大失敗><大雪が降った日、学校では臨時の授業変更がありました。


女性 25〜29歳 販売業

その日は大雪になると前日のニュースで確認した私は、いつもより1時間早く家を出て学校に到着したのが10分前でした。早く学校に着いた人たちはなんだかドヤ顔。しっかりしてるでしょうと言わんばかりの表情を浮かべて、「あの子遅いね」とか言ってます。授業1時間目が開始される頃、学校側から緊急連絡が入り愕然とします。「本日は学校に来れない学生がたくさんいるので休講となります」とのこと。朝早く起きたのに休講ならもっと寝れたのに。と思いました。

次回への対策

学校側ももっと早く連絡をしてくれないとわかりませんが、いまいち判断がつかない場合には家を出る前に学校に予め連絡して確認を取った方がいいかもしれません。

大事な日、提出日に出し忘れま失敗しました。


女性 25〜29歳 販売業

うちの学校では、評価記録というものがあって、それを提出し忘れると単位が取れないというものがありました。しかも5分遅れの提出もダメ。そんな中提出する日がやってまいりました。カバンの中にしっかり入れてあとは学校の提出ボックスへ入れるのみだったこの日は雪。車で通学するのですが、雪のため交通渋滞が半端なかったのです。ついに学校へ到着した時はもう10分過ぎ。先生にお願いしても受理してもらえずせっかくの努力が無駄になってしまいました。

次回への対策

交通渋滞を回避するため雪や雨の日は早めに家を出るようにしましょう。もし遅れるとかなり痛い目に遭いますよ。

手伝ったら機嫌を損ねられて口論に発展


男性 40〜44歳 自動車部品の製造業

自動車部品の製造工場で生産ライン作業の仕事をしている時に私の隣の工程で仕事をしている人が大変そうでしたので気を使って手伝ったら急に怒り出してしまって機嫌を損ねてしまいました。おそらく私をかなり下に見ていたようで手伝われた事にプライドが傷ついたみたいでした。私もそこまで人が良いというわけではありませんでしたのでその後大人げなく口論をしてしまいました。そのおかげで仕事が遅れてしまってみんなに迷惑をかけてしまいました。

次回への対策

どの職場にも一人や二人は気難しい性格の人がいるので理不尽な事が起こったとしてもあまり気にしないようにするといいと思います。

慣れても常に気を抜くな


女性 25〜29歳 営業事務

パンの製造業務に就いていた頃、大体の焼き上げを任され始め、やる気に満ち溢れていました。他にも仕上げのトッピング材料や翌日の仕込みも担当していたのですが、慣れてきていた為難なくこなしてました。ただ、ある時焼き上げをしている時に翌日の仕込みをやっていない事に気づき、今やってしまおう、いつも仕込んでるし焼き上がりまでには出来る、と思い窯から離れてしまいました。案の定窯のアラームは聞こえず、大量のパンが駄目になりました。

次回への対策

慣れてきた頃が危険ですので、力を抜く時のタイミングを間違えないよう気をつけて下さい。これなら大丈夫だろう、これは駄目だろう、といった判断を慎重に。

コンビニのアルバイトで大失敗


男性 25〜29歳 コンビニ店員

私は学生の頃に深夜のコンビニでアルバイトをしていました。アルバイト先の店舗は駅から離れた場所にあり、深夜ということもあってお客さんはほとんど来ないためとても退屈でした。その日も掃除などの作業を終えてやることがなくなってしまい、意味もなく店内をフラフラしていました。そしてレジ付近に差し掛かったところで何かを踏んだような感覚があり、次の瞬間、突然ベルが鳴り響き私は頭が真っ白になりました。どうやら防犯用の起動装置を踏んでしまったのです。しばらくしてベルが鳴り止み、すぐに警備会社らしきところから電話が掛かってきました。何とか事情を説明して謝罪しておきましたが、あのとき店内にお客さんがいなくて本当によかったと思っています。

