかし、私はその「好きで持ってきてる」に甘えていたのです。

あまり社交的でない私は人とシェアするという考えも希薄でした。
そのためお菓子も頻繁に持っていくようなことはありませんでした。
もちろん全く持っていかず貰うだけにはならないように気をつけていたつもりでした。

「あの子は貰うばっかりで何考えてるのかしら」

仕事の都合で少し早めに休憩に行くと、先に来ていた方が二人で話しているのが聞こえたのです。
それは私がお菓子をもらってばかりで常識がないという話しでした。
確かに持っていく頻度は少なかったけれど、全く持って行かないわけではなかったのに…。
その時に「好きで持ってきている」が「好きで」だけではないことに気付いたのです。

それからは無理のない程度にできる限りお菓子を持っていくように気をつけました。
職場で嫌われるわけにはいけません。
ましてお菓子を持ってこないことで…。

些細なことで気を抜かない。
仕事でけでなく、いたるところで大事なことなんだと改めて気付かされた出来事でした。

次回への対策

私はお菓子を持っていかないということで、職場の人間関係が悪くなる所でした。
仕事を一生懸命することはもちろん大事です。
しかし人間関係が悪くなると仕事も円滑に進みません。
どうか些細なことと思わず「暗黙のルール」に気づいてください。
人に合わせているつもりでも合っていないかも、と時々思い返してみてください。
それだけで、私のようなくだらない失敗は防ぐことができると思います。

良い人と思われようとして失敗


男性 35〜39歳 製造業

人事異動した先の部署での話なのですが、異動前の部署ではあまり目立たなく、どちらかと言えば地味な感じだったのですが、私は元々いろいろ騒いだりして明るく楽しくしたかったので、異動直後の紹介や歓迎会などで無理して明るく振舞っていたのですが、以前いた部署の人から私がどんな人か聞いていたようで、無理をしていたのがバレバレでした。みんな私が無理をして明るく振舞っていたのを知っていたようで、それを知ったとき恥ずかしくて穴があったら入りたい気分でした。

次回への対策

新しいルールを知らずすみませんでした。


無回答 30〜34歳 ファミリーレストラン。

私が勤めている飲食店では、赤字が指摘される様になり初めた時でした。一週間5出勤となっていたので毎日の会社の動きはそれなりにハークしていたのですが、私が出勤したその日に決まったか、社員の中で私が若かった為、若い店長が指摘しやすかったんだと思いますが、いつもどうりの「メニュー」のオーダーが入ったので、作ったら、「あなたの作り方だとこの商品にいくらかかっているかわかる、もっとケチってもいい」などかなり怒られました。いきなり今日決めた事を頭後なしに怒られました。作る前に教えて欲しい事でした。

次回への対策

まず怒られる無い様に毎日、仕事の内容をこまめに調べたり一緒に働いているす社員の方にも聞いておくと良いと思います。

はじめて知った!職場での人間関係


女性 25〜29歳 主婦

新卒ではじめて社会人としてデビューしたとき。学生気分で「同僚はみんな友達」と思っていました。なので、仕事の愚痴から職場での恋愛事情などをすべてみんなで共有。しかし、ひとりの同僚がそれを先輩へ話してしまい、当時私がある先輩のことが気になっていたことが会社内に筒抜け。他にも社内恋愛をしていた同僚たちのことも筒抜けで、人事異動の事態に発展。共に仕事に切磋琢磨する同僚は大切な存在ですが、友人と同じように全てを公に打ち明けてはいけないな、と社内での人間関係の付き合い方を学びました。

次回への対策

会社の社風にもよるかもしれませんが、社内の人とプライベートは分けて考えるべき。初めはそんな付き合い方少し寂しいな、と思いましたが、それが社会人としての付き合い方だと学びました。

あの時の私の行動は、すみませんでした。


無回答 30〜34歳 惣菜。

私がまだ若い頃小さなスーパーの惣菜を作るバイトをしていた時に、社員不足で私を含め3人でおかず、お弁当等を作っていました。人があり無いため、私一人で3つの鍋に違う料理を一度に作らなければならなくて、毎日やけどが耐えませんでした。そんな中私がまた一度に3つの料理をしている時に、一緒に働いている方があーでもない、こーでもないと注意をして来たのですが、今の作業で頭が一杯だった私は、「これでも一生懸命やっています。」と口ごたえしてしまい、直ぐに悪い事をしてしまとたと思いその方にひたすら謝ったのを覚えでいます。せまる時間の中でイライラしてとってしまった行動でした。反省しています。

次回への対策

私の場合はむすりと、怒っている感じが表にだしてしまったので、少なくても私の様な状況になった場合は、笑顔で違う言い方をしたりした方が良く、気分も悪いのでかならず謝った方が良いです。

