問題集はたくさん買っても意味がない


男性 20〜24歳 学生

中学・高校、あるいは大学の勉強で問題集を必ず買うと思います。
そして、その一冊を解き終わたあと、また新しい問題集を買うという勉強方法をしている人がいると思います。
はっきり言って、この勉強方法では自分の苦手分野の発見や攻略に繋がりません。
私自身、何冊も問題集を買って、全ての問題を初見で解けるようにならなければと思っていました。
しかし、実際にはそのようなことはできず、完全にやる気を失ってしまいました。
その時、学校の先生から「いつも同じところで間違えている。腰を据えて解け」と指摘をされました。
この時、私は問題集は出来た出来ないを気にするのではなく、苦手な部分を発見して潰していくための道具なのだと気付いたのです。
それ以降、問題集は1冊に絞り、それを何度も繰り返して解くことを実践しました。
すると、何度も間違える部分があることが分かり、この部分を重点的に学べばいいんだということをはじめて実感することができたのです。
この境地に至るまで、何万円もの書籍代と何時間もの時間をムダにしたと思うと、非常に悔しく情けない思いでした。
こんな失敗をしないためにも、問題集は1冊を解き込むことを意識して欲しいと思います。

次回への対策

問題集はあくまでも自分の苦手な部分を発見・攻略することにあり、何度も繰り返して解くことに意味があるのです。
はじめて買った問題集で出来ないところがあるのは当たり前ですが、問題は2回目・3回目以降になってもまだ間違える部分にあります。
つまり、何度も間違える部分があなたにとっての苦手であり、攻略する必要がある部分なのです。
この自分の苦手分野を知るためには、何度も問題集を解き直さなければいけません。
問題集を1回解いて出来た出来ないで一喜一憂しているようではまだまだなのです。

空いた時間に勉強!の罠


女性 25〜29歳 パート

休職をしていた時期があり、時間があったので資格を取ろうかと思ってチラシをみて資料請求をし、テキストを購入しました。
自分の好きな時間や自宅で勉強できるのがいいなと思ってやり始めたのですが・・・
ズボラな性格な上になんとかなる精神の私は大失敗。
最初は暇なときに毎日数ページずつ勉強しましたが、だんだん「これぐらいなら明日まとめて2日分やればいいや」と計画がズレ始めました。
自分の好きな時間にできるからこそ誰にもサボっているのがわからず、どんどんテキストも放置気味に・・・。
結局試験もうけずにテキスト代を月々払うだけになり無駄な出費になりました。

次回への対策

暇なときにやればいいや、ではなく勉強する時間を決める。
家族などに勉強していることを知ってもらう。(たまにテキストを見せたりするとさぼり防止になると思います・・・)
カレンダーなどに勉強した日を記入していく。

中高一貫校は大学受験が難しい


女性 20〜24歳 大学生

中高一貫校に6年間通っていました。中高一貫ということはもちろん高校受験はありません。それを目当てに中学受験をさせる親も少なくはないと思います。しかし、中学受験を自ら選んだ子は別ですが、やらされたと感じた子は中高一貫に入るとあんなに勉強させられたのだから、しばらく勉強はいいじゃないかという気分になるようです。これは自分の体験もありますが、現在行っている塾講師のバイト先でも中高一貫校の子供たちが口をそろえて言っていることです。そうすると中学の間の勉強がおろそかになり、学校の授業についていけず、それでも高校受験なく高校に進学できます。中学の勉強がわからない子が高校の勉強がわかるはずもなく、しかし高校受験もなかったため焦りもなく大学受験の壁に直面するのです。

次回への対策

中高一貫校に入れただけで満足するのではなく、今の学校の授業についていけているかをこまめに子供に聞きながら成績表をきちんと確認することを保護者の方にはお勧めします。コミュニケーションの一つにもなりますし。進学校に入っていれば学校の授業にちゃんとついていければそこまで苦労することはないと思います。

