(大事なものの)無記名のススメ


女性 20~24歳 学生

私が修学旅行に行った時の話です。私の学校はかなり大人数の学校でしたし、学校で何度も「自分の持ち物にはきちんと名前を書きましょう」と言われたので、修学旅行に持って行ったものすべてに名前を書きました。それで真面目な私は下着にまで名前を書いてしまったんです。

もちろん修学旅行は楽しかったのですが帰ると驚いたことに下着が一枚足りなかったんです。泊まった宿泊先に問い合わせてもないようでおそらく友達のものと混ざってしまったのでしょうが、自分の名前が書いてある下着をなくしてしまったという事実自体がとても恥ずかしかったです。

次回への対策

持ち物に名前を書くことは大事ですが、なくした時に名前がわかったら恥ずかしいものには無記名のままにしておきましょう。なくした時に大変恥ずかしいです。

沖縄に行ったのにまさかの、、


男性 35~39歳 会社員

家族旅行で3泊4日の沖縄旅行に行きました。入念に予定を立てて臨んだのですが、張り切り過ぎやお酒の飲み過ぎのせいで2日目の夜に熱中症になってしまいました。最初はただの風邪かと思ったら夜中に40度の高熱が出てけいれんを起こしてしまいました。妻に救急車を呼んでもらい、近隣の救急病院に搬送されました。すぐに検査をして点滴を打ってもらい大事をえませんでした。しかし2日目の夜から最終日までは体調が戻らずホテルで休養をしていました。結局妻と子供だけで出かけてしまい私はどこにも出掛けらませんでした。

次回への対策

旅行には万全の体調で臨んだ方がよいです。夏場の旅行は特に注意です。楽しさのあまり休憩や水分補給を怠りがちなので気をつけましょう。

初めての民宿お泊まり、あると思ってたものが無い!


女性 25~29歳 主婦

今まで旅行の際は、ビジネスホテルを利用していた者です。別の旅行の時に、初めて民宿に泊まることになりました。もちろん宿のホームページやオススメポイントなども見て、予約をしました。
実際に宿を利用してみて、失敗したなぁと思ったのは、宿に当然あるだろうと思っていたものが、いくつか無かったことです。たとえば、ドライヤー。お風呂もあるのだから、当然部屋に準備してあるものかと思っていました。ところが、お風呂から上がって部屋に帰り、どこを探しても見あたらない。もしや銭湯形式なのかと思い、もう一度脱衣場を覗いてみましたが、やはり無い。どうしようもなく、受付に行くも、うちにはドライヤーが無いと言われました。仕方なくタオルドライした後に、夕涼みを兼ね、縁側に出て夜風で髪を乾かしました。夏場で本当に良かったと思います。また、部屋に鏡もなく、箱ティッシュもありませんでした。鼻をかみたくなって無いことに気づき、メイクしたくても鏡が無く共同のトイレへ…。あると思い込んでいたものが多く、無いと本当に困りました。

次回への対策

ビジネスホテルやキチンとした旅館などでは心配無いと思うのですが、民宿やこじんまりとした宿に泊まる際には、予約する前に、面倒でも電話で部屋に揃っているもの(自分達の必要とするものがあるか)を確認した方が良いと思いました。そうすることで、逆に荷物を減らすこともできると思います。

恩があると思っていたのに。


女性 30〜34歳 会社員

これまで色々とお世話をしてもらった先輩から、『すぐに返すからお金を貸してほしい』と言われました。恩もあるし、信頼していたのでなんのためらいもなくお願いされた額を渡しました。ところが、貸してから先輩の態度が急変したんです。いままで連絡が取れないことなどなかったのに、音信不通になることも。結局あとから聞いた話だと、人付き合いの良さを逆手に色々な人からお金を借りていて、それを返すためにまた借りるということを繰り返していることが分かりました。結局、貸してからもうすぐ一年になりますが伸ばし伸ばしされ、まだ返されていません。

