リサーチ不足で残念な結果に…


女性 20~24歳 アルバイト

楽しみにしていた場所にいざ到着すると、ほとんどが工事中で入る事が出来ませんでした。

長い上り坂をのぼって到着してから気付いたのでヘトヘトにショックが重なりなかなかへこんでしまいました。

調べると周りは美味しそうなご飯屋さんばかり…でもご飯目的じゃなかったのでもうランチは食べてきた後…そこで楽しめるものはなにもなく、仕方なかったので散歩しました。

風景は海外のような町並みだったので散歩は楽しめましたが、リベンジしようねと誓いつつクレープなど食べて帰りました。

次回への対策

通常は空いている所、空いてる曜日時間でも工事中という事もあります。

今はネットで色々検索できますのでよく確認してから行くことをオススメします。

また、そこが仮に行けなくなったとしても周りで楽しめる施設や食べ物を2~3箇所ほど調べておいた方がいいと思います。

せっかくの旅行で喧嘩したくありませんもんね。

せっかくの旅行なのに


女性 20~24歳 無職

横浜中華街に旅行で行った時の話です。ネットで調べてこの店に行こうとなんとなく決めて行ったのですがまさかの満席。待たせてすら貰えず、他の店探しを始めました。沢山お店が入っているからどこにすればいいのか全くわからず、歩き回ってやっと見つけたお店は食べ放題のお店でした。店内で待っているとき、混んでるし、食べ放題の回転率がいいなとは思っていましたが食べ始めてビックリ。美味しくないんです。日本人向けの味じゃないのかわかりませんが、我慢しても食べられないくらい、特に麻婆豆腐が美味しくありませんでした…。ここまで来て、自分で作る方が断然美味しいと思うなんて、ガッカリです。もう、しばらく行きたいと思わないなと思った中華街でした。

次回への対策

行きなれていない場所に食事に行くときは予約したり一つだけでなく二、三店舗空いていたり美味しそうなお店を探しておいてから行くべきです。周りにお店が沢山あるなら尚更。

旅先での誕生日ケーキの手配ミス


男性 50~54歳 主夫

子供の誕生日に合わせて、家族みんなで旅行を計画。子どもには内緒で、宿泊するホテルの夕食の時に誕生日ケーキを出してもらうようにホテル側に要望して、了解をもらう。それなのに夕食の時間になり、コース料理がどんどん出て来ても、ケーキが出てくる気配もなく夕飯のメニューが終了。食堂を出る時に、慌ててホテル側から謝罪があった。今更ケーキを食べる気になれず、部屋に戻った。しばらくして部屋に電話があり、ケーキだけ部屋に持ってきてくれることになった。せっかくのサプライズが気まずい思い出になってしまった。

次回への対策

今までこんなちょんぼをされたことがなかったので、このホテル側の対応にはあきれてしまったが、ホテル側に再度念押しをするべきだった。

旅行先で食べに行くと決めていた店が、当日は臨時休業!


男性 55〜59歳 定年退職者

妻との二人旅を半年前から、ネットでいろいろと調べ綿密な旅行の工程表(二泊三日)を作成していました。どのような交通手段で、何処へ行き、何を観るか。

更に、その土地の美味い物を調べ、どの店へ行くか。どの旅館で泊まるかまでを調べていました。一日目の昼食(松代)は、予定どおりでした。夕食は、予定どおり旅館(別所温泉)で食べました。二日目の昼食(上田)も予定どおり、信州そばを食べることができました。その日の宿(高山)は、夕食なしのビジネスホテルを予約していました。

夕食は、飛騨牛の美味い店と決めていましたが、予約の出来ない店でした。ところが、着いてみると、なんと、その日は臨時休業でした。

そこで、近くの似たような店へ入ろうとしましたが、事前に調べていない店ばかりなので気が進まず、結局コンビニで弁当を買い、ホテルに持ち込みました。

次回への対策

当然のことながら、休業日は、調べていました。しかしながら、臨時休業日までは予測がつきません。

なので、このような失敗をしないためには、その店の近くでの代替え店を調べておくことをお勧めします。

当たりまえのことですがね。

その夜、愚妻に、散々愚痴を聴かされました。

旅行がテンションが上がり飲みすぎた


男性 30〜34歳 会社員

男4人で沖縄旅行に行った時のこと。南国の陽気に誘われ昼間は海へと繰り出し、バナナボートやシュノーケリングを楽しみ、夜になるとご飯を食べに、沖縄料理が食べられる居酒屋に入りました。しかしそこで、旅先ということもあり普段以上にお酒飲みました。その後、ホテルに戻ってから2時間程して吐いてしまいました。クリーニング代は、後にホテルから請求されました。次の日も相当な二日酔いで、せっかくの沖縄旅行なのに動けず何もする事ができませんでした。