次回への対策

重要書類のコピーで大失敗


女性 25〜29歳 学校講師

私は学校で講師の仕事をしていました。私の失敗談は、重要書類のコピーについてです。私の勤めていた学校は、いろいろな教室に全部で20機ほどコピー機があったのですが、職員室で大事な書類を製作し、コピーボタンを押した瞬間に失敗に気づきました。なんとコピー機に番号が割り振られていることを忘れていて、職員室のコピー機ではなく、どこかの教室のコピー機に書類を飛ばして印刷してしまったのです。必死で探して15機目で見つけましたが、重要書類だけに冷や汗が止まりませんでした。

次回への対策

印刷をする際には、パソコンの設定をしっかりと確認することが大切だと思います。慣れてくるとパパッとクリックしてしまいがちですが、確認を怠らないことが何よりの失敗を防ぐ方法だと思います。

上司の手伝いのはずが…


女性 20〜24歳 介護

まだ就職したての頃先輩職員が付いて回ってくれて仕事を教えてくれていました。
先輩職員に支持された通りの動きしかできなくてその通りにやっていたつもりなのですが全く違う動きをしてしまいました。入居者の衣服の着脱からトイレ誘導、おむつ交換など様々な仕事があるのですがそれを時間通りに完璧にこなさなければなりませんでした。まだ入りたてて未経験だった私もテンパっていて1つ1つをこなすのが必死でした。でも私の指導をしてくれた先輩職員はとても優しく失敗したことをきちんと注意してくれ優しく教えてくれるとてといい先輩でした。

次回への対策

おかしな選考方法で失敗


女性 30〜34歳 会社員

就職活動で地方から上京し説明会と面接を受けました。所謂、いい大学の人たちから面接が始まったようで、地方大学の私は一番最後。私の面接が始まる頃には他のブースの人たちは片付けも始まり、全く落ちつかないままに面接が終了。帰り際に『次の選考に通った方には電話をしますが、一回で出られなかったらおしまいです。』と言われました。それだけでも感じが悪いと思いながら、帰りの新幹線に乗車中、知らない番号から電話が。しかもコールがやたら短い。もちろん新幹線の中だったので出なかったのですが、それが面接先の企業からでした。その後確認をとりましたがもちろん、言われていた通り、次には進めず。自宅に着く前に結果を知る最悪な就活になりました。

次回への対策

大手企業で地方大学は鼻からバカにしてくるというのはよくあるようです。そんな会社に入らなくて良かったと思う反面、悔しさもあります。就活先の企業で受け入れている大学に自分の大学がなかったら、むりなかのうせいがたかいと思った方が気が楽かもしれません。

転職は次の職場がきまってから


女性 50〜54歳 派遣社員

社会人向けのスクールでインテリアコーディネートの勉強をしていた関係で、建材メーカーに就職。3Dアートの仕事を任された。サッシを製造している会社だったので、そのサッシが新築の家にはめこまれるとどうなるかということを提案するものだった。絵が好きな私は決して嫌いな仕事ではなかったが、変化を好む性格だし家具関係の仕事がしたいと思い次の職場も決まってなかったが、しばらく休んで羽伸ばしてから探そうとあっさり退職。さあ、それからが大変、いざ再就職活動をはじめてみたらミスマッチの連続、そうしている間に月日は過ぎる貯金はなくなるで、慌てて派遣登録しました。もちろん給与は大幅ダウン。皆さんくれぐれも次が決まってから辞めたほうがいいですよ

次回への対策

何が起こるかわからないので貯金はしておきましょう。特に一人暮らしのかた。みるみるうちに残高が減っていきます。

イヤミな取引先とのくだらない喧嘩の末、学んだ事


男性 25〜29歳 会社員

前職で生産管理をやっていた際の失敗です。残業の多い部署だったのですが、自身の担当する外注先が相手責任でトラブルを起こしたため、「本日中にメールで回答下さい」と強く念を押しました。その態度が気に入らなかったのか、その日の23:00になっても連絡が来ず、結局「23:59」ジャストにメールが1行だけで来ました。腹が立ったので電話したのですが、たった一言「本日中じゃないか?悪い事は何もしていないだろ?」。以降私は、「○○日の何時までに必ず返信を」という文言をつけ、対応する様になりました。