次回への対策

普段信用できる人でもお金が絡むと別人になるということを学びました。そして、お金を貸すときはあげるつもりで渡さないといけないとも思いました。

お金を貸してしまったことを後悔


女性 30〜34歳 主婦

久しぶりに連絡がきた友人から、子どもの病気でお金がかかるから少しでもいいからお金を貸してほしいと言われました。児童手当が出たらすぐに返すということで1万円を送金。また数日後に必ず返すから5千円貸してと言われ、そこまで困っているならと思い再度送金しました。しかし、初めに言われていた児童手当の日に返済してこなかったので連絡を取ると返事無し。2回メールをしましたが、結局返事が来ることはありませんでした。繋がりがあった友人に連絡してみると、かなり借金あるみたいと聞き、返ってこないのだと実感しました。結局数年経った今でも連絡は来ていません。

次回への対策

何があっても友人にはお金は貸さない方がいいと思います。お金は返ってこなくてもいいと思っていても、友人関係までもが無くなることもあります。

給与格差の果ての絶縁


男性 25〜29歳 フリーランサー

2月末に10年来の友人と絶縁しました。
原因は貧富の格差です。失業中の身だった私は金銭的な事情もあり、前々から約束していたイベントに急遽行けなくなってしまったのです。
それを機にお互いに連絡を取ることも無くなりました。あまりこういう考え方は好きではないのですが、所詮は金の切れ目が縁の切れ目かなとも思ってしまいました。
あの時、生活保護でも受けていれば約束自体は果たせたのでしょうが、寸でのところで踏みとどまってしまったのが引き金でした。
まあ、学校を卒業して底辺社会人ともなれば人間関係など所詮はその場凌ぎ、上辺程度です。
職種によっては変化や柔軟性・恭順さといった
ものを過剰なまでに要求され、あまつさえ、い
つクビになるのかもわからない時代です。
そこまでして叶えたい夢がある私も大概ですが、失うものもあれば得るものもあるはずだと信じて何とか前を向いて生きていこうかなと思っています。

次回への対策

前述の通り、所詮は金の切れ目が縁の切れ目です。10年来の付き合いを断絶すると精神的ダメージこそ未だかつてないものがありますが、そこまでして叶えたい夢や目標などがあれば、まあ安いものでしょう。それに、本当の友達なら収入格差で人を類型化することもないと思いますよ。

友人との金銭貸し借り


男性 45〜49歳 自営業

親友が困っていたので20万ほど用立てました。
最初の内はすまないとか今度返すとか言って、私のほうもいつでも構わないよと。
ですが次第にお金のことを口にしなくなってきたので、私も心配になり、今返してくれと言ってしまいました。
親友は言おうと思っていたと言うのですが、私のほうも熱くなってしまい、聞く耳持たずにすぐに返してくれと言うだけでした。
私のほうもいつでも構わないと言っておきながら、今になって後悔しています。
あんなに執拗に返せなどと言わなければよかったと。
お金のほうはすぐに返してもらいましたが、弱みに付け込んでしまった感じがしてならないです。

次回への対策

金の切れ目が縁の切れ目?


女性 40〜44歳 パート

友達の話です。
大学で仲良くなった友達なのですが、就職してからも友達付き合いが続いていました。
ある日、二人でショッピングに行ったところ欲しいものが手持ちで足りないという事で、一万円を貸しました。
そのお金は次の日戻ってきました。
それから1カ月後、彼氏に泣きつかれてお金を貸さなきゃいけないんだけど少し足りなくて…と。
友達の給料が入ったら返すという約束で二万円貸しました。
更に3ヶ月後、病院代で結構かかって家賃の支払いが出来ない…と。
最後だよと約束で五万円。
この最後の五万円がいつになっても帰ってこないので催促をしたら来月には返すと。
でも、帰ってきません。
連絡もつかず、どうしたら連絡がつくか友達に相談したところ、その友達も同じ理由で貸していました。
その子が言うには、まだ他からも借りて入りとの事。
あちこちから借りていたみたいなのです。
お金にだらしない挙句、逃げるなんて最悪です。
未だに五万円も帰ってきていませんが、友達とも会っていないし、会う気もありません。
お金を貸す事は友達として良くなかったですね。
私も反省。