次回への対策

旅行といえば異国の地に行く気分になり、普段以上にハメをはずしてしまう気持ちも分かりますが、本当に楽しみたいならしっかりと自制心を持って行動するようにしましょう。

周辺のお店を探しておらず


男性 30〜34歳 会社員

夫婦二人で新婚旅行に行ったときの話なんですが、
夕飯のお店を都心だからどこかあるだろうとたかをくくっていたので、大失敗した経験があります。
都心なら予約なしでもいっぱい居酒屋とかあるし、あまり問題ないだろうと思っていて旅行当日の夜。
いざ、お店を探しに行ったら、なんとどこも満席状態。
しかも、他に空いてるお店があっても単価が高くて高くて、とても手を出せないお店ばっかりで、結局食べれたのは夜遅くになってからでした。

次回への対策

当然のことかもしれませんが、まず旅行に行く時には
夕飯もですが、ランチ等も出来る限り予約をすることをおすすめします。

旅行先で無銭飲食体験


男性 35〜39歳 会社員

僕が大学生になり長野県に青春18きっぷを利用して一人旅に行ったときです。場所は松本市。そこは松本城と歴史ある学校の開智学校のあるまちでした。初めての場所に僕は楽しみながら観光してました。暑い夏の頃だったので、少し休憩してカフェに一人で入り、アイスティーを注文しました、冷たいアイスに暑さも吹き飛び、さあ白馬へ行こうとカフェで精算する時、「あれ、財布がない」。どこを探しても財布がない。さっきまであったのに財布がない。せっかくひいた汗がまたタラタラ湧き出してきました。松本市内のどこかで財布を落としてしまったのです。結局理由をお店に伝え、無銭飲食かつ借金。そのお金は帰った後に返金しました。

次回への対策

ランチの食べすぎには注意しましょう


女性 40〜44歳 主婦

家族で大好きな「牡蠣づくし」の料理を食べに牡蠣の有名な地方へ旅行に行ったとこのことです。
何週間も前から楽しみにしていて、旅行の日程をネットのブログや観光サイトを参考に練っていました。
旅館の近くに、お値打ちなランチがあることを知り行ってみたのですが、口コミの評判通り値段の割にはボリュームが多くて新鮮なエビがたくさんついていて食べすぎてしまいました。
そのあと、観光地にも行ったのですが、ランチの満腹感が続いたまま旅館での夕食タイムが始まりました。
しかし、あんなに楽しみにしていた牡蠣づくしを見てもなかなか食が進みません。
結局、残念なことにコースの半分ほどを残してしまう結果になりました。

次回への対策

旅館での夕食がついている場合は、お昼は麺類などの軽めの食事がおすすめです。
旅行先でも浮かれることなく腹八分を心がけましょう。

田舎の良さ。都会の良さ


男性 30〜34歳 会社員

旅行先は田舎。綺麗な空気に目の前に広がる広大な畑と農村風景は心身をリフレッシュさせてくれます。
思わず伸びをしてしまい、さて、疲れた体をゆっくり癒すかとか考えつつ、そのまま旅館に直行して荷物を預けて、ぶらっと散策をして夕方を過ぎて夕飯に。
田舎料理というか山菜豊かな料理で昔を懐かしみながら、ふと雑誌のことを思い出し、読みたくなったのでコンビニを探そうと女将さんに聞くと、
そういったものは無い、とのこと。
全ての店が日が上って開店し、日が沈むと閉店する。そういった地域に24時間経営のコンビニは無いのです。
都会?では当たり前のコンビニですが、それが無いと少し困る。そう思いました。

