大事な日、提出日に出し忘れま失敗しました。


女性 25〜29歳 販売業

うちの学校では、評価記録というものがあって、それを提出し忘れると単位が取れないというものがありました。しかも5分遅れの提出もダメ。そんな中提出する日がやってまいりました。カバンの中にしっかり入れてあとは学校の提出ボックスへ入れるのみだったこの日は雪。車で通学するのですが、雪のため交通渋滞が半端なかったのです。ついに学校へ到着した時はもう10分過ぎ。先生にお願いしても受理してもらえずせっかくの努力が無駄になってしまいました。

次回への対策

交通渋滞を回避するため雪や雨の日は早めに家を出るようにしましょう。もし遅れるとかなり痛い目に遭いますよ。

大失敗><大雪が降った日、学校では臨時の授業変更がありました。


女性 25〜29歳 販売業

その日は大雪になると前日のニュースで確認した私は、いつもより1時間早く家を出て学校に到着したのが10分前でした。早く学校に着いた人たちはなんだかドヤ顔。しっかりしてるでしょうと言わんばかりの表情を浮かべて、「あの子遅いね」とか言ってます。授業1時間目が開始される頃、学校側から緊急連絡が入り愕然とします。「本日は学校に来れない学生がたくさんいるので休講となります」とのこと。朝早く起きたのに休講ならもっと寝れたのに。と思いました。

次回への対策

学校側ももっと早く連絡をしてくれないとわかりませんが、いまいち判断がつかない場合には家を出る前に学校に予め連絡して確認を取った方がいいかもしれません。

手伝ったら機嫌を損ねられて口論に発展


男性 40〜44歳 自動車部品の製造業

自動車部品の製造工場で生産ライン作業の仕事をしている時に私の隣の工程で仕事をしている人が大変そうでしたので気を使って手伝ったら急に怒り出してしまって機嫌を損ねてしまいました。おそらく私をかなり下に見ていたようで手伝われた事にプライドが傷ついたみたいでした。私もそこまで人が良いというわけではありませんでしたのでその後大人げなく口論をしてしまいました。そのおかげで仕事が遅れてしまってみんなに迷惑をかけてしまいました。

次回への対策

どの職場にも一人や二人は気難しい性格の人がいるので理不尽な事が起こったとしてもあまり気にしないようにするといいと思います。

慣れても常に気を抜くな


女性 25〜29歳 営業事務

パンの製造業務に就いていた頃、大体の焼き上げを任され始め、やる気に満ち溢れていました。他にも仕上げのトッピング材料や翌日の仕込みも担当していたのですが、慣れてきていた為難なくこなしてました。ただ、ある時焼き上げをしている時に翌日の仕込みをやっていない事に気づき、今やってしまおう、いつも仕込んでるし焼き上がりまでには出来る、と思い窯から離れてしまいました。案の定窯のアラームは聞こえず、大量のパンが駄目になりました。

次回への対策

慣れてきた頃が危険ですので、力を抜く時のタイミングを間違えないよう気をつけて下さい。これなら大丈夫だろう、これは駄目だろう、といった判断を慎重に。

コンビニのアルバイトで大失敗


男性 25〜29歳 コンビニ店員

私は学生の頃に深夜のコンビニでアルバイトをしていました。アルバイト先の店舗は駅から離れた場所にあり、深夜ということもあってお客さんはほとんど来ないためとても退屈でした。その日も掃除などの作業を終えてやることがなくなってしまい、意味もなく店内をフラフラしていました。そしてレジ付近に差し掛かったところで何かを踏んだような感覚があり、次の瞬間、突然ベルが鳴り響き私は頭が真っ白になりました。どうやら防犯用の起動装置を踏んでしまったのです。しばらくしてベルが鳴り止み、すぐに警備会社らしきところから電話が掛かってきました。何とか事情を説明して謝罪しておきましたが、あのとき店内にお客さんがいなくて本当によかったと思っています。

