イヤミな取引先とのくだらない喧嘩の末、学んだ事


男性 25〜29歳 会社員

前職で生産管理をやっていた際の失敗です。残業の多い部署だったのですが、自身の担当する外注先が相手責任でトラブルを起こしたため、「本日中にメールで回答下さい」と強く念を押しました。その態度が気に入らなかったのか、その日の23:00になっても連絡が来ず、結局「23:59」ジャストにメールが1行だけで来ました。腹が立ったので電話したのですが、たった一言「本日中じゃないか?悪い事は何もしていないだろ?」。以降私は、「○○日の何時までに必ず返信を」という文言をつけ、対応する様になりました。

次回への対策

私の件は一見、相手の人間性が姑息なだけの様に感じる方も多いかもわかりません。一方で、確かに言っていることは間違っていなかったと感じております。社会人の基本ですが、「5W1H」を明確にして日々活動する…という事の重要性を改めて実感させられた瞬間でした。相手によるかと思いますが、業種職種に関係なくこのような取引先はいるかと思われます。どんな時でも5W1Hを明確に意識したイン/アウトプットが重要だと思います。

お客様のクレジット払いの桁を間違えてしまった


女性 無回答 フリーランス カウンセラー

ある時、お客様がクレジット払いでと言われたので、クレジット端末機の手動で金額を入力したところ、1万少しのところを時間がなく焦っていたのもあって0を連打したら1千万打ち込んでしまったのです。
明細書を渡す時サインしてもらうので渡したところ、お客様に指摘されて焦りました。
端末でクレジット会社に行ってしまうので、取り消し操作にも手こずり焦ったものです。
お客様は怒りはしなかったものの、桁違いに半ば呆れ顔。限度額が少ないお客様なエラーでしょうが、相手な何と言ってもアメックスでした。かなりのお金持ちのお客様ですから。
気づかずあのままだったらと思うとゾッとします。

次回への対策

クレジットを使用する方も、一応金額は確認した方がいいです。
よくコンビニやスーパーでもレジの打ち間違いがあるのと一緒ですから。

退社になった人が他社で成功。これが大器晩成か。


男性 55〜59歳 会社員。資材管理

同じ会社に長年勤めていると、毎年の新人研修はこれから我が社を支えていく人材を育てるイベントであり、
採用試験で振るいに掛けられなかった使えない人材・危険な人材を再度振るいにかけるイベントでもあります。

長年同じことを教えていると、出来る人と出来ない人の目利きが可能になり、
こいつは将来有望だとか、こいつは2年で辞める、というのがうっすら分かってくるのですが、実はそれが落とし穴でして。
研修で駄目だと感じて以後は厳しくした社員が退社後、ライバル会社に転職して、数年後そこの花形になったのです。

十人十色、大器晩成、色々な言葉が浮かびますが、人はどこで変わるのか分からないものですね。

次回への対策

最初はドジが多い人が、ふとした拍子にコツを掴んで上手くなる、というのは普通にあります。
学び方は人それぞれなので、その人に適した学び方を見つけてあげ、その手法で育ててあげるのも管理職の手腕の見せ所ですね。

人材育成の重要性 慇懃無礼になるな!


男性 40〜44歳 アパレル商社

アパレル商社の現場責任者という立場の為、若い、ルックスの良い女性が多い現場での失敗例です。
40歳の髭面という外見の為、出来るだけ嫌われないように気になることがあろうが、サボっている
様子を見たりしても、ペットボトルのお茶やジュースを持って行き注意もせずに機嫌ばかり取っていました。
僕が行けば販売員の女子達は喜び、僕もそういう意味では充実していたのですが、やはり甘い上司には
それなりの態度で接してくる様になり、どんどん彼女達にムカついてくる様になります。
全てにおいて私の責任なのですが、部下達は友達ではありません。多少煙たがられるほうが良いのだと
今では思っています。慇懃無礼と言う言葉があります。最終的に人に馬鹿にされるようにならない為に
厳しいけども信頼される上司になって下さい。ペットボトルのお茶やジュースを持っていくのはそれからです。