次回への対策

相手の事を思ったら貸してはいけない。
その人を更にダメにしてしまった気がします。
昔から金の切れ目が縁の切れ目と言いますものね。

掛け軸の裏にはなんと。


男性 40〜44歳 介護支援専門員

息子の野球の大会で遠方に遠征で行った時のこと。私は息子が所属する野球チームの後援会会長ということもあり。監督・コーチ二名・私の四名で同じ部屋で三日間過ごすことになりました。部屋自体も広く、窓からはきれいな庭園をみることができ、快適だなあと話をしていたのですが、一日目の夜からコーチの一人がやたらと首が痛いと話すのです。数時間経つと、今度は私も首が痛くなってきました。その日は、コーチの一人と疲れたんだろうなあと話をし寝ました。翌朝、試合のため出掛ける準備をし、何気なく一人のコーチが掛け軸をめくってみると、その掛け軸の裏にはお札が貼りつけられていました。

次回への対策

ここの宿泊先は知り合いの方が頼んでくれたホテルということもあり。掛け軸の裏にお札が貼りつけられていたことに対して、ホテルの従業員に話を切り出す勇気がなかったです。知り合いの紹介でなければ、問い合わせは出来たんでしょうけど・・・。

寝具に血痕・・・驚きの値段。


女性 25〜29歳 飲食

私が香港で滞在していた時の失敗談です。
香港は食べ物や生活用品などは日本に比べると安いんですが、土地代がとても高いんです。
例えばひと月のレンタルアパートメントの賃料が数十万円かかるのが当たり前。ごく一般的な間取りでも日本で言えば高級マンション並みのお家賃です。
そしてここからが本題ですが、結論から申しますと私はそこで借りていたアパートメントの寝具を汚してしまった訳です。女性特有の生理の血がベッドの敷パッドに付着してしまい、汚れが落ちないという事で弁償する羽目に。
ベッドシーツと敷パッドの値段総額日本円にして2万五千円・・・
驚愕でした。そして、当時の1番の高い買い物になりましたとさ。

次回への対策

きっと私のようなドジ踏む人はいないと思いますが、香港に行った際ホテルなど泊まった場所ではそこの物をこわしたり紛失しないようにすればきっとお得で楽しい香港旅行を楽しめますよ。

タクシー、荷物置き忘れ


男性 30〜34歳 ビルメンテナンス

旅行先で、タクシーに乗り、友人との再会、お酒も入っていたことから、降りてそのままトランクに荷物を置き忘れてしまいました。忘れていたことに気づき、慌てて戻ったのですが、乗っていたタクシーはもういなく、領収書ももらわずにいたので途方にくれました。とりあえず、警察、県の各タクシー協会、個人タクシー事業協同組合に連絡、届出をし待つしかありませんでした。幸い、翌々日に発見できましたが、本当に血の気が引きました。

次回への対策

タクシーや移動手段、どんなものでも領収書、控えはもらっておいたほうが、いざという時に役立ちます。荷物は宿泊先等に預けてから遊びに行くといいでしょう。お酒はほどほどに。当たり前のことですが。

バスツアーにいって後悔したこと。


女性 30〜34歳 会社員

新聞に「深夜バスで行く東京ディズニーランドの旅」が格安で掲載されているの見て、ディズニーランドに行ったことのない私はすぐに飛び付き、詳細をほとんど見ないまま申し込みました。
夜の9時に大阪を出発し、翌朝ディズニーランドについた後は迎えのバスがくるまで自由行動といったものだったのですが、バスがディズニーランドについたのはなんと早朝5時。
そしてまさかのバスから降りて開園までの待機。
季節は2月。
手足は冷たくなるし、身体の感覚もなくなり、風邪を引くかと思いました。
「安い理由はこれだったのか…。」とわかった瞬間でした。
それ以降、安い旅行には何かがあると思い、必ず念入りに詳細をチェックするようにしています。