次回への対策

重要書類のコピーで大失敗


女性 25〜29歳 学校講師

私は学校で講師の仕事をしていました。私の失敗談は、重要書類のコピーについてです。私の勤めていた学校は、いろいろな教室に全部で20機ほどコピー機があったのですが、職員室で大事な書類を製作し、コピーボタンを押した瞬間に失敗に気づきました。なんとコピー機に番号が割り振られていることを忘れていて、職員室のコピー機ではなく、どこかの教室のコピー機に書類を飛ばして印刷してしまったのです。必死で探して15機目で見つけましたが、重要書類だけに冷や汗が止まりませんでした。

次回への対策

印刷をする際には、パソコンの設定をしっかりと確認することが大切だと思います。慣れてくるとパパッとクリックしてしまいがちですが、確認を怠らないことが何よりの失敗を防ぐ方法だと思います。

上司の手伝いのはずが…


女性 20〜24歳 介護

まだ就職したての頃先輩職員が付いて回ってくれて仕事を教えてくれていました。
先輩職員に支持された通りの動きしかできなくてその通りにやっていたつもりなのですが全く違う動きをしてしまいました。入居者の衣服の着脱からトイレ誘導、おむつ交換など様々な仕事があるのですがそれを時間通りに完璧にこなさなければなりませんでした。まだ入りたてて未経験だった私もテンパっていて1つ1つをこなすのが必死でした。でも私の指導をしてくれた先輩職員はとても優しく失敗したことをきちんと注意してくれ優しく教えてくれるとてといい先輩でした。

次回への対策

酔った勢いでデザイン発注


男性 25〜29歳 ディレクター

その当時の私は、オンラインゲームの運営ディレクターをしていました。
新規タイトルの開発中で、様々な発案をまとめ、仕様に起こし、そして開発に発注する、というのが大まかな私の仕事でした。
そして、開発作業も一山超えたところで、運営会社と開発会社とで、ちょっとした慰労会という名の飲み会がありました。
会社の近くの居酒屋でひとしきり盛り上がったあと、私は、忘れ物を取りに、再び会社へと向かいました。
そこで、ふと目にしたのが、どれを発注するか決めかねていたキャラクターのデザイン原案の一覧表でした。
かねてより、私の一押しのデザインは不評で、なかなか候補に挙がらなかったので、だれもいないのを幸いに、私の一押しをその場でデザイナーに発注してしまったのです。
翌日、社長からこっぴどく叱られたことは言うまでもありません。

次回への対策

面接までこじつけたのに


男性 20〜24歳 営業

高校卒業後大学進学せず、ニートを暫くしていた僕はそろそろ危機感を覚え、親にも散々怒られとうとう職業安定所に行った。何回か通いようやくここだという会社を見つけ、面接までこじつけた。親と何度も面接の練習をした。自信も少しはついた。早く就職して親を安心させたかった。しかし、面接の前日にパソコンで面接について調べていると、変わった質問や圧迫面接をしてくる面接官がいるというサイトを見てしまい、そういう面接官だった場合にどうすればいいか必死に考えた。その結果寝れないまま朝になっていた。そして、いつのまにか眠りにつき、親も仕事で起こしてくれる人もいない。起きた頃には面接の時間はとうに過ぎ、面接を受けるはずだった会社から携帯電話に2件着信が入っていた。親にこっぴどく叱られた。

次回への対策

仕事にわからないは付きもの


男性 20〜24歳 自動車関係

社会人一年目、仕事先の上司に印刷を頼まれてコピー機に向かいました。
印刷を開始して数分後、用紙が切れてしまい、必死に印刷用紙を探しに行きました。
結局、自力では見つけられなかったので上司に電話でコピー用紙の場所を聞いて教えてもらいました。
そして、新たな印刷用紙を持ってコピー機まで戻ったら、コピー機の前に先輩方が立ちながら待っていました。
その時、すごく恥ずかしい思いと悔しい思いをしました。
更に、その後もこの事のネタに先輩方に弄られています。

