問題集はたくさん買っても意味がない


男性 20〜24歳 学生

中学・高校、あるいは大学の勉強で問題集を必ず買うと思います。
そして、その一冊を解き終わたあと、また新しい問題集を買うという勉強方法をしている人がいると思います。
はっきり言って、この勉強方法では自分の苦手分野の発見や攻略に繋がりません。
私自身、何冊も問題集を買って、全ての問題を初見で解けるようにならなければと思っていました。
しかし、実際にはそのようなことはできず、完全にやる気を失ってしまいました。
その時、学校の先生から「いつも同じところで間違えている。腰を据えて解け」と指摘をされました。
この時、私は問題集は出来た出来ないを気にするのではなく、苦手な部分を発見して潰していくための道具なのだと気付いたのです。
それ以降、問題集は1冊に絞り、それを何度も繰り返して解くことを実践しました。
すると、何度も間違える部分があることが分かり、この部分を重点的に学べばいいんだということをはじめて実感することができたのです。
この境地に至るまで、何万円もの書籍代と何時間もの時間をムダにしたと思うと、非常に悔しく情けない思いでした。
こんな失敗をしないためにも、問題集は1冊を解き込むことを意識して欲しいと思います。

次回への対策

問題集はあくまでも自分の苦手な部分を発見・攻略することにあり、何度も繰り返して解くことに意味があるのです。
はじめて買った問題集で出来ないところがあるのは当たり前ですが、問題は2回目・3回目以降になってもまだ間違える部分にあります。
つまり、何度も間違える部分があなたにとっての苦手であり、攻略する必要がある部分なのです。
この自分の苦手分野を知るためには、何度も問題集を解き直さなければいけません。
問題集を1回解いて出来た出来ないで一喜一憂しているようではまだまだなのです。

空いた時間に勉強!の罠


女性 25〜29歳 パート

休職をしていた時期があり、時間があったので資格を取ろうかと思ってチラシをみて資料請求をし、テキストを購入しました。
自分の好きな時間や自宅で勉強できるのがいいなと思ってやり始めたのですが・・・
ズボラな性格な上になんとかなる精神の私は大失敗。
最初は暇なときに毎日数ページずつ勉強しましたが、だんだん「これぐらいなら明日まとめて2日分やればいいや」と計画がズレ始めました。
自分の好きな時間にできるからこそ誰にもサボっているのがわからず、どんどんテキストも放置気味に・・・。
結局試験もうけずにテキスト代を月々払うだけになり無駄な出費になりました。

次回への対策

暇なときにやればいいや、ではなく勉強する時間を決める。
家族などに勉強していることを知ってもらう。(たまにテキストを見せたりするとさぼり防止になると思います・・・)
カレンダーなどに勉強した日を記入していく。

その場しのぎの勉強法はだめ。


女性 35〜39歳 専業主婦

学生時代は、いつもテストの前日のみ、いわゆる一夜漬けの勉強方法しかやりませんでした。
なので、最低減のことしかしなかったので、赤点ギリギリ通過をしていました。当時はそれで納得をしていたのでしょう。
でも今思うと、もっと前から真剣に勉強をしていたら少しでも上のランクの学校へ行けていて、人生も変わっていたんだろうと後悔しかありません。
一夜漬けはその場しのぎのやり方だと、どうしてわからないのか。
当時からきちんと予習。復讐をしてる人は本当に賢いです。

次回への対策

嫌でも、テストの一週間前から余裕をもって勉強をしておいた方が絶対にいいです。
一夜漬けは、駄目です。
将来、優雅に幸せにくらしたいのならば、学生時代に勉強はしとくべきです。

友達と一緒に勉強するのは難しい!