次回への対策

給与振り込みの入金を失念した


男性 無回答 元金融機関勤務

私はさる金融機関に勤めていました。
最初は本部の経理部勤務でした。
その後営業店を2回まわりました。。
当時は給与は口座振込が一般的になりました。
ほとんどコンピューターによる処理でした。
しかしまだ用紙での給与振込もありました。
この場合は事前に送られてくる用紙に基づき給料日当日の朝一番で手で入金するのです。
これを失念してしまいました。

それで奥さんがおろしに来て給料が入金になっていないと。
会社の旦那さんから振込銀行に問い合わせが行ったとか。
それで相手銀行から指摘されました。
それで初めて失念したことに気が付いたのです。
急遽入金しました。

そこでお客さんに電話をして必要金額を聞きました。
便宜扱いで金額を下ろして粗品を持って、車で届けました。
まだ預金課長になったばかりで失念したことをお詫びしました。
奥さんは人間がやることだから仕方がないと許していただきました。

まだ預金課長になったばかりの失敗談です。

次回への対策

コンピューター時代でもまだ手でやる仕事も多少はあります。
このような場合は手帳とかよく見る透明の下敷きのしたにメモを書いておくことが重要です。
これらを見ればその日にやる仕事を忘れないと思います。
会社を辞めた今でも部屋のカレンダーにその日にやる予定表を書いています。
これで物忘れが多少は免れます。
いまは医者に行く予定が多くなりました。

部下に怒られるとは・・


女性 30〜34歳 主婦

営業職をしていた時のお話です。若くして管理職のポジションをいただいたのですが、先輩で年上にあたる方を部下として持つことになりました。業務を把握するべく内容を説明してもらっているときに、あまりに手間暇かかる作業をしていて説明が長かったので、もっと効率よくシステム化できないかなぁと考えていると今ため息ついたでしょう!と部下に怒られてしまい、そんなつもりはなかったのですが、部下のプライドを傷つけてしまった態度だったのかなと今は反省しています。

次回への対策

精神的弱さで売り上げも部下も失いました。


男性 30〜34歳 会社員

管理職としてある店舗を任されることになりました。気合十分に準備を進めいざ開店の日を迎えました。初日からひと月ほどは順調に売り上げを上げていたのですが、徐々に客足が遠のき半年後には赤字に転落。管理職の責任から家にも帰らず寝る間を惜しんで売上改善に努めていた頃、ストレスなどからイライラが部下への態度に出るようになり、売り上げだけでなく部下からの信頼も失ってしまいました。そのような理由で辞めてしまった部下からは、大変な時にこそ管理職にはポーカーフェイスを保てる精神的な強さが必要だと教えられました。

次回への対策

自分の精神状態が態度に出るようでは管理職としては駄目みたいです。部下の精神状態に気を付ける余裕が重要だと思いました。

二度と説明をしない私。


女性 35〜39歳 会社員 事務職

ある製造工場の生産管理・物流管理をしていた時があります。当時、自分が責任者として業務をまとめていました。少ない人数でとても忙しい部署だったので、人員を増やして貰う事にし新入社員が入りました。新入社員は、年下の女性で事務経験はほとんどないと言うので全て最初から教えなければならない状態でした。
まずは、PCの電源を入れる、電話をとると言った社会人として常識的なものから始まり、業務に関すること全てです。新入社員の彼女は、物覚えがあまり良い方ではなく何度も私に聞きに来る事が続きました。当時の私は、一度説明したことを二度言うのが嫌いなタイプで「人に聞く前に、メモをとって復習すること。それで分らなければ聞いてほしい。」とお願いしました。しかしなかなか彼女の行動は直らず私は、ものすごい勢いでお説教をした事があり、その時彼女を事務所内で泣かせてしまいました。
周りから見れば私のいじめと勘違いされても仕方のない状況だったと思います。
それから私も少し落ち着いて長い目で仕事を教えるようになりました。

次回への対策

仕事だけではありませんが、教えて貰う立場の人は必要なことはメモをとったりし復習することを心がけてほしいです。