中学受験は自分でやりたいと思ってやるもの


女性 20〜24歳 大学生

私は中学受験を経験しました。5つ年の離れた兄が中学受験をしていたため、私もする流れになっていました。受験勉強始めたのは小学校4年生のころ。最初は兄と同じ学校に行きたいという思いが強く、自分から塾に行きたい!と親にお願いしたのを覚えています。しかし、集団の塾に入ってみたはいいものの、勉強があまりにもわからない…。学校の授業とはレベルが違いすぎて特に算数はついていけず。受験組が当時少なかったため、塾を理由に学校の友達とも遊べないのは少しずつ遊びに誘ってもらえない原因にもなりあの3年間はきつかったです。途中でやめたくなっても言い出せず、ついに受験まで行きましたが結果はあまり出せず。結局第3希望の中学校に進学しました。

次回への対策

教師の言うことをしっかりやって失敗


男性 25〜29歳 会社員

私は大学受験に向けて高校一年の頃から学校の教員の言う通りにしっかりと勉強をしましたがまったく学力はつかず、模擬試験で常に偏差値は低かったです。しかし、校内の成績はそれない悪くなかったので、今は実力が模擬試験の成績に出ないだけもっと努力すれば成績が上がると思っていましたがそれでも一向に模擬試験の成績は上がりませんでした。後でわかったことなのですが、根本的に学校の勉強だけでは勉強量が足らず実力がついていなかったのです。

次回への対策

受験勉強は誰かに頼らず自分が主体となって臨機応変にやらないと成績は上がらないので、教員の言うことを鵜呑みにしてはだめです。

体調は万全にして臨みましょう


女性 20〜24歳 会社員

高校は地方に住んでいまして、東京の一般大学受験をするために東京の親戚宅に一週間宿泊して受験に臨みました。
それまで東京には何度か遊びに来ており、路線の乗り継ぎや人の多さには多少なりとも慣れていたのですが、
あちこちの大学を受験するためには朝から動く必要があり、とてつもない朝の満員電車に圧倒され、また試験のストレスから高熱を出してしまいました。
親戚の叔母にはだいぶ心配をかけ、案の定試験は熱のためぼーっとして集中して解くことが出来ませんでいた。
何とか滑り止めの大学に合格して無事に進学できたのですが、体調は万全にして臨んだほうがベストですね。今でも自分の教訓となっています。

次回への対策

試験会場はあらかじめ下見をする。(試験時間に合わせて同じ時間に出て慣れておくといいですね)
また風邪には十分注意する。手洗いうがいをしっかりと。

教職課程で不合格とその後


男性 45〜49歳 塾講師

私は語学系の大学に通っていました。中学・高校の教員免許を取得しようと思い、教職課程を履修しました。しかし、教科教育法という単位を落としました。その先生は本当に教師になりたい人にしか単位を与えない、3分の1以上は落とすと最初の授業で宣言しました。再履修したくても、既に卒業単位を満たしていたので留年することもできませんでした。大学にお願いし、新たに聴講制度を作ってもらい、一旦卒業してから一年間大学に通わせてもらいました。そこまでして教員免許を取得したのは、数十人不合格した中で私を含めたった2人でした。

次回への対策

先生は、ただ資格が欲しいだけの人には教員免許を与えませんと言いました。その職に就きたいのであれば、本気で努力しなければならないと思います。私の通った大学は語学系でしたので、外国人教師がたくさんいましたが、日本の大学生が勉強しないことをいつも嘆いていました。

合格できるだろうと慢心して失敗


男性 30〜34歳 自由業

仕事をする上で、資格を取得する必要があり、通信教育を受けることにしました。
勉強を始めた時点では、分厚いテキストを開いては、さっぱりわからず頭を抱えていましたが、数ヶ月経つと、内容も徐々に分かるようになり、定期的に行われるテストで、合格圏内に入るまでになりました。
この時点で、慢心せずに、より良い点数を取れるよう継続して努力しておけば良かったのですが、一人で勉強していることもあり、もう大丈夫だろうとついつい怠けてしまい、結果、1点足りずに不合格となりました。