男性 15〜19歳 大学生

友人と一緒に自宅で勉強会をする事になりました、お菓子を持っていたり等を相談して、ものこの時点でとてつもなく怪しいのですが決行しました。
最初の30分くらいはまじめに勉強していたのですが、休憩を称して漫画を読み始めた辺りからだんだんと雰囲気に流されはじめ、徐々に勉強と休憩の比率が
逆転していきました。最後には楽しく遊んでその日の勉強会らしきものは終わりました。
その後も勉強会という名の集まりをちょくちょくと行いました。

次回への対策

一夜漬けはやっぱり駄目


男性 15〜19歳 大学生

学校での期末テスト、範囲がとても広く勉強時間の配分を間違えてしまい、どうしても時間が足りなくなってしまいました。
仕方なく一夜漬けををしてみようかと思う実行しました、しかし頭に上手く入ってこないわ眠くて集中できないわで大変でした。
次の日の朝も起きるのが苦痛でテスト本番もぼやけた頭で臨みました、正直な所通常時での状態で受けた方がよかったと思えるような内容でした。
ちゃんと予定表のノルマをしっかりとこなし、余裕ももって臨めばよかったと思いました。

次回への対策

好きな教科から勉強する方法での失敗


女性 25〜29歳 販売業

私は苦手な教科は後回しをする癖があります。好きな教科が数学だったのですが、そればかりをひたすら学んでいました。時には放課後に先生に質問をしに行くほどです。ある程度得意な勉強が終わり、苦手の教科を取り掛かろうとしました。集中できなかったり、得意な数学が気になってまた勉強してしまったり、なかなか覚えられず、しまいには眠くなってしまうという繰り返しで、結果的に得意な教科だけ偏差値が伸びて、苦手な教科は苦手なまま終わり高校を卒業しました。

次回への対策

やはり、苦手な教科も得意な教科もバランスよくするのがいいと思いました。好きな教科だけずっとしても、全教科の偏差値は上がらないと思いました。

失敗!寝不足で記憶が吹っ飛びました。


女性 30〜34歳 主婦

高校の定期テストの時のことですが、睡眠時間2〜3時間の寝不足状態でのテスト勉強が数日続き、最終日に行われた化学のテストで突然頭の中が真っ白に…。よほど疲れが溜まっていたのか、せっかく覚えたことがほとんど吹っ飛んでしまいました。一生懸命思い出そうとすればするほど泥沼にはまり、焦って余計に思い出せず…。案の定、そのテストの点数はとても悲惨なものでした。その時、テスト勉強は徹夜でするよりも普段からコツコツとしなければならないということを身をもって思い知りました。

次回への対策

失敗。一夜漬けでテストに挑んだ結果


女性 25〜29歳 販売業

中学生の時の話です。私の勉強方法はいつも一夜漬けです。今までそれでなんとかなっていたので、今回もテストを三日前に控えてましたが、今まで通り前日に覚えればいいやという思いで、直前までテレビを観て楽しんでました。いよいよテスト1日前です。一夜漬けをしなければと思い勉強机に座り、ノート読み直していました。気がついたら寝てしまい、朝になっていました。今まで味わったことのない不安と焦りとで動揺してしまいました。しかし、時はすでに遅しです。何をしても間に合いません。その結果、悲惨な点をとりました。

次回への対策

計画性がないのが一番の要因です。ギリギリまで何も勉強をしなかったのがダメでした。少しだけ寝るという考えもよくなかったです。

計画的に勉強をしようとしたけど


女性 25〜29歳 販売業

高校二年生の冬の期末試験の時の話です。勉強が得意のほうではなかったので、クラスの中でもいつも下から数えたほうが早い順位でした。今回こそは上位を狙おうと早めに勉強をし始めようと決めていました。始めの頃は順調に進められました。後半、余裕がでてきて、少しくらい一息としてマンガを読もうと思いました。その結果、マンガに夢中になりすぎて、完結するまで読みたくなってしまい、結局全て読みきってしまいました。ほとんど勉強にならず、最終的にまたいつも通りいい結果が出せませんでした。