次回への対策

社会人一年目は、わからないが当たり前だから初めてのことは
まず上司に連絡して迅速に対応するようにしましょう。

ファミレスでのアルバイト


女性 30〜34歳 専業主婦

某ファミリーレストランでアルバイトをしていた時の事です。研修期間も終わり、料理をテーブルに運ぶのも慣れてきたので、なるべく両手で料理を運ぶ様に店長から指示されました。頑張って定食を両手に持ち、なんとか1つ目の定食をお客様に提供しました。そして、もう一つを別のテーブルへ運ぼうとした時、油断したのか、持っていたお盆が傾き、味噌汁を床に落としました。幸い料理はこぼさなかったのですが、満席に近い店内で味噌汁をこぼし、店長から「しばらくは両手持ちしなくて良いから」と、注意され本当に情けなかったです。

次回への対策

やはり、油断は禁物です。仕事中は常に緊張感を持って行動しなくては思い知りました。あと、出来ない事は無理をしない方が無難かもしれません。

家庭教師をクビになった話


女性 35〜39歳 専業主婦

大学生のときに家庭教師のアルバイトをしていました。あるとき小学生の女の子を見ていたのですが、どうしても子供なので遊びたがり、結局1時間のうち半分はいつも絵を描いて遊んでいるような状態でした。1年くらい続けたのですが、成績があがらないという理由で結局家庭教師をクビになってしまいました。子供が遊びたがるのは当たり前、そこをなんとか勉強するよう誘導しないといけなかったのですが、当時若くてうまくそれができませんでした。親御さんには申しわけないことをしたなと思います。

次回への対策

一瞬の気のゆるみが招いた失敗


女性 40〜44歳 主婦

アルバイトでマニュアルを作るために簡単な翻訳をしたり、コピーをとったりしていて、上司には出荷日に間に合うように担当の人に渡すよう言われていました。出荷の担当の人は中華系の外国人で自分も少し中国語が出来たので、中国語でいつ出荷ですか?と確認すると10日と言われました。時間はまだあったのでゆっくり用意をしていたある日の事、朝礼で上司が昨日は出荷の日で全て無事に終わりました。と話しているのを聞き、まだマニュアルを担当の人に渡していなかったので、すぐに上司に確認しました。すると自分の聞き間違いで出荷日を間違えていたことがわかりました。中国語で4日の4はスーと言います。また10日の10はシーというのですが、似ていたため聞き間違えていました。出荷の担当の人も送るものの中にマニュアルが入っているかどうか確認してくれてもと思いましたが100%自分が悪かったのでとにかく謝りました。

次回への対策

私自身、大事な確認事項を母国語でなく外国語でしてしまいました。外国語に自信はありましたが、そのレベルまで到達していなかったということです。とにかく自分を過大評価しないことです。

仕事での失敗について。


男性 30〜34歳 小売業

今の仕事をする前に、人材派遣の仕事をしていて。倉庫の中で、検品、ピッキングの仕事をメインにやってましたが。ピッキング業務の事を説明しますと。その仕事は伝票に書いてる番号棚から探し出して。箱詰めして、発送する仕事だったんですが。棚にない場合は箱つめしないで、担当に報告するんですが。ひとつ足りなかったけど。
一個くらい 良いやって思いそのまま発送して。後で数が合わないって発覚して。担当に怒られました。次やったら。ダメだよって注意されました。やはり仕事は確実にやる事ですね

次回への対策

どんな仕事もそうですが。確実に仕事をする事が大事だと思いましたね。自分の為に良くないと思いますよね。

上司を立てるのが苦手で


女性 30〜34歳 主婦

仕事で重要なアポイントメントの時間を間違えるというトラブルがありました。誰がそのアポイントメントを間違ったのかという話になり、PCのログイン記録などをさかのぼり、証拠を探すような状況になってしまい、自分ではないことを立証しないと始末書を書かされそうだったので一生懸命状況を説明していると、部下なら部下らしくしろ と言われて、すんなり誤ってほしいことに気が付きました。納得は行かなかったですが、社会の辛さを感じました。

