慣れても常に気を抜くな


女性 25〜29歳 営業事務

パンの製造業務に就いていた頃、大体の焼き上げを任され始め、やる気に満ち溢れていました。他にも仕上げのトッピング材料や翌日の仕込みも担当していたのですが、慣れてきていた為難なくこなしてました。ただ、ある時焼き上げをしている時に翌日の仕込みをやっていない事に気づき、今やってしまおう、いつも仕込んでるし焼き上がりまでには出来る、と思い窯から離れてしまいました。案の定窯のアラームは聞こえず、大量のパンが駄目になりました。

次回への対策

慣れてきた頃が危険ですので、力を抜く時のタイミングを間違えないよう気をつけて下さい。これなら大丈夫だろう、これは駄目だろう、といった判断を慎重に。

コンビニのアルバイトで大失敗


男性 25〜29歳 コンビニ店員

私は学生の頃に深夜のコンビニでアルバイトをしていました。アルバイト先の店舗は駅から離れた場所にあり、深夜ということもあってお客さんはほとんど来ないためとても退屈でした。その日も掃除などの作業を終えてやることがなくなってしまい、意味もなく店内をフラフラしていました。そしてレジ付近に差し掛かったところで何かを踏んだような感覚があり、次の瞬間、突然ベルが鳴り響き私は頭が真っ白になりました。どうやら防犯用の起動装置を踏んでしまったのです。しばらくしてベルが鳴り止み、すぐに警備会社らしきところから電話が掛かってきました。何とか事情を説明して謝罪しておきましたが、あのとき店内にお客さんがいなくて本当によかったと思っています。

次回への対策

ファミレスでのアルバイト


女性 30〜34歳 専業主婦

某ファミリーレストランでアルバイトをしていた時の事です。研修期間も終わり、料理をテーブルに運ぶのも慣れてきたので、なるべく両手で料理を運ぶ様に店長から指示されました。頑張って定食を両手に持ち、なんとか1つ目の定食をお客様に提供しました。そして、もう一つを別のテーブルへ運ぼうとした時、油断したのか、持っていたお盆が傾き、味噌汁を床に落としました。幸い料理はこぼさなかったのですが、満席に近い店内で味噌汁をこぼし、店長から「しばらくは両手持ちしなくて良いから」と、注意され本当に情けなかったです。

次回への対策

やはり、油断は禁物です。仕事中は常に緊張感を持って行動しなくては思い知りました。あと、出来ない事は無理をしない方が無難かもしれません。

バイトに慣れてきた時の失敗


女性 30〜34歳 専業主婦

私は学生の頃に、ボウリング場のフロントでバイトをしていました。仕事の内容としてはフロント業務の他に、お客の名前を入力したり、スコアの修正をしたりするということがあったのですが、この仕事の中で一度だけ大きな失敗をおかしてしまいました。それは、会員対抗のボウリング大会があった時に、スコアの修正をするはずが、誤って一人の会員の全部のスコアを消去してしまったのです。私は真っ青になって何もすることができず、社員の人が私の代わりに謝罪をしてくれました。この失敗だけは、今考えてもゾッとするような失敗だったと思います。

次回への対策

仕事は、慣れてきた時が余裕が出てきて一番失敗をしやすいので、いつでも初心を忘れずに真面目に取り組むことが大切です。

家庭教師をクビになった話


女性 35〜39歳 専業主婦

大学生のときに家庭教師のアルバイトをしていました。あるとき小学生の女の子を見ていたのですが、どうしても子供なので遊びたがり、結局1時間のうち半分はいつも絵を描いて遊んでいるような状態でした。1年くらい続けたのですが、成績があがらないという理由で結局家庭教師をクビになってしまいました。子供が遊びたがるのは当たり前、そこをなんとか勉強するよう誘導しないといけなかったのですが、当時若くてうまくそれができませんでした。親御さんには申しわけないことをしたなと思います。

次回への対策

精神障害のためにミスばかり


女性 25〜29歳 在宅ワーカー

精神障害があり、隠してアルバイトに通っていましたが立て続けにミスが増えて仕事をクビになってしまいました。アルバイトを始める前は良い薬が見つかって落ち着いて来たように自分でも感じていて、凄く調子がよくなったと思い、隠して働いてもバレないかなと勝手に考えていましたが、いざ働いてみると頭が回らないというか言われた事をすぐ忘れてしまったり、覚えられない事が多く焦ってしまい回りにとても迷惑をかけてしまいました