次回への対策

私の件は一見、相手の人間性が姑息なだけの様に感じる方も多いかもわかりません。一方で、確かに言っていることは間違っていなかったと感じております。社会人の基本ですが、「5W1H」を明確にして日々活動する…という事の重要性を改めて実感させられた瞬間でした。相手によるかと思いますが、業種職種に関係なくこのような取引先はいるかと思われます。どんな時でも5W1Hを明確に意識したイン/アウトプットが重要だと思います。

バイトに慣れてきた時の失敗


女性 30〜34歳 専業主婦

私は学生の頃に、ボウリング場のフロントでバイトをしていました。仕事の内容としてはフロント業務の他に、お客の名前を入力したり、スコアの修正をしたりするということがあったのですが、この仕事の中で一度だけ大きな失敗をおかしてしまいました。それは、会員対抗のボウリング大会があった時に、スコアの修正をするはずが、誤って一人の会員の全部のスコアを消去してしまったのです。私は真っ青になって何もすることができず、社員の人が私の代わりに謝罪をしてくれました。この失敗だけは、今考えてもゾッとするような失敗だったと思います。

次回への対策

仕事は、慣れてきた時が余裕が出てきて一番失敗をしやすいので、いつでも初心を忘れずに真面目に取り組むことが大切です。

前職での実績は良くも悪くも影響する。


女性 30〜34歳 会社員

転職活動に必要な職務経歴書にありのままを書きました。前職が営業ということもあり、成績のいい時代は年収がかなり高かったんです。これが転職活動でとんでもない結果をもたらしました。転職してもその年収出せないのでやめた方がいいのではありませんかと面接で言われたところもありました。逆に、それだけ稼いでいた人だからという理由で高い評価で採用してくれたところもありました。しかし、採用してくれたところではそれをネタにすぐに結果を出すよう圧力をかけられ、そのプレッシャーもあり、一年未満で退職してしまいました。

次回への対策

嘘も方便と言うように、ある程度自分が苦しくならない程度の嘘は転職活動には必要かと思います。過去の実績に企業側もとらわれないように、ほどほどに…がいいのかもしれません。

就職前の面接について


男性 30〜34歳 会社員

就職活動をしていたとき、あまり深く考えずに面接を受け続けていた自分は自分がまとめていた意見に一貫性がなく、ただ、面接を受けて、あとはぶっつけ本番でやればいいやという、気持ちで挑んでいたことで、面接官からも色々指摘されても意見を返せないでいました。
やはり、事前に準備を怠った自分のせいだと思います。
面接官から色々指摘されて、だんだん自分の中でも意見にまとまりがないせいか、嘘とまではいかなくても適当な返答になっていきました。

次回への対策

面接前には当たり前ですがなるべく頭の中でシュミレーションすることをおすすめします。
そうすれば、少しは改善点がじぶんのなかでも見つかると思います。

他人の話は最後まで聞こう


男性 20〜24歳 自動車関係

自分は、専門学生時代にNPO法人関係のインターンを経験しました。
インターン初日、決められた会場に時間通り到着したつもりだったのですが
着いた時間が1時間前で、担当の方を焦らせてしまいました。
自分としては、早く着いて会場の中でどんなことをするのか、前もって確認したかったのですが
インターン先の方々からすると、まさかそんな早く来るとは予知していなかったみたいで
正直嫌な顔をされてしまいました。
しかし、自分としては遅れるよりはいいかと思いました。

次回への対策

約束の時間を守るときは、早くても10分前から15分前程度の時間に到着するように心掛けるべきかと思います。

仕事で失敗・雨の日の翌日の悲劇


女性 40〜44歳 フリーター

ショップの店員をしていたときです。開店前の店内掃除で床のモップがけがあり、そろそろ作業終了という頃に先輩店員が出社して来ました。そこですかさずの注意が。せっかく拭いた床が自分の足跡だらけになっていたんです。まだ床が乾かないうちにそこを歩いてしまったというか、どうやら拭いて行く方向を間違えるというミスを犯したようで…。とにかく、急いで掃除をし直して開店時間ギリギリ間に合いましたが、同僚たちに迷惑をかけてしまったのは痛かったです。

