函館山の夜景を見に行って


女性 50〜54歳 専業主婦

20代の頃、友人と北海道旅行に出掛けました。夜、函館山の夜景を見に行きました。帰りのロープウェイに乗った時、やや混雑していました。背後に男性がいるのを感じました。体が密着しそうになったので、嫌だなと思いショルダーバッグを体の後ろにずらしました。お尻の所にちょうどバッグ当たるようになり、ホッとしました。ホテルに帰る途中、バッグの中を見たら財布がないことに気付きました。あの男は痴漢ではなく、スリだったのです。バッグを背後に回し、男がスリしやすいようにしてしまったのです。すごくショックでした。警察に届け出て、銀行等に連絡し、友人にお金を借り散々な旅行になってしまいました。

次回への対策

小銭・少額紙幣は常に用意しておきましょう!


女性 35〜39歳 嘱託職員

母と二人で京都旅行をした時のことです。
バスで京都市内をめぐる際、行きは小銭があったので運賃の支払いができましたが、その後買い物などで小銭も少額紙幣も使い切ってしまい、それに気付かず帰りのバスに乗ってしまいました。
いざ降りる時になって、二人とも細かいお金がないことに気付き、バス内で両替をしてもらおうとしたものの、一万円札は両替できませんと言われてしまいました。
しかも、当時はそのバスは交通系ICカード非対応でした(今は対応できるようになったと思います)。
そのため、運転手さんに相談して、終点の京都駅で待ってもらい、両替機で両替して、バスまで戻って支払いをしました。
目的地が京都駅だったので良かったものの、もし他に行きたいところがあった場合どうすればよかったのかと、今思ってもヒヤヒヤしてしまいます。

次回への対策

東京にいるつもりで、交通機関がICカードに対応していると思っていると、対応していない都市では不便を感じることがあります。
また、交通費用の小銭や少額紙幣は、買い物用の財布とは別にして用意しておくことをおすすめします。
「誰かが持っているだろうから大丈夫」ではだめです。自分が準備するという気持ちが大事です。

ディズニーマジック恐るべし


女性 30〜34歳 主婦

2人目が産まれる前に親子3人での思い出作りに、と奮発してディズニー1泊旅行をしました。宿泊だけで4万近く、それにチケット代とかなりの金額になってしまいました。初めてのシェフミッキーにテンションが上がり、宿泊日のディナーと翌日のモーニングと二度利用してしまいました。ディズニーキャラを独占できる嬉しさに私も主人も金銭感覚が麻痺し、シェフミッキーだけの利用で3万に。カードの明細が来てから衝撃を受けました。トータルで10万近い旅行でしたが、子供が小さい、私が妊婦でアトラクションはひとつも乗れませんでした。

次回への対策