次回への対策

当時は良い薬のお陰で精神障害が軽くなったと思い、隠して働きに出ていましたがやはり働いて見るとミスが多く回りの方に迷惑をかけていました。今は在宅ワークに切り替え自分のペースで出来ているので、精神障害も落ち着いています。やはり障害を持っている方は自分のペースで出来る仕事を見つけたほうが合っていると思います。

飲食店のオーダーで失敗したこと


女性 50〜54歳 専業主婦

学生時代のアルバイトをしていた時の話です。地元の駅前にある個人営業のとんかつ屋さんでの出来事です。お店自体はこじんまりとしていましたが、駅前なので、そこそこ繁盛していました。バイト募集と書かれており、面接した後、皿洗いの方法を聞き、翌日からバイトに入ることになりました。本当は皿洗いだけの予定でしたが、他のバイトの人が急遽休むことになり、接客もすることになりました。オーダーをとった後、伝票に数字を記載する時に、数字の1の字を野球の背番号のような1の字を書いてしまいました。文字の上の方に斜めの線、下にも線を書いてしまいました。口頭で読み上げもしなかったので、厨房では2だと思い、2つ出てきました。1だと説明しましたが、2に見えると怒られてしまいました。バイト1日目だったので、辛かったのを覚えています。

次回への対策

女性だからこそ気を付けること。


女性 30〜34歳 会社員

大学時代にキャンペーンガールなどの女性ならではのアルバイトをしていました。その日は町中でちょっと露出の高いコスチュームを来て新商品のサンプリングだったんです。変な人が寄ってきたり話しかけてきたりということは、このアルバイトをしていれば日常茶飯事なので、いつも上手く対処できていたのですが、なんと突然後ろから抱きつかれ胸を揉まれたんです。突然のことで頭が真っ白になり叫んでその場に崩れ落ちてしまいました。その後、震えて仕事ができなくなってしまい、アルバイト先は逆に気を遣ってくれましたが、とても迷惑をかけてしまったという罪悪感がいつまでも消えませんでした。

次回への対策

女性だからできるアルバイトというのはいま凄く多いと思います。ただ、そこには危険が付き物だということを自覚してアルバイトすべきだと思いました。

アルバイトでの恥ずかしい失敗


女性 25〜29歳 専業主婦

飲食店でアルバイトしていた時のこと。私のバイト先は少ない人数で回しており、食事休憩を誰かがとっている時は1人になるということもありました。たまにその時間に限って忙しくなる時があるのですが、その日もまさにそういう日で、お客様からの注文、会計、飲み物作りがいっぺんに重なり、私は大変焦りました。水割りセットを持って行く時、焦った私はつまづいて水をぶちまけ、その水を拭きに戻った時に滑って転び、厨房の人は爆笑、お客様には心配される始末でした。

次回への対策

いかなる時も焦ってはなりません。焦ると必ず今よりも状況は悪化します。焦らずなおかつ急ぐというのができればとてもよいでしょう。

それは知らなかったです


女性 25〜29歳 専業主婦

居酒屋でアルバイトしていた時のことです。そこの居酒屋は地酒を売りにしていて、注文が入ると一升瓶を持って行き、お客様の前で大きめのおちょこにお酒をつぐ、というスタイルでした。注文が入った時、手を滑らせて一升瓶を割ってしまったのです。しかも、ほぼ開けたばかりの一升瓶で、中身はほとんど満タン状態。一本数千円のものでした。大量のお酒と瓶の破片で片付けは大変、店長には思いっきり叱られ、自分も罪悪感でいっぱい。それから数日、地酒の注文は取りたくありませんでした。