次回への対策

女性だからこそ気を付けること。


女性 30〜34歳 会社員

大学時代にキャンペーンガールなどの女性ならではのアルバイトをしていました。その日は町中でちょっと露出の高いコスチュームを来て新商品のサンプリングだったんです。変な人が寄ってきたり話しかけてきたりということは、このアルバイトをしていれば日常茶飯事なので、いつも上手く対処できていたのですが、なんと突然後ろから抱きつかれ胸を揉まれたんです。突然のことで頭が真っ白になり叫んでその場に崩れ落ちてしまいました。その後、震えて仕事ができなくなってしまい、アルバイト先は逆に気を遣ってくれましたが、とても迷惑をかけてしまったという罪悪感がいつまでも消えませんでした。

次回への対策

女性だからできるアルバイトというのはいま凄く多いと思います。ただ、そこには危険が付き物だということを自覚してアルバイトすべきだと思いました。

偏ってしまった!就職活動での失敗


女性 25〜29歳 主婦

学生時代は接客のアルバイトをしていたため、自分には接客業が向いている、と思い込み。就職活動をサービス業のみに絞って活動しました。しかし、サービス業以外にも、事務職や総合職など、もっと幅広く見ておけばよかった、と入社してから後悔。サービス業はやはり福利厚生の面は少し不安です。結局福利厚生のことを考え、事務職に転職。自分にはサービス業しかない、と思い込まずに、いろいろな業種にもっと興味を持って就職活動や企業研究に取り組んでおけばよかった、と強く後悔しました。

次回への対策

多くの企業が一気に集まる就活イベントでは、できる限りいろいろな職種の話を聞くべき。自分には向いていない、と思い込まずに、その企業の社風を見ておくことをおすすめします。

まさかの色違いを発注


女性 30〜34歳 デザイナー

クリスマス装飾の材料を発注している時、先輩デザイナーから預かった資料が古いもので、最終決定した品番と違ったものを大量発注してしまいました。
もちろん先輩からは激怒され、上司にもこっぴどくホウレンソウと確認に関して何度も説教を受けたりしました。
その時には使わなかったのですが、最終その他の用途で仕様が決まり無事にはけたのですが、未だにその話がネタとして出てくるので、もう二度とこんなミスはしたくないと思いました。

次回への対策

仕事の基本、ホウレンソウと確認はこまめにしないと大きなミスとなってしまう事があります。ぜひ思い当たることがあれば気を付けて下さい。

食材の発注をミスしてしまった


女性 30〜34歳 専業主婦

管理栄養士として、介護施設で働いていた時の事です。料理に使用するじゃが芋を3kgと発注するはずが、単位を間違えて3個と発注していました。ミスに気付いたのは納品当日、八百屋さんがじゃがいもを3個しか持って来なかった時は、状況が理解出来ず、単位を間違えている発注書を見た瞬間、本当に泣きそうでした。その日のうちに、何とか八百屋さんに3kgのじゃが芋を用意してもらい事なきを得ましたが、今思い出しても背筋が寒くなるほどの失敗です。

次回への対策

大事な書類は必ず確認する事。可能であれば、第三者にダブルチェックしてもらえると、より良いかと思います。

システムトラブルで工場停止


女性 45〜49歳 システムエンジニア

大手メーカのシステム委託開発での失敗です。プログラム修正をしたのですが、ある作業を不完全な状態で終わらせてしまいました。その夜、夜間バッチ処理が異常停止し、翌日の朝からシステムが停止しました。復旧までのあいだ委託元の日本の全工場が操業できず、大変な迷惑をかけたため始末書を書きました。私はもうベテランの域にある者ですので、とても恥ずかしく悲しい思いをしました。このようなことはときどき起こりますので、ミスした人が仕事を没収されることはあまりありません。仕事は続けていますが、自分がこの仕事に向いていないなあと感じる瞬間でもあります。

次回への対策

たとえうるさがられても、たとえ夜中でも、危ないなあと思ったら誰かに相談することが鉄則です。私は遠慮がちで、これができないために失敗してしまうのですが。