列車運転日の確認ミス


男性 35〜39歳 会社員

青春18きっぷを使って日帰りの小旅行をしようと、事前に計画を立てていました。名古屋から松本方面へ、普通列車を乗り継いで行くのに、朝に名古屋から塩尻まで直通する臨時列車が土休日だけあります。それを利用することを前提に工程を組みました。
いざ当日に京都を出発してから、少し違和感を感じました。一応工程の再確認をしようとした時に、私は「やってしまった」と思いました。その日は水曜日で、臨時列車の設定がありませんでした。「うわっ」と思い、すぐに時刻表をにらみながら工程の再編をしましたが、列車本数が少なく乗り継ぎも悪かったので、とても日帰りでは不可能となったので泣く泣く行き先を変更しました。平日に出発は事前に決めていただけに、何故土休日の列車を組み入れたのか自分でも謎でした。

次回への対策

普通列車の乗り継ぎで旅行される時は、平日と土休日で時刻が全く違ったり、そもそも列車の設定がなかったりします。それを間違えないように、何度も確認することで防げることです。

伊丹と関西空港間違えた


男性 55〜59歳 会社員

大阪に単身赴任していた時の出来事です。福岡に日帰り出張した時の失敗です。
福岡空港から飛行機に搭乗して着陸態勢に入った時、窓から外を眺めていました。
海が見えて伊丹空港と様子が違う事に気付きました。まだ、その時は伊丹空港とは気付いていませんでした。
チケットを確認すると行き先は伊丹空港ではなく、関西空港でした。何故、何故を自問自答した結果は自分で間違えてチケットを購入した事に気付きました。
関西空港から大阪市内まで遠く、長い日帰り出張でした。

次回への対策

自動車旅行の落とし穴?こうして人は経験を積む


男性 35〜39歳 会社員

北海道でドライブ旅行。広がる大地やら山やら。
町を出れば信号で止まることも殆どなく、30分以上もノンストップで走れたりします。道によっては1時間。
好きな音楽を流しながら海岸線沿いに車を流し、気分良く口ずさみながら忘れた頃に思い出すのがガソリンの残量です。
とはいえ、今はネットが当たり前でカーナビの古いGS情報より新しいGS情報があるので油断していたら、目的地のガソリンスタンドが閉店してました。
この時期は備蓄タンクの法改正だかなんだかで、北海道のGS倒産が増えてた時期ったのもあるんですが、まさか観光地近くの自動車旅行の要所のここが潰れるか、と思いました。
結局は次のGSまでガソリンが持ったから良かったんですが、道民はガソリン給油時は満タンオンリー、という話に俺も納得しました。

次回への対策

知らない地域での自動車旅行でのガス欠にご注意ください。
特に観光地では小さな自営業のGSが辛うじてやってる程度で、いつ潰れてもおかしくはないので、
不安なら給油所のスタッフにその地域のGS経営情報を聞いておくのもいいですね。
地方のドライブは、基本半分を切ったら満タンまで給油しておけば安心ですよ。