次回への対策

独学の場合、モチベーションを維持するのが大変だと思いますが、勉強仲間を作ったり、合格ラインより高い点を取ることを自信に課すなどしたら良いと思います。

WordとExcelの試験に見事失敗して落ちました


女性 25〜29歳 駅清掃員

一般事務の仕事に就きたくて、WordやExcel検定の資格勉強をしました。
個人での申し込みで、家にあるPCにWord・Excelソフトが入っていたので、本屋で参考書を買って参考書を読みながら勉強したのです。
勉強は1週間で1日3時間行いました、申し込んでもう少し猶予がありましたが、それでも仕事が忙しくてなかなか勉強する時間が取れなかったのです。
資格はWord文書処理技能認定試験3級、Excel表計算処理技能認定試験3級を受ける事にしたのですが、甘く見ていました。
資格のHPに過去問題が載っていてスラスラ解けたので、大丈夫だろうと思っていました。
しかし試験はどちらも落ちました、過去問が解けたからと言って基本が全然判っていなかったからです。
3級は簡単だから落ちる人なんていないと聞いていたのにショックでした。

次回への対策

資格の勉強は書いて・読んで・実技で覚えるようにした方がいいです。
過去問題が解けたからと言って安心せず、基本をしっかり勉強して応用にも対応できるといいでしょう。

生きたかった高校に受験勉強が足りずに落ちてしまいました


女性 25〜29歳 駅清掃員

高校は美術の勉強も出来る、公立の所を受験しました。
しかし私は中学の2年〜3年まで不登校で碌に勉強もしていない事から、数学と英語が全く解けなかったのです。
受験内容は国・数・社・理・英の5科目と美術科は写生もありましたが、私は国・社・理と美術に自信があったので、2科目位落としても大丈夫だろうと高を括っていました。
一応毎日家で2〜3時間自分なりに勉強していましたが、当然自己流ですから出題範囲も全く判りません。
その結果、得意だと思っていた3科目もあまり解けず、そして壊滅的に数学と英語が判らずほぼ白紙で提出しました。
フリースクールに通っていたので出席日数と、そして写生は出来ましたがしかし勉強がついていかず失敗して落ちてしまったのです。
併願で私立の高校には受かったのですが、本当に行きたい高校へは行けずに気持ちが燻ってしまいました。
もしも戻れるのなら、もっと腰を入れてしっかりと勉強しておけばと今でも後悔しています。

次回への対策

学校へ登校している場合はちゃんと授業を受ける、不登校の場合は担任に出題範囲を聞くといった事も大切です。
そして2〜3時間では足りない場合は、根を詰め過ぎてもいけませんが、もう少し集中して勉強時間を増やした方がいいでしょう。

過去問を解かない失敗


女性 30〜34歳 家事手伝い

法律系の資格勉強をしていましたが、不慣れな言葉も多いし問題の内容もつかみにくく、テキストばかり読んでいました。
過去問を解くことはとても大事だとよく聞いてはいたのですが、解こうにも何を言っているのかわからないし・・・という状態で、結局ずっとテキストを読むことから離れられませんでした。
試験直前にやっとテキストを1週し過去問に着手しましたが、問題を解くのに必要なスキルが全く身についていなかったため、言っていることはわかるのに解ききれませんでした。
知識を得ることは出来ていたのに、資格に合格するための勉強になっていなかったことを痛感しました。

次回への対策

絶対に最初に過去問を解くことをおすすめします。たとえ何を言っているのかさっぱりわからなくても、宇宙人の言葉を読んでいるような気になったとしてもです。
どんどん解いて1周する頃には、自分の受ける資格試験では何が求められているのかわかるようになります。
そのあとにテキストを読めば、どこに重点をおいて読み込めばいいかが分かるようになり、力の配分が出来るようになります。
テキストには様々な情報が詰め込まれていますから、過去問を解き自分で重要度の高い知識をピックアップして効率よく学ぶことが大切です。