次回への対策

海水浴場でのヒヤリ体験


男性 50〜54歳 自営業

これは今から約20年も前の出来事です。当時私はヨーロッパ製の逆輸入車(ステーションワゴン)に乗っていました。毎年夏に家族旅行で行く定宿があり、その年もその宿(民宿)へ行きました。当日は昼頃に宿へ到着し、その泊まる部屋で着替えを済まし、宿の持つ船でプライベートビーチへと送ってもらいそこで海水浴をするというパターンです。ですので車は既に駐車場に停め、荷物も部屋へ運び込み、貴重品は宿に預けておくので安心して海水浴へ行く事ができました。そして1泊した翌日は朝食のあとチェックアウトをし、宿の計らいにて船で前日の海水浴場まで送っていただきます。チェックアウトをしているので荷物は車の中、貴重品も車の中に隠しておきます。でも問題は「車の鍵」です。鍵は例えば車のタイヤの奥やマグネットのケース(市販品)により車のどこかに隠しておくという方法があるかと思いますが、そんなケースも持ち合わせておらず、またタイヤの奥に置いていても盗まれる可能性は充分にあります。ということで結局自分のポケットに入れて海へ行きました。でも、気分が浮かれていたのでしょう。しばらくしてふっと気づくとポケットの鍵がありません。浮き袋でプカプカしている時にポケットから海底へと落ちてしまっていたのです。スペアーキーは持っていません。気づいた時は頭が真っ白になりました。鍵はヨーロッパ特有の造りなので差し金や針金で開けられるような鍵穴ではありません。自宅までは車で4時間以上かかります。もう、探すしか方法がありません。そして自分が浮いていたと思う場所(履歴)を思い出し、水中眼鏡で潜りながら地道に海底を探しました。そして探す事約30分、奇跡的にその鍵が見つかりました。見つかるまで本当に生きた心地がしなかったヒヤリ体験。

次回への対策

下調べもスケジュールも万全!なのに


男性 30〜34歳 会社員

家族旅行で某県へ。
子供達に出来る父親を見せるために現地の下調べも完璧。現地では何時の電車に乗ればいいか、御飯はどこで食べるかといったスケジュールも完璧に組んだのに、
旅行先では子供達があれが良いこれが良いと言い、それを聞いてると予定していた時間がどんどん過ぎ去る始末。
よくよく考えれば自分の希望で旅行スケジュールを組んでたな、と反省しつつ、仕事が終わった自分の時間に一週間もかけて作った予定表ともおさらばしました。
スケジュールを組む際は余裕を持つことが大事ですね。

次回への対策

スケジュールは余裕を持って、というのが大事ですが、逆に暇になる場合もあります。
だから基本のスケジュールとは別に、暇になった時用の観光地なども準備しておくと良いかも知れません。
まぁ一番なのは、子供達の要望を想定してスケジュールを組めるようになることですが、それはそれで問題ですかね。
とにかく予定ガチガチは駄目です。

伊丹と関西空港間違えた


男性 55〜59歳 会社員

大阪に単身赴任していた時の出来事です。福岡に日帰り出張した時の失敗です。
福岡空港から飛行機に搭乗して着陸態勢に入った時、窓から外を眺めていました。
海が見えて伊丹空港と様子が違う事に気付きました。まだ、その時は伊丹空港とは気付いていませんでした。
チケットを確認すると行き先は伊丹空港ではなく、関西空港でした。何故、何故を自問自答した結果は自分で間違えてチケットを購入した事に気付きました。
関西空港から大阪市内まで遠く、長い日帰り出張でした。