次回への対策

まだ勉強の途中と状態で余裕と感じるのがよくなかったです。マンガを読むなら、まずは全ての勉強を終わらせてらかが良かったです。

高校の期末試験になると必ず。。。失敗あるある


女性 25〜29歳 販売業

試験が終わるたびに、いつもちゃんと勉強をしていれば良かったと後悔してしまうことが毎回あったので、高校の三年生の時に、今回こそは計画的にしっかり勉強をして納得がいく点をとるぞ!と意気込んでいました。テスト勉強は家でしていました。誘惑が多く、お菓子を食べながらとか、ついついテレビを見てしまったりと、なかなか集中できずでした。これではまずいと思い、集中しようとすると眠くなり、少しだけと思い寝たら朝になっているということが続き結局、この時も後悔をして終わりました。

次回への対策

家での勉強はよくないと思いました。図書館や学校など違う場所の環境でしたほうが集中できると思いました。

公文の先取り学習が、逆に学校の勉強の足を引っ張ることになり失敗。


女性 15〜19歳 主婦

小さい頃からずっと公文をやっていたので、学校の授業よりも先取りして学習していました。だから学校の授業は簡単すぎて退屈で。「どうせ私はわかるし?」と舐めた態度で授業をとっていました。でも中学校に入ると急に授業のスピードも速くなりますし、公文ではやっていないような図形の勉強も増えてきます。成績があまり振るわなくなったかな?と気づいた頃には周りに抜かされていました。「私には公文貯金があるから大丈夫!」と思っていましたが、1度成績が落ちると這い上がるのって大変なんですね。そのまま成績が上昇することはありませんでした。

次回への対策

親も私も忘れていたのですが、何はともあれ学校の授業が一番大事です。その補足として塾や公文などをするのはいいと思いますが、補足部分に重きを置きすぎて学校の授業をおろそかにすることは絶対にあってならないことだと思います。

カンニングで上手く言っても


男性 40〜44歳 会社員

一時期カンニングにはまったり、一夜漬けにはまったことがあります。苦手な科目は勉強したくないので、いかに楽をするか考えて実行していました。あまり良い点数は取れませんでしたが、なんとか無事に試験は終了していました。
その楽さ加減が身に付いて、勉強をほとんどしなくなった時がありました。勉強をするのが馬鹿らしいという感じでした。
そうなると、普段から自分の頭で考える思考力が落ちて、計算など鈍くなり、集中力も落ちてきました。

あまり良い点数をとれなくなり、きつかったです。

頑張って勉強すればそれなりの思考力や、集中力も身に付くことを実感しました。

次回への対策

カンニングや、一夜漬けに頼らず勉強しましょう。仮にカンニングなどが上手く言っても、人生そのものを舐めてあとで後悔することになりますよ!

試験勉強の方法を間違え失敗


女性 30〜34歳 会社員

よく試験勉強や資格取得のための勉強を3日間ほど徹夜の状態でしていました。
若い頃はそれでもなんとかやっていたのですが、年齢を重ねると無理がでてきます。
ある時、会社で仕事の為に資格を取得しなければならなくなり、同じように徹夜でやっていたのですが、仕事に身が入らず凡ミスを多発させてしまい上司からチクリと嫌味を言われました。
また仕事中の眠気も半端ではなく、試験終了後に熱が出てダウンしてしまいました。
この事から勉強は日ごろの積み重ねが大事で決して徹夜などするべきものではないという事を身をもって感じました。

次回への対策

【失敗】友達と一緒に勉強をした結果


女性 25〜29歳 販売業

テスト期間中は家で勉強をすることが多いのですが、一人だと怠けてしまいちゃんと勉強ができないことが多々ありました。ですので、今回は友達と一緒にファミレスで勉強をすることになりました。ドリクバーもあり、勉強しやすい環境でした。最初は2人ともものすごい集中力で口もきかずひたすら勉強をしていました。少し疲れたのもあり、友達と少し休憩しようということで、おしゃべりをし始めました。いろいろ恋愛とかで盛り上がってしまい、勉強したのは始めの数時間のみで、残りは話しておわりました。