人を信じすぎた結果の地獄


女性 30〜34歳 保育士

私の職場では園長が嫌われていました。同僚、先輩から園長のあらゆる情報や悪口などを聞かされ、確かにみんなが言っている通りだと思うことが多々あったため、一緒に少しだけ悪口を話した結果、、、ある日園長に呼び出され、○○先生からこんなことを言ってたって情報が入ったのですがどういうことですか?と。完全にハメられたと思った瞬間でした。しかもチクったのは誰よりも一番悪口を言っていた主犯格。結局気まずすぎて退職するしかなくなりました。

次回への対策

とにかく、悲しいことかもしれませんが、人はまず疑うことから始めたほうが良いということですね。信じることは果てしなく難しいことです。

影口はどこかで本人に伝わる


男性 30〜34歳 会社員

私には職場で嫌いな先輩がいます。その先輩は、新人である私に対して相当厳しく、イヤミ的な事を言ってきたり、理不尽な理由で怒ってきたりします。しかし、周囲の人もその先輩のことをあまり良くは思ってないらしく、ちらほら悪い評判が流れていました。ある日の休憩時間、同僚達とその先輩の影口を話して盛り上がっていたら、少し離れた所から視線を感じました。そちらの方を見ると、その先輩が無表情でこちらを見ていました。次の日からはもちろん今まで以上に当たりが厳しくなり、あの日影口を言った事をかなり後悔しました。

次回への対策

どんな状況であれ、話しというのはどこで誰が聞いているか分からないので、腹立つ相手がいたとしても影口は絶対に言わない方が良いです。

自分のプライベート情報を喋りすぎて失敗した経験


無回答 35〜39歳 デザイナー

もともと私はオープンな性格で、自分の病気や家族構成など、聞かれれば特に秘密を持たないタイプでした。今までは良い同僚、上司に恵まれプライベートな情報を利用されることはありませんでしたが、ある職場の上司は違いました。
1年くらい、皆気づかなかったのですが、上司は他人のプライベートな情報などを、人を陥れることに悪用するタイプだったのです。上司以外の職場の人間同士が、仲良くなりすぎないように、嘘までつく人でした。
そのため、何人も疑心暗鬼になり、精神を病んだり結果罪を着せられ 辞めさせられたりしました。上司とその恋人だけが昇進していくという事態になりました。
結局は上司は社内恋愛でおかしくなり、嘘や本性もばれ、すぐに逃げて辞めました。
しかし上司の本性に気づくのが遅かったため、皆や会社のダメージは計り知れないほどです。
人や社会にうまく取り入って、一見魅力的で仕事もできるけど、実は悪魔で会社や他人はどうでもよく、自分の欲や権力にしか興味のない、本当に関わってはダメな人間がいると、思い知らされました。

次回への対策

本当に怖い悪魔のような性格の人は、1年くらい良い人を演じれます。利用する人やお金がなくなったら、消えていきます。嘘を平気でつきます。嘘とも思っていないのかもしれません。自分のミスは認めません。弱いものいじめを影で陰湿に行います。自分の手は汚していないかのように、嘘やあらゆる方法を使ってきます。自分は正しいと思い込んでいます。
相手は頭がおかしいので、正義感を持って戦ったり訴えても無駄なのです。相手に怒ったりする必要はありません。心に善がないので、改善させようとしても無駄です。関わらず、やり過ごすことが一番です。プライベートな情報は、信頼できる人以外、あまり職場では言わない方がいいですね。

職場の先輩と仲良くなった頃


女性 25〜29歳 販売業

入社して3ヶ月が経つ頃の話です。ようやく仕事にも慣れ、社内の人の顔と名前が一致するようになり、少し上の先輩とも仲良くなった時です。先輩から、今度2人でご飯食べに行こうと誘われ、食べに行くことになりました。会社の不満とかを先輩から聞いていて、ついお酒の勢いもあり、私も会社の不満や悪口を言いました。先輩も共感し、その時はすごく盛り上がりました。次の日出社をすると、私が言った昨日の内容が、いろいろな人に漏れていました。最悪だったのが、悪口を言った人にも耳に入ったことです。すぐに私のところに来て、どういうこと?とキレ気味で聞かれました。もちろん働きにくくなり間もなくして辞めました。

次回への対策

入社して間もない時は、たとえ仲が良くなっても表面上です。本心や性格は把握できませんので、安易に自分から不満等を発信しないことです。

少し強く注意しただけなのにバイト辞められた


女性 25〜29歳 ライター

昔、居酒屋でバイトしていた時の話です。
ホールの接客を任されていた私は、後輩が上手く回せないことに苛立ちを感じながら働いていました。
ある日、後輩が急いでいるあまりにカクテルの濃さを測らずに明らかに薄く作っていたのを見て、「何してるの!商品でしょう!」と強く注意してしまいました。
言いすぎたなと思いあとでフォローしようとしたら、閉店早々に後輩は帰ってしまっていました。
そして、その後後輩が出勤してくることはありませんでした。