次回への対策

仕事での失敗について。


男性 30〜34歳 小売業

今の仕事をする前に、人材派遣の仕事をしていて。倉庫の中で、検品、ピッキングの仕事をメインにやってましたが。ピッキング業務の事を説明しますと。その仕事は伝票に書いてる番号棚から探し出して。箱詰めして、発送する仕事だったんですが。棚にない場合は箱つめしないで、担当に報告するんですが。ひとつ足りなかったけど。
一個くらい 良いやって思いそのまま発送して。後で数が合わないって発覚して。担当に怒られました。次やったら。ダメだよって注意されました。やはり仕事は確実にやる事ですね

次回への対策

どんな仕事もそうですが。確実に仕事をする事が大事だと思いましたね。自分の為に良くないと思いますよね。

一瞬の気のゆるみが招いた失敗


女性 40〜44歳 主婦

アルバイトでマニュアルを作るために簡単な翻訳をしたり、コピーをとったりしていて、上司には出荷日に間に合うように担当の人に渡すよう言われていました。出荷の担当の人は中華系の外国人で自分も少し中国語が出来たので、中国語でいつ出荷ですか?と確認すると10日と言われました。時間はまだあったのでゆっくり用意をしていたある日の事、朝礼で上司が昨日は出荷の日で全て無事に終わりました。と話しているのを聞き、まだマニュアルを担当の人に渡していなかったので、すぐに上司に確認しました。すると自分の聞き間違いで出荷日を間違えていたことがわかりました。中国語で4日の4はスーと言います。また10日の10はシーというのですが、似ていたため聞き間違えていました。出荷の担当の人も送るものの中にマニュアルが入っているかどうか確認してくれてもと思いましたが100%自分が悪かったのでとにかく謝りました。

次回への対策

私自身、大事な確認事項を母国語でなく外国語でしてしまいました。外国語に自信はありましたが、そのレベルまで到達していなかったということです。とにかく自分を過大評価しないことです。

レジ打ち、釣銭の渡し間違い


男性 20〜24歳 電気量販店レジ打ち

この失敗はレジ打ちを経験した方であれば多くの人に共感して頂けるかと思います。私の勤めていた家電量販店では、どんだけ忙しくても、レジは2台だけで稼働させており、特に土日などレジに多く人が並び混雑してくると本当に慌ててしまいます。そんな忙しい時には他の従業員さんにフォローをしてもらおうと、無線で呼びかけてもカウンターでのお客さんの対応などで忙しいためにフォローしてもらえない時が多くありました。そうなってくると、やはり早くお客さんを流さなければ、という気持ちが強まりレジも急いでしまいます。そうなってくると、後から違算チェックなどを行った時にお釣りの渡し忘れや、金額違いが発生し、その後の処理が本当に大変になります。そのようなミスを何度もしました。

次回への対策

とにかく慌てないこと。ゆっくりする必要はないが、丁寧に一人一人に接客を心がける。仮に、レジを待って痺れを切らしたお客さんから遅い!とのクレームがあったとしてもそれ相応の理由を前もって考えておくこと。それ以上の責任は償う必要はない。

アルバイトから社員になった失敗体験談


男性 25〜29歳 物流関係

最初にその会社で働くようになった契約は3日間のみの仕事でした。でも次々に契約が変わっていきます。
最初は3日、次に1週間、その後の週5勤務で2ヵ月更新の契約へ。その当時は仕事を失っていたので好都合だと思っていました。
後に社員になり後で気づいた結果ですが現場の移動があり、それまでの会社で覚えた仕事はほとんど無意味。
それだけならまだしも移動により、給料が見合わない現場でした。毎日14時間くらいは会社です。
それでもそれまでいた現場の給料と同じです。
社員にならなければパートでも良い収入がありました。
稼いだ時には総支給20万円超えたのに社員では17万くらいの固定です。

次回への対策

社員になるにしてもちゃんと考える必要があります。私みたいな会社はきっと他にもたくさんあると思います。
今の私は移動前の現場に戻り、楽する方法も知っているので毎日余裕があります。
ですが、今はパート契約です。

アルバイト半分がトラブルで辞める


男性 30〜34歳 飲食業

焼肉屋チェーン店にてアルバイトをしていた時の話。オープニングスタッフとして採用されていた私は多くのアルバイトとオープン後の繁忙を迎えていた。数か月たち、店も落ち着いて来たからか店長より、シフト原因の通達が突然出て、アルバイトスタッフの不満が爆発。スタッフの半分以上が突然シフトに来なくなり、店が回らなくなってしまった。
残った私は可能な限りシフトに参加し店の運営を助けたが、店長派と認識され、他のスタッフからいじめの対象となってしまった。