次回への対策

休憩の時間を決めずに話し始めたのがいけなかったです。少し休憩たいうことなら、きっちり時間を決めてからがいいと思いました。

学生時代の勉強方法を知らずに失敗して後悔したこと


男性 45〜49歳 会社員

学生時代は勉強の方法が全然分からず、只試験前の2週間くらいから試験勉強をはじめ、ちょっときつい時はやらなかったりしていたため、試験前2日から3日は夜中遅くまでかかって勉強していました。今考えるとあの時学校の先生や成績のいい同級生に少しでも勉強の方法を聞いていればもう少し自分の成績もよくなったのかなと思いますが、私は学生時代より大人になってからの勉強のほうが頑張ったと思います。今では普通では中々取れないような資格を取る事が出来ましたし、勉強はいくつになってもする事が出来るのだと思います。

次回への対策

勉強に集中できなくなっての失敗


男性 30〜34歳 営業

中学3年の秋に、彼女がはじめてできました。ずっと好きだった人なのですごく嬉しかったです。しかも同じクラスでした。しかしうかれて勉強に身が入らなくなっていきました。授業中も彼女と目が合うし、家に帰っても、僕から彼女に電話やメールばかりして勉強に集中していませんでした。やがて、高校受験を控えているのにどんどん成績が落ちていきました。そのあとあせって勉強を一生懸命しましたが、志望校には結局落ちてしまいました。

次回への対策

楽しいことばかりに目がいってしまい、彼女との時間と自分の時間をキッチリわけるべきでした。メリハリをつけるべきでした。

自分の勉強スタイルへの過信での失敗


男性 15〜19歳 大学生

高校時代私には自分と同じくらいの成績の友人がいて、模試がある毎にどちらが点数が高いかを競っていました。ある時、模試で成績を見せ合ったとき私と友人どちらも英語の点数が低いことがありました。その模試では二人とも文法の問題でつまずいていて、これではまずいと思った友人は「先生に勉強のやり方聞きにいかない?」と私を誘ってきました。しかし当時の私は自分の勉強スタイルが一番だと信じていたので友人の誘いを断り、友人だけ勉強のやり方を聞きに行きました。その後、ちょっとずつ模試の成績に差が出始め、センター試験直前の模試には英語だけで40点くらい差をつけられました。そして、友人は無事に第一志望の大学に合格し、私のことは言うまでありません。

次回への対策

【失敗】徹夜で勉強した結果は・・・


女性 35〜39歳 会社員

高校生の時の話です。中間テストの結果がかなり悪かったためどうしても期末テストで良い点をとりたいと徹夜をして勉強した結果、本番のテストの途中から寝てしまいました。起こされたのはテストを回収するときでした。日頃から勉強してたら前の日に徹夜などしなくても良かったのですがふたん勉強などしてなかったためにこの様な結果になってしまいました。その他にはテストの日に消しゴムを忘れてしまってそのときに限って図形を間違えて描いてしまって描き直しが出来ませんでした。

次回への対策

数学は、時間内にいくら点を稼げるかが失敗しないもと!


男性 20〜24歳 自動車関係

自分は、昔から数学だけがいい点を取れる子でした。
何故いい点を取れるかというと、数学はテスト用紙の中に必ず簡単な問題があるからです。
それを、うまい事見つけて答えていくのが自分の特技でした。
しかし、自分には1つだけ弱点があって、それは国語が苦手だから証明が解けないという事です。
それのせいで、学生時代は簡単な証明問題でも点を取れず後悔することが多々ありました。
特に、文章の中にヒントがたくさんある問題など解けなかったときは悔しい思いをしていました。

次回への対策

証明を得意になるには、推理小説を読んで、相手の言いたい事
伝えたいことを読み取ることから始めるのが大事です。

部活と勉強、両立できずに….失敗


男性 20〜24歳 自営業

とても田舎の中学校に通っていました。
保育園・小学校・中学校とほとんど同じクラスメイトばかりになってしまうような田舎です。
わたしは中学生のころ野球部に所属していたのですが、まだまだ昔の根性論が少し残るキツめの部活動でした。
帰ってきても娯楽といえばTVを見ることくらい。
クタクタで帰ってきてから机に向かう気力はとてもなく、寝ながら見られるTVばかり見ていて宿題すら忘れることも多々ありました。
今思い返すと、なんてバカらしいことをしていたんだろうと思います。

次回への対策