次回への対策

列車運転日の確認ミス


男性 35〜39歳 会社員

青春18きっぷを使って日帰りの小旅行をしようと、事前に計画を立てていました。名古屋から松本方面へ、普通列車を乗り継いで行くのに、朝に名古屋から塩尻まで直通する臨時列車が土休日だけあります。それを利用することを前提に工程を組みました。
いざ当日に京都を出発してから、少し違和感を感じました。一応工程の再確認をしようとした時に、私は「やってしまった」と思いました。その日は水曜日で、臨時列車の設定がありませんでした。「うわっ」と思い、すぐに時刻表をにらみながら工程の再編をしましたが、列車本数が少なく乗り継ぎも悪かったので、とても日帰りでは不可能となったので泣く泣く行き先を変更しました。平日に出発は事前に決めていただけに、何故土休日の列車を組み入れたのか自分でも謎でした。

次回への対策

普通列車の乗り継ぎで旅行される時は、平日と土休日で時刻が全く違ったり、そもそも列車の設定がなかったりします。それを間違えないように、何度も確認することで防げることです。

楽しい旅行のはずが…


女性 30〜34歳 デザイナー

大学時代の話なのですが、朝早く駅に集合して電車で六時間離れた土地に旅行に行く計画を立てていました。
その日の朝、彼が朝寝坊をして始発に乗る予定だった計画が見事にずれました。
駅で出発まもなくの時間になつても来なかったので、まさかと心配になり電話すると「今起きた…」と衝撃的事実を告げられました。
漫画かと思うくらいまさかの展開で未だによく覚えています。
その頃は、スマホもさほど復旧していなかったので時刻表も検索できず…乗り継ぎも上手くいかず一日かけて目的地に到着。
その件に関して、ひたすら謝られたのですが、正直謝るくらいなら遅刻しないように起きろよと言葉もなくし、あきれ果てた旅行でした。

次回への対策

今となっては、人間だからしょうがないと思えるようになりましたが、正直この件をきっかけに人に迷惑をかけない行動、時間を守る大切さを強く実感しました。
朝が弱い方、ぜひ気を付けて下さい。

初めてのUSJ、まさかの失敗


女性 15〜19歳 専業主婦

初めての旦那との遠出。関東に住んでいるため夜行バスを予約!行きは6500円帰りは4500円。どちらもコンセント付き、行きの方はトイレもついていました。行きは席もひとつひとつがそこそこ広くて快適でした。USJに着いて朝から晩まで遊びとても楽しかったねと言いながら主人がまさかの次の日が仕事で帰りのバスを待つことに。「4500円でもまあ、さほど変わらないだろう」と思っていたのですが、席はめちゃくちゃ狭く夏休みの季節とかいうこともあったので若い人が多かったです。マナーがとても悪くて、次の旅行では値段の高いバスもしくは新幹線で行こうと思いました。

次回への対策

コンサート時の無計画旅行


女性 20〜24歳 専業主婦

岡山県にコンサートへ行くのに無計画で行ってしまいました。宿泊先も何も決めずに行ってしまったのでコンサート終わりの夜の11時頃から朝方のバスの時間までずっと暗い街をウロウロしてしまいました。
また大阪府でのコンサートの際は宿泊先を決めていました。その旅館はとても古く一泊5000円程度で泊まれましたし、朝食バイキングもついていて最高だと思いきや、部屋はとても古いし部屋の入口は鉄の扉でとても怖かったです。
値段で決めずに、もっと画像等を見て決めればよかったなと後悔しています。

次回への対策

お天気にはかなわない


女性 30〜34歳 会社員

楽しみにしていた沖縄旅行でのことです。初めての沖縄だったので、綿密に計画を練り、レストランやレジャーはすべて予約をして計画通りに楽しめるようにと準備していました。ところが…。2泊3日の予定でしたが2日目から台風に見舞われてしまい、ホテルから1歩も出られない状態に。せっかくレンタカーを借りて楽しもうと思っていたのに。
残念ですが天候には勝てません。 レンタカーでドライブ中心のプランを考えていたので、ホテルは安いビジネスホテルのような所を選んでしまったので、娯楽施設もなく沖縄は満喫できませんでした。天候のことも考えてプランを考えるべきでした。

次回への対策