次回への対策

たかがアルバイトと友人関係を当初から良好に保っていなかったため、亀裂が走った時に修復が聞かなくなってしまった。アルバイトだからと言え関係はある程度持っておくべきだと反省した。

ファミレスのフロアでよくある失敗を…


男性 25〜29歳 会社員

大学生の時に4年間勤めていたアルバイト先での話です。ファミレスのフロアをやっていたのですが、忙しい時間帯についつい下げる皿の量を増やし過ぎてしまい、結果お盆が割れる程の量を載せ、お盆事地面に落下。大音と共に店内に響き渡りました。幸いお客様にケガはなく、特段クレームなどにもならなかったのですが、ただでさえ忙しい時間帯に派手にやらかしてしまったので片付けに大きな手間をとられ、結局その日の仕事は上手く回らず、先輩からお叱りを食らう羽目に。

次回への対策

まさしく「急がば回れ」という言葉の通りだと、この時感じました。忙しく失敗の出来ない状況だからこそ、小さい事からコツコツやっていくことが、少なくともこの業種に於いては大事だと、この時とても強く実感しました。

保護者には、どんな事があっても従うこと


男性 20〜24歳 自動車関係

自分は、学生時代学習塾の講師のバイトをしていました。
学習塾のアルバイトは、時給もよく、やりがいもあります。
しかし、学習塾にはそれなりの大変なところも沢山ります。
自分の経験したことだと、生徒さんの保護者にあたる方々から、指導の仕方を問題視されました。
問題視された理由は、教え方が厳しいというのと、宿題の量が多すぎて本人がパニックになっているという事でした。
自分としては、生徒を伸ばしたい一心で厳しくしていたのに、クレームを受けて本当に凹みました。

次回への対策

厳しくすることも大切だが、今現在生徒が抱えている不満や悩みを聞いてあげるのも、時には大事です。
例えば、宿題が多いという場合はどこまでならできるか会話をして、宿題量を決めていくべきです。

事務系のアルバイトの失敗談。


女性 20〜24歳 学生

わたしは、現在、アルバイト歴が4年目になる事務系のアルバイトをしています。そのアルバイトは、コピーをしたり、電話をかけたりするなど一般的な事務です。仕事の中にお客様のお名前や年齢などをパソコンに入力して管理する業務があります。わたしはパソコンを扱うことがとても苦手でいつも他のアルバイトの人に任せていましたが、社員の方から直接、「入力しておいて」と言われ、その場でやるしかなく、お客様の情報を二重に登録するなどの失敗をたくさんしてしまいました。

次回への対策

若き日の体力の維持は難しいです


男性 30〜34歳 会社員

30代になった頃、とある事情でアルバイトをすることになりました。学生時代、体育会系の部活に所属し体力には自信があったため、10代にまじり引っ越しのバイトをすることにしました。ただ、日頃の運動不足がたたり自分が思っていたほど体力は無く、若者たちの作業スピードに全くついていけずに貧血を起こし倒れてしまいました。そのまま病院に運ばれることになり、バイト先の方々に迷惑をかけてしまいました。自分では動ける30代と甘く考えていた結果、情けない結末を迎えてしまいました。

次回への対策

まだまだ若いつもりでも、日頃から体を動かしておかないと痛い目にあいます。体力系のアルバイトを選択する場合は、軽いウォーキングでも良いので運動不足の方はしっかり準備する必要があると思います。

アドバイスしてくれた先輩に反抗!


女性 30〜34歳 子供服販売

いつも、よくしてくれて下さる、職場の先輩が、言葉を選びながら私に、アドバイスをして下さったのにも、関わらず、私は、反抗をしてしまいました。先輩の言っていることは十分分かるのですが、どうしても納得が出来なかったので。。。でも、やっぱりそこは、反抗せずに、しっかり理解をすれば良かったなと、あとになって、かなり後悔し、反省しました。やっぱり先輩には反抗するものではないな、失敗したなと、心から思いました。

次回への対策