次回への対策

旅行先で雑誌が読みたい、と考えるのが駄目な気がしますが、コンビニで入手可能な物が旅行先で入手不可能、といったのは普通にあります。
だから事前に、自分がいつも何を使用するかリストアップし、それが旅行先で入手難しいか、難しいかも、と判断したら事前に用意しておくと安心です。

珍しい料理でも毎日食べれば飽きるもの


男性 30〜34歳 会社員

旅行の目的の一つと云えば食事です。
馬頭らしい料理が2、3日続く程度なら良いですが、それが一週間ともなると飽きることも多々あります。
特に地方でも特産物が特定の物ばかり等、偏った地域の場合は、食材がそればかりになってしまい、一人旅行ならともかく複数人だと憂鬱になっても言い出せない、なんてことも。
私がそうでした。
ある海産物の地域で、そればかりだったのですが正直朝から晩までそれでは厳しく、思わずファーストフードのチェーン店に駆け込んでしまいました。

次回への対策

特定の旅行先に一定期間滞在する場合は、料理に飽きることを想定してカップラーメン等を事前に宅配しておくのもありかも知れません。

その小龍包は一人一個だよ


女性 45〜49歳 会社員

夫婦で九州北部3県のバスツアーに参加したときのことです。長崎のホテルでの夕食は、中華風料理でした。バイキングではなく、運ばれてきた料理を5,6名で取り分けるスタイルで、ちょっと料理の量が全体的に少ないなあと思っていました。続いて小龍包が運ばれてきました。夫が一番先に小龍包をとったのですが、なんと、三個もとってしまいました。どうみても小龍包は一人一個の割り当てです。完全に数が足りず、とはいえ、とった小龍包を元に戻すこともできず。相席の方々に平謝りでした。追加で小龍包を頼もうと思いましたが、みなさんいい方で辞退されました。夫のアホさに呆れました。

次回への対策

食事のときは、周囲の状況をよく見て気を配り、マナーを守って楽しく過ごしましょう。食い物の恨みはおそろしいですよ。

自分の休みと商売の休み


男性 20〜24歳 学生

1月1日から4日まで、沖縄県名護市に旅行しに行きました。沖縄に住んでいる大学生の友人に、良い観光スポットや、地元の美味しいとお店を紹介してもらしいました。旅行当日、いざ、お店に行こうとして、空席の確認や、予約をしようと思ったら、正月休みで、紹介してもらったほとんどのお店が休業中で、電話も通じかなったです。仕方なく、明らかに、観光客向けの価格設定が高めのレストランなどに行くことになりました。友人が言うには、観光客向けのレストランは、価格設定が高めで、味は普通らしいので、地元のお店に行きたかったです。

次回への対策

当たり前のことですが、旅行をするときや、目的の店や場所があるのきは、事前に営業時間、営業日を確認することをおすすめします。

温泉旅行での美味しいお魚料理


女性 25〜29歳 販売業

彼との旅行で温泉に行きました。行くときの道のりは大変だったけど、到着してまず思ったのが素敵な建物のたたずまいでした。期待をして温泉に入り、待ちに待ったお食事タイム。大好きなお魚料理が出てきてめちゃめちゃワクワク。一口食べてみると、しっとりといい感じで油が乗っていてとても美味しくていっぱい食べていました。でも頭らへんになったら小魚がザクザク出てきて私のお口の中をグサグサ刺してきました。ちゃんと小骨は避けなきゃデス。

次回への対策

小骨が口の中で刺さったりすると最悪の場合口内炎になるし、テンションが下がってその後のご飯を味わえなくなります。ぜひご注意を。

その土地ならではの料理を堪能しなかったことを後悔


男性 45〜49歳 自営業

20代の頃、仕事やプライベートで国内各地を訪れる機会がありました。新幹線や飛行機に乗って目的地まで移動し、代表的な観光地を見て回るのはとても楽しいことでした。ただ一つだけ、今になってから失敗したと思っていることがあります。それはせっかく旅行へ出かけていたのに、その土地ならではの料理を味わっていなかったからです。若さゆえのせいもあるでしょうが、「値段が高い」、「お店を探すのが面倒」という理由で、ファストフード店やコンビニで食事を済ませていたことがありました。本当にもったいない事をしたと後悔しています。

次回への対策