次回への対策

精神障害のためにミスばかり


女性 25〜29歳 在宅ワーカー

精神障害があり、隠してアルバイトに通っていましたが立て続けにミスが増えて仕事をクビになってしまいました。アルバイトを始める前は良い薬が見つかって落ち着いて来たように自分でも感じていて、凄く調子がよくなったと思い、隠して働いてもバレないかなと勝手に考えていましたが、いざ働いてみると頭が回らないというか言われた事をすぐ忘れてしまったり、覚えられない事が多く焦ってしまい回りにとても迷惑をかけてしまいました

次回への対策

当時は良い薬のお陰で精神障害が軽くなったと思い、隠して働きに出ていましたがやはり働いて見るとミスが多く回りの方に迷惑をかけていました。今は在宅ワークに切り替え自分のペースで出来ているので、精神障害も落ち着いています。やはり障害を持っている方は自分のペースで出来る仕事を見つけたほうが合っていると思います。

就職活動の失敗について


男性 35〜39歳 士業

就職活動をする時は安易にどの職種にするか決めない方が良いです。本当に自分の適性に合った職種を選ばないと大変な事になります。
私がそう思ったのが自分は営業職に全く向いていないのに営業職に就いてしまった経験からそう思いました。

ですから、就職してもすぐに辞める事になりました。なのでみなさんも自分がどういう仕事が向いているのかしっかり考えた方が良いです。
少なくともそれで仕事の悩みはかなりの部分は解消されます。

次回への対策

ハローワークでの出来事


男性 30〜34歳 会社員

就職活動をする際、だいたいの人が利用すると思うのかハローワーク(職安)ですが、やはり求人内容をよく見ておかないと痛い目にあいます。それだけならまだしも、やはり事前に聞いていたのと全然違うし、職場の雰囲気も見た感じあまり良くはなく失敗する事がありました。
ハローワークでは事前に求人表よばれるシートにハローワーク側が集めた情報等が書いてありますが、やはり企業側からの視点で書いているものが、おおかたなので実際いってみたら全然ちがったということがあります。

次回への対策

対策として、実際にやはりハローワーク側に色々質問しておくのが良いと思います。すべての情報は聞き取れないかもしれませんが、全く情報がないよりはいいでしょう。

発注のミスで商品を大量に入荷


男性 35〜39歳 コンビニエンスストア店員

コンビニエンスストアに勤務していた時、お店の商品の発注担当になり、ほとんどの商品を発注していました。コンビニエンスストアはおいてある商品の数が半端なく多いので、一言で発注と言っても簡単なものではなくお弁当やパン、飲み物やお酒。さらに日用品やたばこなど、最低でも2時間はかかります。もちろんレジや品出しなどの業務をやりながらなので、発注だけに2時間まるまる集中できるわけでもありません。ある日発注単位を間違えて10個注文したい商品を12個入りのケースを10個頼んでしまい、いきなり120個の入荷があったときはびっくりしました。幸い賞味期限がながいカップラーメンだったので全部売り切り、損はなかったのですが、これがお弁当などの賞味期限がすぐの商品だと思うとぞっとします。

次回への対策

飲食店のオーダーで失敗したこと


女性 50〜54歳 専業主婦

学生時代のアルバイトをしていた時の話です。地元の駅前にある個人営業のとんかつ屋さんでの出来事です。お店自体はこじんまりとしていましたが、駅前なので、そこそこ繁盛していました。バイト募集と書かれており、面接した後、皿洗いの方法を聞き、翌日からバイトに入ることになりました。本当は皿洗いだけの予定でしたが、他のバイトの人が急遽休むことになり、接客もすることになりました。オーダーをとった後、伝票に数字を記載する時に、数字の1の字を野球の背番号のような1の字を書いてしまいました。文字の上の方に斜めの線、下にも線を書いてしまいました。口頭で読み上げもしなかったので、厨房では2だと思い、2つ出てきました。1だと説明しましたが、2に見えると怒られてしまいました。バイト1日目だったので、辛かったのを覚えています。

次回への対策