カリスマ教師のワナに注意


男性 30〜34歳 会社員

とりあえず予備校のカリスマ教師の授業を受けようと思い、ネットでどの教師がいいのかを調べるのにかなり時間をかけてしまいました。カリスマ教師の授業を聞いているだけで、学力が上がると思い込み、自習室での勉強はあまりしていませんでした。そのうえに、学校の授業はおろそかになって、夏の模試でE判定ばっかりに、秋からはまた違うカリスマ教師を探す、そして、授業は聞いているだけという悪循環に嵌まってしまい、滑り止めのはずの大学にも不合格でした。

次回への対策

カリスマ教師の授業を聞いているだけは、学力は上がりません。授業はわかりやすいですが、予習復習が大事です。

漢字検定の試験に合格したと思ったら


男性 40〜44歳 会社員

小学生の頃から漢字を学ぶのが大好きで、漢字のテストではかなり良い点数を取っていました。大人になって恐らく余裕だと思って、漢字検定の2級を目指すことにしました。なぜ2級かというと、準1級レベルだと難しくて時間がかかること、また不合格になると確信したからです。
軽く勉強していれば良いと余裕に構えていました。

問題集を購入しましたが、苦手な四字熟語などはほとんど勉強しませんでした。
その四字熟語がネックとなり試験に落ちました。

次回への対策

どんな資格試験でも手を抜かずに真剣に勉強することです。そして、苦手な分野は徹底的に勉強することも必要です。

忙しさにかまけて資格試験を3年連続失敗


男性 35〜39歳 会社員

介護職を5年以上続けて来たのですが、事情があって異業種に転職しました。その後、家族の事情で実家に戻らざるを得なくなり、仕事を探そうとしていたところ、ケアマネージャーの求人が多いことに気づきました。資格と実務経験もあればなんとかなるのではないか、そう思いながら試験の日程などを調べると、毎年秋ごろに試験があることを知りました。ただ、仕事をしないと食べていけないので、介護と別の仕事をしながら通信教育で勉強しようと考えました。通信教育のテキストを見ながら、新しい仕事を覚える日々だったのですが、当時仕事でトラブル対応や人手不足で帰宅が遅い日々が続きました。そうなると、休日はストレスを発散させるために遊びに出掛けてしまい、平日は疲れからかテキストを読む気にもなれず、いよいよ試験当日を迎えることになりました。テキストをとりあえず買ったり、模擬試験を受けたのですが、買っただけで終わってしまい、模擬試験で間違ったところを復習する時間を取らなかったので、最終的に不合格となりました。来年こそはと思い、再び気合を入れ勉強し直そうとするのですが、夏頃になると何故か仕事上でトラブル対応をお願いされることがあり、忙しさにかまけて勉強する時間を取れずに3年連続失敗してしまいました。

次回への対策

受けようとする資格試験の難易度や合格ラインが見えない点があるのですが、3年連続失敗する原因として計画性がなかったからだと反省しています。いくら忙しくても、この日は勉強する日というのを決め、計画的に進めることが重要だと思います。

何をやっていたんだろう


男性 40〜44歳 会社員

高校はある大学の付属高校でした。ですからほとんどの生徒が大学に行けます。ほとんどいう部分がみそで当然行けない人もいます。希望の学部に入れない人もいます。

私は当然大学にいけるものだと思い、高校時代、適当に勉強をしていました。親と相談して、塾にも通い万全の態勢を整えていました。
正直、成績は芳しいものではなかったです。

試験当日、苦手だと思っていた数学で良い成績を収めて、得意だと思っていた国語が失敗しました。
結局、国語の成績が尾を引いて受験に失敗して一浪しました。

次回への対策

付属高校だと高をくくらずに、しっかり勉強することが大事です。塾に通うのであれば、親にお金を出してもらっていることを忘れずに、勤勉に励むように。

その場しのぎの勉強法はだめ。


女性 35〜39歳 専業主婦

学生時代は、いつもテストの前日のみ、いわゆる一夜漬けの勉強方法しかやりませんでした。
なので、最低減のことしかしなかったので、赤点ギリギリ通過をしていました。当時はそれで納得をしていたのでしょう。
でも今思うと、もっと前から真剣に勉強をしていたら少しでも上のランクの学校へ行けていて、人生も変わっていたんだろうと後悔しかありません。
一夜漬けはその場しのぎのやり方だと、どうしてわからないのか。
当時からきちんと予習。復讐をしてる人は本当に賢いです。