次回への対策

仕事で感情的になってはいけません。
また説教をした後は、必ずフォローすること。
それも、すぐにです。
気持ちよく仕事できる環境作りに努めるように。

職場の自由な先輩との短かった幸せ


女性 25〜29歳 ライター

私は数年前に職場の先輩に恋をしました。
先輩は仕事においては尊敬できますが、プライベートは自由人で、遊び人の一面がありました。
私は想いが強すぎて、遊ばれてもいいという一心で先輩と男女の関係になりました。
幸せでしたが、もちろん長く続くはずもなく、先輩は本気の彼女ができてしまいました…職場の後輩です。
私は一緒に働くのがとてもしんどくなってしまい、転職しました。
先輩と男女の関係にならなければ、淡い恋で終われたのかなと後悔しています。

次回への対策

いくら恋でも、仕事が絡むのであれば十分に注意したほうがいいと思います。
その職場を続けたいのであれば、地に足が付いた人か確かめてから恋愛するべきです。

短気は損気は本当ですね!


女性 30〜34歳 会計事務所 月次担当

職場には、女性の先輩が多く、通常から後輩として、いじられていました。
嫌なことがあっても、いつもへらへらしていましたが、仕事上のことで不当にからかわれました。
どうしても腹が立って、言い返したらものすごく態度が悪いように噂を立てられて、ボスまで話がいき私が怒られていまいました。そのボスは、先輩のことをとても頼みにしているので、一方的に私が悪く言われてしまいました。
今でも腹立たしいですが、その先輩に感情的に言い返してしまったのは反省しています。短気は損気だなと実感しました。

次回への対策

例え相手が失礼だと感じても、むっとしても、感情的な言い返しはしない方がいいです。
自分の立場が悪くなってしまいます。

やり過ぎるとストレスになる


女性 30〜34歳 専業主婦

割と完璧を求めてしまうので、出来てないとストレスを感じ、仕事はいつも次の日まで持ち越さないようにしてました。仕事してた頃、リサイクルの分別を任されてた私は仕事の前や終わった後に全てやってました。その光景を見てた先輩方は見る前までやってたのですが、段々私に任せるようになり、作業が3倍に増えてしまいました。手伝って欲しいと頼んでも返事だけで結局誰も手伝おうとしませんでした。それが続いて半年後に病気が発覚し、仕事を辞めるようになりました。完璧にやらなきゃと思ったことが仇となってしまいました。人はズルイ生き物だなと仕事を辞めて分かりました。

次回への対策

完璧さを求めると逆に出来ると思われます。そこそこ手を抜いた方が自分に負担がかからず仕事も任されません。仕事が増えると後々精神的にきます。病気にならないためにも程々が一番です。

仕事が絡んだ人付き合いの難しさ


男性 40〜44歳 自営業

親しくなって一緒に仕事をすることが多くなった人物とのトラブル。
元々同業者で仕事の話で意見が合うことが多くプライベートでも親睦が深くなったが、その人物が人との距離感が近すぎる人だった。
こちらは仕事仲間だと思っていたが友人のようなつきあい方に変わっていきプライベートで縛られる事が多くなった。
仕事があるので邪険にすることもできず色々面倒になった。徐々にこちらから距離を取るもこちらが引いた分相手が踏み込んでくる有り様で結局疲れてしまい、その時の仕事もろとも関係を断ち切ることになった。

次回への対策

現在は相手の人柄、性格を深く知った上で人付き合いをするように心がけています。仕事とプライベートはある程度分けて考える人物とお付き合いしたい。

自分より年上で、仕事ができる部下との人間関係での失敗


男性 40〜44歳 介護

当事、私は30歳で部長を任せられました。当然、周囲には私より早く会社に就職した先輩や年上の方はもちろんのこと、正直、私よりも仕事が出来る方が何名かおりました。その中のひとりの方とこれまではお互いが主任級という立場ではあったものの、資格の違いや業務内容などで別の役割を担っていたこともあり。お互いが相談しあい、より良い関係が築けていたのですが。ちょうど、その年から会社でも人事評価を取り入れたこともあり。私がその年上の方の評価をすることになりました。もともと資格や業務が違う方ですから評価ポイントはあるもののどのように評価するべきか?こちらからみて不足している部分に対してどのようにフィードバックし理解していただくべきか個人的にも悩み、上長ともよく話し合ったりはしたものの、特別改善されることもなく、業務をこなすことだけで精一杯の状況でした。そのことに嫌気がさしたのか?些細なことで口論したのをきっかけに人間関係がギクシャクし、お互いがメールで重箱の隅をつつくだけの間柄となってしまい、気付いた時には挨拶をかわすことすらもなくなっていました。

次回への対策

多忙で時間がとれない場合、相手とのコミュニケーションをメールで済ましてしまうことが多くなってしまいます。そのことで変な誤解を招いてしまうことがあるので、内容によっては、きちんと相手の顔を見て会話することが必要だと感じています。