次回への対策

嫌でも、テストの一週間前から余裕をもって勉強をしておいた方が絶対にいいです。
一夜漬けは、駄目です。
将来、優雅に幸せにくらしたいのならば、学生時代に勉強はしとくべきです。

お金を出す事を躊躇して受けなかった資格


男性 20〜24歳 フリーター

かつて専門学校でITパスポートと呼ばれるITの入門資格を合格し、その後に基本情報技術者試験の資格を受けるかどうかの選択を迷った事があります。
当時私は1人暮らしで基本情報の資格まで必要ないかなと思っていた事と、お金を使い過ぎる事を躊躇っていた私は基本情報の授業受講をしませんでした。
しかし、今の私はその事を後悔しています。自分で取れるかもしれなかった資格は是非受けるべきだったと。
資格があればそれだけ魅力的な人材になります。社会に出て私は資格を不合格でもいいから受けるべきだったと後悔しています。

次回への対策

将来的に資格が必要があるとその人の能力が高く評価されます。
今あるチャンスを絶対に逃さないようにして、将来的に自分が働きやすくする為に。
また今では社会に出てからも職業体験、という社会勉強で資格を取る事も出来るので、今後は利用出来る事を全てフル活用しながら生活していきたいと思います。

英語の単語だけ覚えていたら失敗した。


男性 20〜24歳 学生

僕は英語が苦手です。難しいです。英語の授業は退屈です。英語のテストがあるので、テスト勉強をしました。英語のテストは教科書やプリントなど勉強してきたところから出題されるから勉強しなさい。と言われました。なので、英語の単語をたくさん覚えてました。短い英単語は覚えられますが、長い英単語は難しいです。また、頭が痛いです。それでも、英語の単語だけ覚えようとノートにも書いて、勉強しました。そして、テストの日がやってきて、受けました。その結果、30点でした。先生にはもう少し頑張りなさいと言われました。英語は難しいです。

次回への対策

英語が分からなかったら、英語の基礎から勉強し直す事が大切だと思います。僕はアルファベットは全て理解して、かけますが、英単語の順序や形式がいまだに理解していません。なので、英単語を覚えるのも大切ですが、まずは英語の基礎から勉強をし直す事が大切だと思います。

司法書士試験に当然のごとく落ちる


男性 40〜44歳 会社員

年収で1000万円以上稼げる、簡単に独立出来るという安易な理由及び、大学が法律学部出身のため司法書士を目指すことにしました。
早速専門学校に入りました。最初は頑張っていましたが、しだいにつまらなくなり、勉強をサボるようになりました。2か月ほどして専門学校に通わずに、映画館に行くようになりました。当然授業についてこれず専門学校に通う頻度が少なくなりました。
受験が始まる2か月ほど前に、専門学校の自習室に行って独学で勉強しましたが、時すでに遅し。

ほぼちんぷんかんぷんの状態で受験して、当然落ちました。
良い思い出ではなくて、遺憾千万、後悔しています。

次回への対策

お金が稼げるなど、安易な理由で勉強しない方が良いです。実際に試験に合格しても、すぐに大金を得れる資格はないです。

いろいろ調べて自分に向いた資格を選ぶ方が良いでしょう。

友達と一緒に勉強するのは難しい!


男性 15〜19歳 大学生

友人と一緒に自宅で勉強会をする事になりました、お菓子を持っていたり等を相談して、ものこの時点でとてつもなく怪しいのですが決行しました。
最初の30分くらいはまじめに勉強していたのですが、休憩を称して漫画を読み始めた辺りからだんだんと雰囲気に流されはじめ、徐々に勉強と休憩の比率が
逆転していきました。最後には楽しく遊んでその日の勉強会らしきものは終わりました。
その後も勉強会という名の集まりをちょくちょくと行いました。

次回への対策